本当に行った 遊びのガイド

【カレーうどん発祥の店】早稲田三朝庵で食べる100年前から変わらぬ味のカレーうどん!

カレーうどん。それは現在でもかなり人気のあるメニューです。この人気料理発祥のお店はなんと早稲田にあります。大隈重信ともかかわりの深いこの早稲田のそば屋へ行って歴史のあるカレーうどんを楽しんでみてください!あっさりしたとろみのあるカレーだしがきいたおいしいカレーうどんを楽しめます。

さん
更新日:
閲覧数
3163
お気に入り
1

三朝庵

三朝庵
東京都新宿区馬場下町62

早稲田の駅前にある三朝庵。ここは江戸時代から続くおそばやで、早稲田界隈でもかなり有名なお店です。早稲田大学の創設者大隈重信もよくここに通い、三河屋と名乗っていたこのお店を「三朝庵」と命名したのも大隈さんだそうです。

三朝庵

このように店内は簡素なつくりとなっています。内装は明治大からそこまで変わらないみたいですね。ここで大隈重信公をはじめとする様々な文化人がおそばやカツ丼を楽しんだのですね。

三朝庵

これが伝統あるカレーうどんです!玉ねぎ豚肉の入ったオーソドックスなカレーうどんです、熱いのでお水を飲みながら食べてみます。

ちなみに井上宏生『日本人はカレーライスがなぜ好きなのか』(平凡社新書、2000年11月)にこの店の逸話があります。

大学ができると、三朝庵は学生や教授たちで千客万来のにぎわいをみせた。大隈もここの蕎麦を好み、たびたび舌つづみを打っていたという。しかし、それも長くはつづかなかった。早稲田界隈にもカレーの店が登場し、学生たちの人気を奪ったからだ。こうして三朝庵は存亡の危機にさらされたのである。
そこで当時の主人は一念発起、「ご飯にカレーが乗っているなら、うどんにカレーが乗ってもおかしくはないはずだ……」、そう考えたのだった。彼は老舗の存亡をかけてカレーうどんの開発に情熱を注ぎ、試行錯誤ののち、二年後、あのとろみのあるカレーうどんを発明したのだ。一九〇四年ごろのことである。
カレーうどんはたちまちハイカラ志向の学生たちの評判をあつめ、三朝庵はかつてのにぎわいをとりもどしたといわれる。

三朝庵

適度にとろみのあるだしがきいたカレース―プにはかなり細い麺のうどんがよくあいます。カレーうどん発祥の地と言われる三朝庵!ぜひとも行ってみてください!

http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13022123/
営業時間:11:00~売り切れ仕舞

このプランのマップ

1
ライター紹介
グローバルローカル問わず様々な地域を探検し魅力を発見するのが趣味です。プレイライフでは日本全国の食べ物や楽しい遊びを集めて精力的に発信していきます!どうぞよろしくお願い致します!