日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,950
月間利用者数400万人以上

【マレーシア在住が教える】クアラルンプールで現代アートにふれてみよう!

9988
2016/09/11
【マレーシア在住が教える】クアラルンプールで現代アートにふれてみよう!

クアラルンプールには、国立博物館やイスラム美術博物館、テキスタイル博物館などいろいろな美術館や博物館があります。今回ご紹介するのは、マレーシアの現代アート作品を集めた美術館「イルハム(ILHAM)ギャラリー」です。KLCCの隣駅、アンパンパーク駅からすぐですので、観光のついでに立ち寄ってみては。

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。

MENARA ILHAM

イルハムギャラリーは、新設の高級オフィスビル「ムナラ・イルハム(イルハムタワー)」内にあります。LRTクラナジャヤ線アンパンパーク駅を出て、シティバンクとインターコンチネンタルホテルの脇のJalan Binjaiを入ってすぐ。となりはCIMB銀行の支店があります。

MENARA ILHAM

月曜日と祝日はお休みなので注意!!!
2016年11月20日までは、ペトロナスツインタワーやKLIA、国内の高速道路網などを整備し、現代マレーシア社会の基礎を作り上げた巨人、マハティール・モハメド元首相の22年間にわたるリーダーシップと現代アートの関係を探る展示会「エラ・マハティール(マハティールの時代)」が開催中です。
なんと常設展の入場料は無料です。

MENARA ILHAM

館内はいかにもモダンアートのギャラリーといった雰囲気でとてもおしゃれ。冷房もよく効いていますので、クアラルンプールの喧騒に疲れてほっと一息つきたいときにもおすすめ。
館内はフラッシュを焚かなければ撮影自由です。それどころか「好きなアート作品と一緒に撮影したら、タグをつけてシェアしてね!」というポップがあるのがマレーシアっぽい。
隔週土曜日には、一般市民向けのイベントが開催されています。著名人を呼んでの講演会やパネルディスカッション、室内楽のコンサートなど。こちらもなんと無料で参加できます。
この日は、地元の著名なジャーナリストなどを呼んでのパネルディスカッションを開催していました。
イベントはFacebookに告知が載るのでチェックしてみてくださいね。
https://www.facebook.com/ilhamgallerykl/

降旗 愛子
マレーシア・クアラルンプール在住のライターです。マレーシア華人の夫と息子の3人暮らし。 食べ歩きと旅行が趣味です! 地元&観光客の方に人気のスポットを紹介します!
クアラルンプール(マレーシア)×旅行・観光のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。