本当に行った 遊びのガイド

国際フォーラムに来たら、ラ・メール・プラールのオムレツで、モン・サン・ミッシェルに思いをはせる!

東京・有楽町の国際フォーラムにある、ラ・メール・プラールを訪れます。フランスのモンサンミッシェルにある超有名店です。本店で食べると45€(約7000円)するオムレツがここでは、格安で食べられます。

さん
更新日:
閲覧数
2179
お気に入り
1

東京国際フォーラム

東京国際フォーラム東京国際フォーラム東京国際フォーラム
東京都千代田区丸の内3-5-1

東京国際フォーラムの1階にある「ラ・メール・プラール」へむかいます。有楽町駅京橋口からでると、左側の建物の一番おくのほうにあります。

ラ・メール・プラール

ラ・メール・プラールラ・メール・プラールラ・メール・プラールラ・メール・プラール
東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム ホールA 1F

ラ・メール・プラールに到着。かの有名な、プラールおばさんの写真もかかげられています。日本には、ほかに、横浜と名古屋にもあります。入店すると、まずはカフェか食事かを聞かれます。

電話:03-5252-7171
住所:東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム ホールA 1F
営業:レストラン11:00~23:00(LO22:00)
   ※日曜日は〜22:00(LO21:00)
   カフェ11:00~21:00(LO20:30)
定休:無給

ラ・メール・プラールラ・メール・プラールラ・メール・プラールラ・メール・プラールラ・メール・プラール

こちらは食事を選んださいのレストラン空間です。オムレツをつくるさいの、調理器具がディスプレイされています。

モンサンミッシェルの本店は、ストーブで薪をくべて作るため、柄がとても長いフライパンをつかっています。その分、香ばしく焼きあがるのだとか。それはモンサンミッシェル本店だけのあじわいです。

ラ・メール・プラールラ・メール・プラールラ・メール・プラール

こちらはカフェスペース。コーヒーやお菓子を楽しめます。ソフトドリンク各種400円~600円、リンゴのタルトタタン600円など

ラ・メール・プラールラ・メール・プラールラ・メール・プラール

レストランは、厨房がみられるオープンキッチン。シャカシャカとリズミカルにオムレツをかき混ぜる音が聞こえてきます。

ラ・メール・プラール

こちらが名物のふわっふわのオムレツ。卵3個とノルマンディー産イズニーのバターを使用して作ります。おいしいでが1つを二人で分けるくらいがちょうどいいかもしれません。

ランチコース1650円で、名物のオムレツがついたランチも楽しめます。
パン 又は フライドポテトがついてきます。

アラカルトだと、ベーコン、チーズ、ポテトのオムレツ1800円。その他、ムール貝の料理1600円など

ラ・メール・プラール

コースは、2800円、3200円、3600円の三種類。

お酒は、シードル600円、シードルカクテル600円、モエ・エ・シャンドン(グラス)1200円などなど。

ラ・メール・プラールラ・メール・プラールラ・メール・プラール

お店では、名物のラメールプラールのクッキー350円も販売。ガレットキャラメル(基本のキャラメルクッキー)、サブレ(サクサクした薄焼きクッキー)、パレ(しっとりした厚焼きクッキー)の3種類あります。成城石井でも販売していますね。おみやげにぜひ。

このプランのマップ

1
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)がある。