リアルな遊びをプロデュース

【北海道・恵庭ドライブ】釜飯 いちえとえこりん村で絶品の豪華釜飯と北の大地を楽しもう!

北海道の恵庭市は自然でいっぱいの地域です。今回はそんな恵庭にドライブへ行った際、ぜひとも立ち寄りたい美味しい釜飯屋「いちえ」と、デートスポットにもなる「えこりん村」をご紹介します。

さん
更新日:
閲覧数
996
お気に入り
0

旬のお料理・釜飯 いちえ

旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ

札幌から車で2時間弱、恵庭までやってきました。
恵庭には有名な釜飯屋さんがあるのをご存知でしょうか?
それがこちらのお店です。

■営業時間
11:00~15:00(L.O. 14:30)
17:00~22:00(L.O. 21:30)
■定休日 火曜日
http://www.kama-ichie.com/system001/

旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ

お店にあるサンプルはこんなにたくさん!
ズラリと並んでいて圧巻です。
こちらのお店、お昼時は混んでいて20分くらい待つこともあるのですが、このサンプルを見てメニューを選んでおけば席に通されたときにすぐに注文できますね。

旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ

席へ通されてメニューをチェック。
先ほどの釜飯の他にもランチメニューやドリンクメニューも充実しています。

旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ

釜飯はできあがるまで少々時間がかかります。
こちらのお店は法事のお食事会などにも使われるため、フォーマルな作りです。
廊下からは中庭の様子が見えますよ。

旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ

お待たせしました、釜飯の到着です。
蓋を開けるといい香りが広がります。
今回注文したのは生うに釜めし(2,138円)いちえ特製釜めし(1,382円)です。

旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ旬のお料理・釜飯 いちえ

もちろんそのまま食べるのも美味しいですが、お出汁も一緒にいただくことができるので、そちらをかけることで贅沢なお茶漬けにもなります。
味の幅がグンと広がりますよ。
また、釜飯はお土産としてお持ち帰りすることもできます。
お家でもこちらの味が楽しめるなんて嬉しいですね。

えこりん村 みどりの牧場

えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場

続いて訪れたのはえこりん村です。
駐車場にはヒツジがいますよ。
■営業時間 9:30~17:00
http://www.ecorinvillage.com/

えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場

ショップではえこりん村で作られたオリジナルグッズや加工食品、お菓子などを購入することができますよ。

えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場

また、園内にあるとまとの森では水耕栽培により巨大なトマトの木が見ることができます。
こちらのトマト、実は1本の苗なんですよ。
普通は20〜30個しか収穫できないのですが、こちらでは13,000個ものトマトが収穫できます。
毎年11月25日に種を蒔いて翌年の11月10日まで育てているとのことなので、巨大トマトを見たいということは秋頃訪れるのがオススメです。

http://www.ecorinvillage.com/ecorinvillage/tomato.html

えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場

このトマトの木はえこりん村のパワースポットにもなっているため、トマトの形の紙にお願いごとをしていく人もたくさんいますよ。
トマトに関するお願いからそうでないものまでたくさんありました。
また、このとまとの森の近くではトマトを使ったソフトクリームも食べられます。

えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場

キッチンガーデンでは食べられる植物や、私たちが日常で目にする野菜や果物が植えられていました。
もしかしたらスーパーではよく目にする野菜でも「こんな風に成ってるの?」とびっくりする人もいるかもしれません。

えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場えこりん村 みどりの牧場

えこりん村は咲く花や旬の食べ物など、季節によって見られる姿が違うので何度でも楽しむことができます。
今回は訪れることがなかったですが、夏などは食用バラが咲き誇る有料エリアもオススメです。

このプランのマップ

0
ライター紹介
ソウルドアウト株式会社でオウンドメディア「LISKUL」の編集部。 PLAYLIFEの元副編集長。千葉県在住。24歳。 地方に溢れている地方ならではの魅力を発信します。 世の中に溢れている課題をちょこっと解決する特集を作ります。 野球に関するプランをよく書きます。
Line pc bottom