本当に行った 遊びのガイド

人気のスポットめぐりで余市~小樽を満喫♪「ニッカウイスキー工場・海鮮丼・小樽運河・ルタオカフェ」

札幌から小樽~余市コースは、札幌を拠点にした観光で一番行きやすく人気のコースです。
札幌から電車で、小樽は約45分、余市は約70分です。
人気観光地なだけあり、小樽の堺町通りの整備とお店のバランスの良さは、ふらっと歩いても間違いなく楽しめて、道内の観光街NO1だと思います(^^)

さん
更新日:
閲覧数
765
お気に入り
1

余市駅

余市駅余市駅余市駅
北海道余市郡余市町黒川町5丁目43

JR札幌駅から電車で約70分ほど、JR余市駅に着きました。
余市町は、果物(特にりんご)・海産物・ウイスキー・ワインがおいしいところです♪

札幌駅8:43発→小樽駅9:28着乗り換え
小樽駅9:36発→余市駅9:59着(片道合計1,070円)

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所
北海道余市郡余市町黒川町7-6

JR余市駅から歩いて3分ほどで、ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸留所に着きました。
無料なのが、本当に素晴らしい☆
朝ドラ「マッサン」の竹鶴氏とリタさんの故郷で、トリップアドバイザー エクセレンス認証もされている人気観光地です!

ウイスキーの製造工程が、蒸溜棟や乾燥棟、貯蔵庫などを見ながら学ぶことができて、楽しいです♪
ウイスキーの樽を造る工程も、なるほど感があっておすすめです。

【HP】
http://www.nikka.com/distilleries/yoichi/

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

ウイスキー博物館には、ウイスキーの歴史のほか、貴重なウイスキーや朝ドラの衣装、竹鶴氏やリタさんの愛用品が展示されています。

個人的には、旧竹鶴邸がおすすめ☆
リタさんお気に入りのクラシック音楽が流れるなか、愛用したカップや絵etcの展示を眺めることができ、とても素敵な雰囲気です。

ニッカ会館は、1階がウイスキー・ワイン・お菓子etcのショップです。
竹鶴入りの生チョコレートは、ウイスキーがOKな方に喜ばれそうですね。
2階が、無料試飲会場です!

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

大好評&大人気スポットな無料試飲会場☆
各種類1杯ずつ、試飲できます。
ウイスキー(竹鶴ピュアモルト、スーパーニッカ)、アップルワイン、リンゴジュース、烏龍茶。
度数が高いので、同フロアにあるおつまみコーナーでおかきを調達して、楽しみました♪

柿崎商店 海鮮工房

柿崎商店 海鮮工房柿崎商店 海鮮工房柿崎商店 海鮮工房柿崎商店 海鮮工房柿崎商店 海鮮工房柿崎商店 海鮮工房
北海道余市郡余市町黒川町7-25 柿崎商店 2F

お昼ごはんは、道民も行列する柿崎商店へ!
ニッカウイスキー工場から徒歩1~2分で着きます。
11:30頃行きましたが、10月下旬なので10分くらい並んで、すぐ注文できました。
海鮮丼(1,270円、酢飯+50円)は、各ネタ新鮮で、甘みもあって、とても美味しかったです♪

今年の夏は、お店の外まで行列ができていたそうです。
夏に、ウニ丼やエビ丼が食べたい…!!

1階では海産物が販売されています。

【食べログ】
https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010602/1000224/

小樽運河

小樽運河小樽運河小樽運河小樽運河小樽運河
北海道小樽市港町

お昼ごはんの後は、ニッカウイスキー工場の隣にある道の駅を見たりしつつ、電車に乗って小樽へ到着!
JR余市駅13:45発→JR小樽駅14:11着。

小樽駅から歩いて8分くらいで、小樽運河に着きました♪
小樽運河は、石造りの倉庫が並んでいるので、本当にノスタルジックな気分でお散歩できます。
1923(大正12)年に完成し、全長1,140mの運河です。

小樽運河といえば、「小樽雪あかりの路」が有名です!
雪の積もった小樽の街や運河を、17:00~21:00まで、ろうそくの灯りが照らし、幻想的な風景に☆
ロマンチックな風景は、カップル向けのイベントです☆

♡小樽雪あかりの路19♡ 
開催期間
2017年2月3日~2月12日
HP:http://yukiakarinomichi.org/

ちなみに、さっぽろ雪まつりの開催期間は、2017年2月6日~2月12日なので、北海道観光の際に、両方楽しむこともできます♪

ルタオ パトス

ルタオ パトスルタオ パトスルタオ パトスルタオ パトスルタオ パトスルタオ パトス
北海道小樽市堺町5-22

小樽運河から堺町通りの街並みを歩いていくと、昔ながらの石造りの建物が多数残っていて、こちらもノスタルジーに浸れます♪
ガラスやオルゴールのお店、海鮮丼のお店といろいろ続くなか、ルタオ パトスをチェック!
ルタオは、チーズケーキのドューブルフロマージュが、やっぱりおいしいですね。
今年は新千歳空港でも、小樽色内通りフロマージュのクッキーをたくさん見かけます。噛んだあとに、チーズのちょっと塩気のあるかんじがくるクセになる味です。

2階はカフェになっていて、オシャレな創作デザートがあります。

向かいには、チョコレート専門の「ルタオ ル ショコラ」も。

【食べログ】
https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1033815/

小樽洋菓子舗ルタオ 本店

小樽洋菓子舗ルタオ 本店小樽洋菓子舗ルタオ 本店小樽洋菓子舗ルタオ 本店小樽洋菓子舗ルタオ 本店小樽洋菓子舗ルタオ 本店
北海道小樽市堺町7-16

さらに通りを進んでいくと、今度はルタオ本店があります。
1階はショップで、2階がカフェ。
本店のほうが、ルタオで販売しているケーキセットが充実している印象です。
基本的なルタオを味わいたい場合は本店を、ケーキのほかに、オシャレな創作デザートやランチを食べたい方は、パトスがよいかなと思います。
ケーキ(生ドューブルフロマージュ)と紅茶のセットで、ゆっくりしました♪

【食べログ】
https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1000304/

北一硝子三号館テラス

北一硝子三号館テラス北一硝子三号館テラス
北海道小樽市堺町7-26

小樽の堺町通りで外せないのが、北一硝子三号館。
洋風、和風のガラス食器、ランプがたくさん並んでいて、美しいです♡

【HP】
http://www.kitaichiglass.co.jp/

北一ホール

北一ホール北一ホール北一ホール北一ホール北一ホール北一ホール
北海道小樽市堺町7-26 北一硝子三号館

小樽のラストは、今回の女子会でお目当ての北一ホールです♪
北一硝子三号館内にあり、167個の石油ランプが灯る喫茶店。
ランプの灯りで、とても幻想的な雰囲気です♡
シフォンケーキとミルクティのセットで、癒しのtea time。
ウイスキーの試飲もしているので、すぐ眠くなり心地良いかんじでした(^^)

月曜から金曜(祝日を除く)は、14:00、15:00、16:00の3回、ピアノ(最高峰の「スタインウェイ」)で生演奏が行なわれます。
この幻想的な空間と、最高峰のピアノから奏でられる音色、素敵すぎる…!!

【HP】
http://www.kitaichiglass.co.jp/shop/kitaichihall.html
【食べログ】
https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1000052/

札幌駅

札幌駅
北海道札幌市北区

JR南小樽駅17:13発の電車に乗り、JR札幌駅に17:55頃戻ってきました。
ルタオ本店まで行くと、JR南小樽駅のほうが近いのですが、小樽→南小樽→札幌になるので、小樽でたくさん人が乗ると座れなくなります(^^;)
ルタオ本店からJR小樽駅まで戻ると、徒歩30分ほど
JR南小樽駅へは徒歩7分ほどです。

冬の観光で、寒さと足の冷たさを考えると、札幌駅→南小樽駅→堺町通り→小樽運河→小樽駅が一番効率良いです(^^)

黒むぎ

黒むぎ黒むぎ黒むぎ黒むぎ
北海道札幌市北区北8条西4丁目20-1 バロンドール B1F

夜ごはんは、食べ歩きをしたので、あっさりおいしいお蕎麦を食べようということに。
札幌駅北口から歩いて5分ほどの黒むぎで、かしわそばを食べました。
十割蕎麦で喉ごしもよく、おいしかったです。
店内はシックだけど、気軽にうちとけてごはんが食べられる雰囲気です。
日本酒や梅酒等に合うお料理も豊富にあったので、お酒とお蕎麦を楽しむ、大人の時間を過ごせるお店です。

【食べログ】
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010101/1041095/

このプランのマップ

1
ライター紹介
札幌在住です。カフェ☕ガーデン🌷が好きです。