リアルな遊びをプロデュース

桃太郎神社 桃太郎や鬼たちの奇怪な人形であふれる珍スポット【愛知県・犬山市】

愛知県犬山市にある桃太郎神社は、珍スポットとして有名ですが、実はかなり由緒のある神社です。毎年5月5日の子どもの日には、桃太郎祭りも開催されています。浅野祥雲氏によるコンクリートの人形は必見です。

最寄りは犬山遊園駅で徒歩20~30分くらい。タクシーは、犬山遊園駅には止まっていないので、犬山駅から約10分1590円です。

さん
更新日:
閲覧数
2641
お気に入り
0

桃太郎神社

桃太郎神社桃太郎神社

桃太郎神社は、犬山駅から4kmほど。タクシーで10分くらい(1590円)。徒歩だと30分はかかります。犬山遊園駅からだと3㎞ほど。歩いて20分くらいで行けます。

境内には、浅野祥雲氏による、桃太郎とその仲間、鬼たちの、多数のコンクリートの人形が並び、かなり見ごたえがあります。桃太郎神社の桃鳥居をくぐると、「悪は去る(猿)、病いは去ぬ(犬)、災いは来じ(雉)」と言われます。

桃太郎神社桃太郎神社桃太郎神社

この辺りには、桃太郎の鬼退治の伝説が伝わります。桃太郎の鬼ヶ島への出陣を知って最初にかけつけたのはイヌ。このイヌが住んでいたのが、ここ犬山市だとか。また、このあたりには、猿洞(さるぼら)や猿渡(さるわた)、堆ケ棚(きじがたな)といった場所もあるとか。さらにお隣の可児市には、川に浮かぶ鬼ヶ島という島があります。

桃太郎神社桃太郎神社

桃をもつおばあさんと、おばあさんが洗濯をしたときの足跡がのこるという洗濯岩が展示されています。

桃太郎神社桃太郎神社

鳥居の前には、まさに桃から生まれたばかりの、桃太郎がいます。生まれた瞬間から5,6歳児くらいのサイズ。流石は、桃太郎です。

桃太郎神社桃太郎神社桃太郎神社

鳥居をくぐり、階段をのぼっていきます。滑り台のようなものがついていますが、滑ることはできません。階段途中に、おじいさんがいます。芝刈りに行く途中でしょうか。

桃太郎神社桃太郎神社桃太郎神社

階段の途中にある洞窟は「長命桃くぐり」。ここをくぐると、100歳まで豆に生きられるとか。近くでは、食事を運ぶ鬼がいます。

桃太郎神社桃太郎神社桃太郎神社

階段を登り切った正面には、桃太郎一家が勢ぞろい。鬼たちの姿もあり、撮影スポットとなっています。

桃太郎神社桃太郎神社桃太郎神社

桃の形の鳥居です。ユニークな神社ではありますが、皇室の方も来ている由緒ある神社です。

桃太郎神社桃太郎神社桃太郎神社

桃太郎に退治され、反省している鬼がいます。目からは、ポトポトと涙がこぼれ落ちています。絵馬には桃型のものも。

桃太郎神社桃太郎神社桃太郎神社

「悪運はサル」と書かれ像。おみくじを引いて、悪いくじがでたら、このサルの口に入れることで、悪運がサルようです。

桃太郎神社桃太郎神社桃太郎神社桃太郎神社桃太郎神社

お宮の裏手は、自然に包まれたひっそりとした空間。桃太郎の石像などが安置されています。

桃太郎神社 宝物館

宝物館では、イヌ、サル、キジが、ハイテンションで出迎えてくれます。きびだんごを作ったという大昔の臼(うす)や杵(きね)も展示。

入館料:大人200円、小人100円です。
営業時:10:00~16:00  

桃太郎神社 宝物館

宝物館には子どもたちが遊べる公園もあり、退治された鬼や、宝を持ち帰る桃太郎一行の様子が見られます。

桃太郎神社 宝物館

背中に乗れるやさしい鬼を発見。何ともいえない表情、体型、ポーズをしています・・・。

桃太郎神社 宝物館

宝物館の建物に入ります。桃太郎ゆかりの珍品が展示されています。かつては展示されていたが、放火事件によって消失したも、鬼の骨や桃の化石などは、写真として展示されます。

桃太郎神社 宝物館

祭りなどで出動する、宝を積んだ台車でえす。どうやら打ち出の小づちが何者かによって持ち去られたようです。

レストラン桃太郎

桃太郎神社のすぐ目の前にあるレストラン桃太郎へ。実は100年以上の歴史のあるお店。名物の、木の芽でんがく600円をいただきます。
お土産として、きびだんごなども販売しています。

電話:0568-61-1576
住所:愛知県犬山市栗栖古屋敷14-3
営業:10:00~17:00(季節により変動)

桃太郎公園

桃太郎公園桃太郎公園桃太郎公園

桃太郎公園は、ピクニックにちょうどいい川沿いある公園です。たくさんの人が週末の余暇を楽しんでいました。

駅からちょっとありますが、いい運動になる距離です。桃太郎神社は、珍スポットとおもいきや、なかなか由緒もある見ごたえのある神社です。

このプランのマップ

0
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom