リアルな遊びをプロデュース

鳥取・三朝温泉(みささおんせん)世界屈指のラドン泉のひなびた温泉街を歩く

三朝温泉の由来は、およそ八百五十年以上も昔。大久保左馬之祐という侍が、年老いた白い狼を見逃したことで、そのお礼に妙見大菩薩が温泉の場所を教えてくれたのが起源。国宝である三徳山(みとくさん)・投入堂の観光するさいの宿泊地としても便利な立地です。

さん
更新日:
閲覧数
1763
お気に入り
0

河原風呂

三朝温泉の中心地にある三町橋、そのすぐたもとには河原風呂があります。その名の通り、河原にある露天風呂で、ほぼ丸見え状態。勇気がある人は、無料で入浴できます。

たまわりの湯

たまわりの湯たまわりの湯たまわりの湯

その近くには、公衆浴場「たまわりの湯」もあります。三朝温泉のお湯は世界有数のラドン含有量を誇ります(微弱な放射線)。ラドンが呼吸で体内に入ると、新陳代謝が活発になり、免疫力や自然治癒力を高める効果があるとされています(ホルミシス効果)。

料金:500円
営業10:30~22:00※最終21:30

三朝温泉

三朝温泉三朝温泉三朝温泉

三朝温泉街のメインストリート。歴史のある旅館が立ち並んでいるため、昔は百年通りと言われていたそうです。射的のある「泉娯楽場」や、駄菓子屋「てりふり屋」、元ストリップ場を利用した芝居小屋「ニューラッキー」などがあります。

西藤館

西藤館

こちらは温泉街でもっとも古い旅館「西藤館」です。創業1658年ですから、350年以上のア歴史があります。ただし、一般客は宿泊できず、常連だけ泊める宿のようです。この宿の周辺には、「靖国参拝」や「北方領土返還」などの看板が立ち並ぶため、愛国宿とも言われています。

西藤館の秘密はこちらから
http://play-life.jp/plans/15943

薬師の湯

薬師の湯は、足湯と飲泉ができるスポットです。お地蔵さまやお社もあります。散策の休憩におすすめの場所です。このあたりは、映画『三朝神社』にも登場したようです。

木屋旅館

木屋旅館木屋旅館木屋旅館

薬師の湯の目の前にあるのが、木屋旅館。国指定有形文化財に指定される歴史ある建物です。このあたりの宿に泊まると、冬場はズワイガニなどのカニ料理を楽しめます。

ぬくもりの宿 中屋

ぬくもりの宿 中屋ぬくもりの宿 中屋

こちらのは中屋という宿で、外国人にとても人気があるようです。その隣には明治屋という宿で、福山雅治がお忍びで訪れたこともあるようです。その向かいには三朝温泉で2番目に古い宿・油屋があります。

木造りの宿 橋津屋

木造りの宿 橋津屋木造りの宿 橋津屋木造りの宿 橋津屋木造りの宿 橋津屋木造りの宿 橋津屋

三朝温泉で、もっとも勢いのある宿、橋津屋。離れの別館や温泉がどんどん増えていて、たたずまいもいい雰囲気です。ロンドンタクシー(オースチンFX4)でお出迎えしてもらえるようです。

中湯

途中にある中湯は、地元の人しか入れない温泉。なんとここはラドン泉ではなく、硫黄泉で肌に良いのだとか。

三朝温泉は、宿ごとに泉質や効能が異なり、昔から自分に合う泉質の旅館を探し出し、療養していたといいます。

古くからある宿は、数m地面を掘って地下を流れる温泉を引いたため、道路よりも低い位置にお風呂があるようです。

神の湯

神の湯神の湯神の湯

三朝神社の手水舎は、飲泉として飲むことができます。「神の湯」ともよばれています。境内には、映画『三朝神社』で使われた古木があります。

株湯三朝区・共同浴場

株湯三朝区・共同浴場株湯三朝区・共同浴場株湯三朝区・共同浴場株湯三朝区・共同浴場

ここは株湯と呼ばれる公衆浴場です。この源泉は、楠の古木の根元から湧いているため、この名がついているようです。すぐ近くに飲泉場も設置してあり、ペットボトルを持って並ぶ人もいます。

ここは、ちょっと離れた場所にありますが、三朝温泉の歴史の起源とされる場所。伝説として伝わる、侍と狼の像もあります。こじんまりとした温泉地ですが、散歩にはちょうどいい広さです。

料金:300円
営業:8:00~21:45※月のみ10:00~、最終受付21:15

三徳山・三仏寺を訪れる際はこちら。
http://play-life.jp/plans/15945

このプランのマップ

0
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom