【流山ぶらり1日観光プラン】流山鉄道に乗ってレトロな町並みを散歩してみた!

千葉県松戸市 馬橋駅から流山駅をはしる流鉄流山線。今回は、流山線に乗ってデートにもおすすめな1日観光プランをご紹介します!隠れ家カフェやギャラリー、赤城神社、こだわりの玄米屋さんなどレトロな町並みに癒されるぶらり旅となっています。

さん
更新日:
閲覧数
2508
お気に入り
4

馬橋駅

千葉県松戸市

11:45 馬橋駅で待ち合わせ。

千葉県松戸市にある流鉄流山線は、馬橋から流山のわずか6駅をつなぐローカル線です。
流山線は、パスモは使えないのでホームで切符を購入します。

さすが、ローカル線。
現代では、あまり使われなくなった切符を活用しているところがまたいいですね。

せっかくなので、一日フリー切符(500円)を購入。

流鉄流山線車内

馬橋駅から電車に乗り込むと、車内はガラーン…。
まるで、貸切状態です。

車窓からの、のどかな田園風景を見ながらゆったりとおしゃべりしていると幸谷駅から続々と乗車してきました。

意外と、利用客が多いもよう。
地元民ご用達なんですね。

流山駅

千葉県流山市流山1丁目264

電車に揺られること、わずか12分。
終点流山駅に到着です!

奥に車庫があって、色とりどりの電車がかわいい…!

流山駅

千葉県流山市流山1丁目264

ホームのいすには、座布団が敷いてありました。

手作り感満載で、かわいい…。
こうゆうところも、ローカル線の良さがありますね~。

流山駅

千葉県流山市流山1丁目264

流山は、古い家屋が立ち並んでいる古風な町並みが特徴的です。

万華鏡ギャラリーや駄菓子屋さん、博物館など見どころ満載です。

しかし、この日は月曜…。
流山は月曜日休館のところが多いので、月曜以外でぶらりするのをおすすめします。

月曜に行くと、ランチを探すのさえ大変です…。

灯環

千葉県流山市流山1-155

12:30 灯環で絶品ランチ

ぶらぶらしながら食事処を探していると、かわいらしい一軒家を発見!

こちらは、蔵カフェ&ギャラリーになっている「灯環(とわ)」さん。

建物は、国指定登録有形文化財に指定されている明治時代創立「笹屋土蔵」をカフェとしてリニューアルしたものです。

灯環

千葉県流山市流山1-155

さっそくお店の中へ!

暖かみのある店内は、木のぬくもりと柔らかな灯りが心地よく、居心地の良い空間が広がっています。

キッチンやテーブルに置いてある、ぬいぐるみが可愛すぎてツボでした。

灯環

千葉県流山市流山1-155

「クリスマスランチプレート…クリスマス過ぎてるけどあるかな」的な会話をぼそぼそしていると、店主さんに「今日までありますよ~!」とのお返事をもらえたので…(※12月26日訪問)

クリスマスランチプレート ドリンク付き (1500円)
ビーフシチューランチプレート ドリンク付き (1400円)を注文。

クリスマスランチプレートは、自家製キッシュとスープ・ローストビーフサラダ・パンがついた、素材と彩りにこだわったワンプレート。

温かいスープは体に沁み渡り、お野菜はシャキシャキ、お肉は柔らかくとっても美味しい…!

ビーフシチューランチプレートも、ビーフシチューが濃厚で、ごろっとした野菜や肉が幸せな気持ちにしてくれます。

そして、なにより美味しかったのがこちらの自家製パン!
一見、ガーリックパンかな~と思いますが、たまご風味のオリーブオイルがかけられたカリッとしたパンでした。

これがまたビーフシチューと最高に合うんです!
ごちそうさまでした。

灯環

千葉県流山市流山1-155

灯環ではランチのほかにも、白みりん発祥の地ならではのみりんスイーツも人気です。

ギャラリーや、ワークショップなどのイベントもあるので幅広い年代層の方が楽しめるカフェです。

【HP】http://kuratowa.com/
【食べログ】https://tabelog.com/chiba/A1203/A120305/12033214/
【住所】千葉県流山市流山1-155
【TEL】04-7158-0221
【営業時間】営業時間 10:30 ~ 17:30
【定休日】定休日 毎週火曜日・水曜日

新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡

千葉県流山市流山2-108

13:30 新選組の跡地に到着。

続いて、観光地「新選組流山本陣・近藤勇陣屋跡」へ。

慶応4年(1868年)4月2日大久保大和と名乗る近藤勇を隊長とした幕府公認の治安隊(実態は新選組の生残り)が流山に駐留してきたそうです。

流山は、近藤勇と土方歳三の最後の別れの地なんですね…。
こちらの跡地では、当時の様子がこと細かく説明されていました。

【住所】千葉県流山市流山2-108
【アクセス】流山線流山駅から徒歩で3分
【問い合わせ】04-7150-6085

流山市内

そのまま、流山をぶらぶら散策。

ホースに巻きつけられた若干、息苦しそうなプーさん。

カラスよけでしょうか?
ハリセンボンにもハリネズミにも見える物体…なかなかユニークな代物にめぐりあいました。

流山本町まちなかミュージアム

千葉県流山市流山3丁目

14:00 流山本町まちなかミュージアムへ。

「まちなかミュージアム、なんだかおもしろそう…」ということで探索してみても一向に見つからず、キッコーマンあたりをグルグルするばかり…。

でっかい建物を予想していたら、なんとキッコーマンの壁面であることが判明!…いい意味で予想外でした。

「流山本町まちなかミュージアム」では、2014年に流山市の特産品である、白みりんが200周年を迎えたことを記念して流山キッコーマン株式会社の壁に白みりんの歴史的な資料が展示されました。

よく見ていないと、通り過ぎてしまいますね~。
車が多く行きかうので、注意してご覧ください。

【住所】千葉県流山市流山3丁目
【アクセス】流鉄線流山駅から徒歩で5分
【問い合わせ】04-7168-1047

赤城神社

千葉県松戸市幸谷630番

15:00 赤城神社へ。

ぶらぶら散策していると、立派な神社が登場。
こちらの赤城神社は、流山の地名発祥伝説がある神社です。

赤城神社

千葉県松戸市幸谷630番

神社内で、座面が面白いブランコを発見!!
すごくフィットするブランコにテンション上がりまくりでした笑

【住所】千葉県流山市流山5-649
【アクセス】流鉄平和台駅から徒歩9分

小金城趾駅

千葉県松戸市

15:30 小金城趾駅へ。

流山を満喫したら、電車に乗って小金城趾(こがねじょうし)駅へ。

こじんまりとした駅舎で、歩道橋がまたいい味をだしています。

小金城趾駅

千葉県松戸市

歩道橋下に、ムクロジの実を発見!!

子供の頃に、よく拾ったりしていましたが今じゃめっきり見なくなりましたね…。

ここで出会えるとは…!
なんだか懐かしい気持ちになりました。

和日庵

千葉県松戸市大金平3-177

15:45 和日庵へ。

小金城趾駅で降りた目的は、こちらのお店「和日庵(わびあん)」さん!

和日庵は、もち熟玄米(酵素玄米)が評判のお店です。

店内に入ると、ご主人からもち熟玄米(酵素玄米)の試食をいただきました!
モッチモチで粘り気のある玄米と、やさい糀味噌が合わさりとっても美味しい…!!

やさい糀味噌は、ピーマンの風味がする今までに食べたことのないお味噌でした。癖になるおいしさです。

和日庵

千葉県松戸市大金平3-177

とても親しみやすいご主人で、流山の観光スポットや流山線の話でかなり盛り上がりました。
ご主人と仲良くなれるお店って素敵ですよね…!

店内では販売がメイン。
食事スペースはないですが、試食やおしゃべりができる暖かな空間が広がっています。

季節ごとにお味噌の具材がかわるらしいので、次回の訪問がたのしみです!

和日庵

千葉県松戸市大金平3-177

今回購入したのは、
もち熟玄米(酵素玄米)一合 676円
やさい糀味噌 529円
自宅でおいしく頂きました!

和日庵では、もち熟玄米(酵素玄米)中心の自家製日替わり弁当も人気です。
ぜひ訪れてみてください!

【HP】http://wabien.jp/
【住所】千葉県松戸市大金平3-177
【TEL】047-710-0537
【営業時間】10:00-19:00
【定休日】日曜日

東漸寺

千葉県松戸市小金359-1

17:00 東漸寺へ。

「何やらすごいお寺があるらしいよ!」と訪れたのが東漸寺。

東漸寺は、530年の歴史をもつ浄土宗のお寺です。
まるで鎌倉に来たかのような景観は、見ごたえ抜群です。

【住所】千葉県松戸市小金359
【TEL】047-345-1517
【アクセス】新松戸駅から徒歩15分

ルフラン 新松戸店

千葉県松戸市新松戸1-489 大倉駅前ビル 1F

18:30 ラストはルフラン。

ぶらり旅の締めは、新松戸駅付近の「ルフラン」へ。
ケーキセット(600円)を食べながら、のんびりとしました。

【食べログ】https://tabelog.com/chiba/A1203/A120302/12030575/
【住所】千葉県松戸市新松戸1-489 大倉駅前ビル 1F
【TEL】047-344-0158
【営業時間】8:00~22:00
【定休日】なし

おわりに…

いや~、流山観光は思ったよりもはるかに楽しかったです。

流山市内は、古い家屋やアトリエ、ギャラリー、博物館などレトロで見どころのあるスポット満載です。

ちょっとしたぶらり旅や、デートにもおすすめなのでぜひ観光してみてください!

このプランのマップ

4
ライター紹介
remi
全国の猫を求めて旅する大学生。 趣味は旅先で写真を撮ること(猫、風景写真)や、グルメめぐりです。 自分の足で直接歩き、地元ならではの写真を撮ることをモットーとしています。 夢は、猫写真1万枚からの……。 intern: playlife