本当に行った 遊びのガイド

ヘビ専門の動物カフェ⁉原宿「東京スネークセンター」に潜入

原宿にある「東京スネークセンター」は数ある動物カフェの中でも、日本初のヘビ専門カフェ。ヘビカフェでは、他の動物カフェ同様にヘビを眺めながらお茶を楽しみ、さらには触れ合うことができます。

さん
更新日:
閲覧数
5551
お気に入り
0

東京スネークセンター

東京スネークセンター東京スネークセンター

「東京スネークセンター」は、東京メトロ千代田線・副都心線原宿から徒歩1分、JR山手線原宿駅から徒歩5分の立地。2階にラーメン一蘭、地下1階カラオケ館があるビルの8階にカフェはあります。

東京スネークセンター東京スネークセンター東京スネークセンター

カフェの入場料は1,000円(税込)、ワンドリンク付き。

最初に好きなヘビを選び、ケージに入れたままテーブル席まで連れていきましょう。また、途中で他のケージのヘビに替えることもできます。

東京スネークセンター東京スネークセンター東京スネークセンター

テーブル席まで連れていけるヘビ以外にも、店内には今日現在で22種類、63匹がお店にいます。

食事や脱皮などでヘビアテンダントとして出勤できるヘビが変わるため、訪れる度に違ったヘビとの出会いが……!

店内は撮影自由ですが、ヘビたちはなかなか目を合わせてはくれず、生き生きとした生態を見せてくれます。

東京スネークセンター東京スネークセンター東京スネークセンター

ヘビが入ったケージを開けることはできませんが、臭いや毛のないヘビだからこそ、テーブル席まで連れて来て、間近に眺めながら飲食することができます。

また、入場料に含まれたオプションのドリンクの他にも、スイーツやアペタイザーなどの飲食メニューがあります。

ヘビの形をしたビスケット「ヘビスケ」付きの「日替わり ケーキの盛り合わせ」864円(税込)や、トグロをイメージした「ぐるぐるトグロパフェ」864円(税込)など、ヘビをモチーフにしたメニューが特徴です。

東京スネークセンター東京スネークセンター東京スネークセンター

ヘビカフェでは別途540円(税込)を支払うことで、触れ合い用のソファーでヘビに触ることも! 触れ合い用の大柄なヘビから2匹を選び、10分ほど楽しむことができます。

店内のヘビは毒もなくおとなしい性格のため、噛まれる心配はほとんどありません。
ただし、顔や尻尾を触られることや、強く握られることは嫌いなようですから、そこだけ注意しておきましょう。

ぜひ皆さんも東京スネークセンターでヘビの魅力に触れてみてはいかがでしょうか? ヘビが苦手な方でも印象が変わるかもしれません。

このプランのマップ

0
ライター紹介
ゆるゆる編集&ライター、呼べば来る人。人の集まるところが好きな庶民派ミーハー&足で稼ぐことがモットーです。