リアルな遊びをプロデュース

【会津若松駅からバス15分!】1300年の歴史を誇る会津の温泉街東山温泉を歩く。

2169
2017/02/09
1
【会津若松駅からバス15分!】1300年の歴史を誇る会津の温泉街東山温泉を歩く。

会津若松駅からバスで15分の山奥にあるのが東山温泉です。会津松平家の湯治場として名高いこの温泉街は東北でも指折りの温泉街です。近くにある会津武家屋敷と一緒にどうぞ。

このプランのマップ

歴史感動ミュージアム会津武家屋敷

会津の武家の歴史や生活を展示しているのがこの会津武家屋敷です。

現在は歴史ミュージアムとなっています。この武家屋敷は会津藩家老西郷頼母の家老屋敷を復元したものだといわれています。

ここから東山温泉へ向かいます。歩いて約20分ほど。

東山温泉観光協会東山温泉観光協会

武家屋敷から約1キロの道を歩いて東山温泉街へ。

会津の東山温泉は今から約1300年前に行基によって発見されたと言われる長い歴史ある温泉郷です。江戸時代には会津藩松平家の湯治場として栄えました。

http://www.aizu-higashiyama.com/index.html

東山温泉観光協会東山温泉観光協会東山温泉観光協会東山温泉観光協会

温泉街の道を歩いているとそこは絶景!

瀧がものすごいしぶきをあげながら流れています。

雪も積もっており秘境の雰囲気は抜群です!

夏にもぜひ来たいところですね。

東山温泉観光協会
場所:福島県会津若松市東山町大字湯本字滝ノ湯110
庄助の宿 瀧の湯庄助の宿 瀧の湯

まず見えてくるのが瀧の湯です。なんとこの瀧の湯は会津東山温泉の発祥の湯で開湯1300年、創業130 余年の温泉旅館です。

とんでもない歴史を持っている温泉なんですね。
流れる川の絶景を楽しみながら広ーい湯船で温泉につかりましょう。
1300年の歴史を誇る湯です。

日帰り温泉ももちろんOK!

庄助の宿 瀧の湯
場所:福島県会津若松市東山町大字湯本滝ノ湯108 庄助の宿 瀧の湯
アクセス:【電車・バス】JR「会津若松駅」タクシー、バスで約15分 【車】磐越道「会津若松IC」約15分 要予約(送迎)東京:車以外/【電車・新幹線】東北新幹線郡山駅→磐越西線郡山駅→会津若松駅車/浦和IC→東北道 郡山JCTで磐越道 会津方面へ(浦和から約3時間)〜【お車】磐越道「会津若松IC」〜磐越道会津若松IC下車、国道49号線を東山温泉方面へ仙台:車以外/【電車・新幹線】東北新幹線郡山駅→磐越西線郡山駅→会津若松駅車/仙台宮城IC→東北道 郡山JCTで磐越道 会津方面(仙台から2時間)〜【お車】磐越道「会津若松IC」〜磐越道会津若松IC下車、国道49号線を東山温泉方面へ 会津若松駅から4,174m
営業時間:朝食 07:00〜09:00(※要事前予約) 昼食 12:00〜15:00(※要事前予約) 夕食 17:00〜23:00(L.O.22:30)(※要事前予約) 朝食営業、ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
会津東山温泉 向瀧会津東山温泉 向瀧会津東山温泉 向瀧

そして橋を渡った先にあるのが向瀧。会津ではかなり有名な温泉旅館です。なんと会津藩指定保養所だった時代があるんです。そして国の文化財の温泉宿なんです。

建物がかなり本格的な木造御殿なので、見ているだけでわくわく。

温泉街は温泉に入らなくても歩くのも楽しいですね。

こちらでは和風な雰囲気を楽しみながら温泉につかりましょう。
日帰り入浴サービスはないので宿泊のみです。
向瀧ぜひとも1回は宿泊してみたいところです。

会津東山温泉 向瀧
場所:福島県会津若松市東山町大字湯本字川向200
アクセス:会津若松駅[出口]から徒歩約60分
shunji.eva
豊かさがあふれる時代、本当に楽しいものやおいしいものを発信できたらと思います。プレイライフではボランティアプランナーとして日本全国や世界各国の魅力を発信しています。皆様どうぞよろしくお願い致します。
会津若松周辺×日帰り・プチ旅行のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。