リアルな遊びをプロデュース

【歴史好きにはたまらない魅力たくさん!】城壁に囲まれた静寂の都市とカタコンベの町へ

マルタのほぼ中心部に位置するイムディーナ。アラビア語で「城壁の町」と呼ばれるこの町は、文字通り白い城壁で囲まれた、静かな町です。
今回は静寂の町イムディーナと、そのお隣の町ラバトの鉄板観光地を巡るプランをご紹介します♪

さん
更新日:
閲覧数
994
お気に入り
2

メインゲート

イムディーナの入り口メインゲート。堂々としています。
ここはかつて、騎士団や貴族たちが暮らし、とても繁栄した町でした。

大聖堂

一枚目の写真は、イムディーナを代表する建物、大聖堂です!
伝説によると、すでに4世紀にはこの場所に小さな教会が建っていたのだそう。
とても神聖な場所です。

フォンタネラ

イムディーナは、細い小道がたくさんあって、趣深いです。
イムディーナの奥には、マルタで一番人気のケーキ屋さんがあります!

フォンタネラ

ここのカフェに来たら、ぜひ二階の席へ!
マルタの平野を見渡せるテラス席は、最高に気持ちいいです。

フォンタネラ

人気メニューは、チョコレートケーキとレモンチーズケーキ!
とっても大きいサイズにビックリしましたが、美味しくてぺろりと食べれてしまいます♪

イムディーナ

ケーキを食べたら、イムディーナの街を散策です。
くねくねしている道は迷路みたい^ ^
そして、イムディーナの外から城壁を観察!

ラバト

イムディーナを楽しんだら、隣の町ラバトへ。
イムディーナからラバトへは、徒歩で行くことができますよ。

聖パウロの教会

地図を見ながらウロウロした末、聖パウロの教会にたどり着きました。(多分あってるはずです…笑)
教会の前では小さな市が開かれていました!

聖パウロの教会

ロレンツォ・ガッファという方が設計したという、この教会には、聖パウロの腕が安置されているのだそう。
日曜日は、地元の人の信仰の場として今でも重要な役割を果たしています。

聖パウロの教会

キリスト教への信仰の厚いマルタ。
豪華で優美なキリスト教文化が花咲いています。
天井画は光りが差し込み、光り輝いて見えました。

聖パウロの洞窟

聖パウロの教会の向かいにある建物が、聖パウロの洞窟です。
難破した聖パウロが隠れていたそうです。
1990年には法王ヨハネ・パウロ2世もここを訪れて祈りを捧げました。

聖パウロの洞窟

地下は暗くて、少し怖かったです。
(この後のカタコンベの方が怖かったけど…)
一方、上に上がると上品さを感じる礼拝堂も見ることができます!

カタコンベ

同じ場所に、カタコンベもあります。
ここはカタコンベへ続く道の途中。
この小さな部屋は、第二次世界大戦の時に空爆から逃れようと人々が逃げたシェルターでした。

カタコンベ

カタコンベとは、地下に造られた昔の墓場のことです。
ひんやりと冷たいお部屋でした。

美術館

聖パウロの洞窟のチケットを買うと、併設する美術館にも入ることができます。
宗教画はもちろん、他の博物館とは少し違う個性的な展示もたくさんあります!

美術館

昔の貴族たちがはいていた可愛い赤い靴や、武器、陶器になんだかよくわからないものまであります!笑

美術館

個人的には、昔の王族の衣装や、スカーフのデザインが気になりました!
アンティークな家具もステキでした♡

カタコンベ

これは別のカタコンベ。
ラバトにはカタコンベがたくさんあります。
日本では、見ることのできない歴史的な建築物は見ておきたいものです^ ^

このプランのマップ

2
ライター紹介
新潟から上京してきた東大2年生です ^^ おいしいグルメや楽しいところ巡りが大好きです♡ みなさんの日常がより幸せでいっぱい♡充実したものになるよう、プランや特集を作っていきます!! 
Line pc bottom
シチリア島(イタリア)のプランを目的で絞る
海外のプランを探す