リアルな遊びをプロデュース

たった3060円で日帰り旅行!「みさきまぐろ切符」で非日常体験しちゃいました♡

10998
2017/03/29
9
たった3060円で日帰り旅行!「みさきまぐろ切符」で非日常体験しちゃいました♡

みさきまぐろ切符とは京急電鉄が販売している超お得な切符です。
品川~三崎口駅までの往復乗車券、バス乗り放題、マグロの食事券、水族館や温泉などのレジャー施設無料券つきで3060円!
居酒屋1回分で日帰り旅行ができてしまうとは・・・筆者も大満足な日帰り旅行でした。

【みさきまぐろ切符】
http://www.keikyu.co.jp/information/otoku/otoku_maguro/

このプランのマップ

品川駅品川駅品川駅

AM10時 品川駅集合

みさきまぐろ切符は品川駅で販売しています。
本当に3060円?!と疑いましたが・・・
電車の往復乗車券&バス乗り放題、まぐろ食事券、レジャー施設券をいただき出発です!

電車の往復乗車券では、
途中下車は可能ですが戻ることができないので注意しましょう!

品川駅
場所:東京都港区高輪3丁目26−26
三浦海岸駅

AM11時 三浦海岸駅到着

1時間ほどで着きます。
ランチまで海でお散歩しました。海風が気持ち良いです!
夏場は海水浴場として多くの人が集まるそう。

まぐろ食事券は三浦海岸駅周辺や三崎港・城ケ島周辺、
三崎口駅・引橋周辺、油壷周辺でいただけます。
ランチに食べるなら三浦海岸駅周辺がおすすめです!

三浦海岸駅
場所:神奈川県三浦市南下浦町上宮田1497
廻転寿司 海鮮廻転寿司 海鮮

AM11時半 まぐろ食事券を使って海鮮でお寿司ランチ

三浦海岸駅徒歩3分の場所にあります。
12時を周ると混み合うため少し早めに行くと良いでしょう。

まぐろ食事券を使用すると・・・
ランチはまぐろ類6貫、地魚等6貫、ソフトドリンクか発泡酒1杯いただけます!
2000円以上はしますよね?これが無料なんて嬉しい。

廻転寿司 海鮮廻転寿司 海鮮廻転寿司 海鮮廻転寿司 海鮮廻転寿司 海鮮

中トロや大トロも1貫ずつ入っています・・・!
写真から分かる通り、めちゃめちゃ美味しかったです!!
口の中でとろけるマグロ、久しぶりでした。
他の赤身やびんちょうマグロも弾力があって普通のマグロを覆す味でした。さすが三崎マグロ。

ってことで・・・おかわりしちゃいました(笑)
あと私が大好きなエンガワも。
それぞれ540円です。

【営業時間】
[月~日] 11:00~20:00(L.O19:45)

【食べログ】
https://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140603/14002771/

廻転寿司 海鮮
場所:神奈川県三浦市南下浦町上宮田3372-18
アクセス:京急久里浜線、三浦海岸駅より徒歩5分。国道134号線三浦海岸交差点より徒歩5分。駐車場有三浦海岸駅から288m
営業時間:[月〜日] 11:00〜20:00(L.O19:45)ランチ営業、日曜営業
三崎口駅三崎口駅

PM1時 三崎口駅からバスで京急油壷マリンパークへ!

三崎口駅は京急の最終駅です。三浦海岸駅から1駅で到着。
バス亭1番乗り場から油壷マリンパークに出発!
30分ほどで着きます。

電車の往復乗車券がバス乗り放題にもなるので
帰りに運転手さんに見せましょう!

三崎口駅
場所:神奈川県三浦市初声町下宮田495
京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク

PM1時半 レジャー施設券を使って、京急油壺マリンパーク!

バスの時間は確認しておくと良いでしょう!
そして入館料の大人1700円を払わなくてOKです。お得。

カワウソやイルカ、ペンギンと触れ合いもできます!
こちら予約が必須なので電話やネットで予約しましょう!

【予約ページ】
https://direct.satsukisan.jp/direct/base/150447/

京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク

入園して左側に触れ合いコーナーがありました!
サメやヒトデがいます。

サメって触れるんですね・・・!
ザラザラしていて石を触っているような感覚でした。
ヒトデも可愛らしい。外は寒いのですぐ水の中に入れてあげましょう。

京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク

水族館「魚の国」に入りました!
4つのテーマに分かれて30の水槽が展示されています。

可愛い魚から毒を持ったミノカサゴなど色々な種類がいて楽しい!
平日は人が少ないのでゆっくり鑑賞することができます。

京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク

2階もあります。
回遊水槽なので360度楽しむことができます。

また、サメの種類が多くてビックリしました。
日本国内で唯一展示しているバルチックチョウザメや人を食べてしまうオオメジロザメは迫力満点です。

京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク

PM2時 かわうその森でお食事タイム

こちらでは兄弟カワウソや4匹の大人カワウソを観察することができます。
お食事タイムは飼育員さんがカワウソに魚のエサをあげます。
飼育員さんに、もがくカウウソがとっても可愛いです。

京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク

PM2時 人生初!カウウソと握手

ネット予約でカワウソにエサあげ&握手をしました!
エサの魚をあげようとすると、小さい手を必死に穴から出してきます。
もがく顔がとてつもなく可愛い・・・!

カワウソの手はふにゃっとしていて触り心地抜群です。

京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク

イルカやアシカ、ペンギンもいます♪

イルカはナニコレ珍百景に登録されていて
犬が好きで近くにいると寄ってくるらしいです!

アシカはカリフォルニアアシカでとても元気!
オスとメスがいて、大きなオスは寝ていました。可愛い。。

ペンギンはイワトビペンギンでかっこいい顔が特徴的です。
かなり距離が近いので泳ぐ姿を間近で見ることができます。

京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク

マリンパークから見た海景色も最高です。
休憩スポットもあるのでゆっくり休むことができます。

子供が遊べる遊具もありました!
ペット同伴もOKな珍しい水族館ですよね!

京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク京急油壺マリンパーク

PM3時 最後はお土産屋さん

バスの時間に合わせて出ました!
カワウソのぬいぐるみが可愛すぎですよね!><
子供が絶対ほしがりそう。

【京急油壺マリンパークHP】
http://www.aburatsubo.co.jp/index.php

京急油壺マリンパーク
場所:神奈川県三浦市三崎町小網代1082
アクセス:京急三崎口駅より京急バス「油壺」行きで15分、終点「油壺」下車徒歩5分
営業時間:9:00~17:00
城ケ島城ケ島城ケ島

PM4時 城ケ島へ!

バスを降りると迷います。トンネルを抜ける道です!
坂道を10分ほど登るとウミウ展望台の看板があります。

さらに奥は迷路のような道が続きます。。
本当に大丈夫かなと不安になりますが、大丈夫です。

城ケ島

PM4時半 ウミウ展望台に到着!

こちらは三浦半島八景のひとつで、
1月から翌4月にかけて天然記念物のウミウが見れるそうです!

どれがウミウか分かりづらいですが、黒くて顔の部分が白いのがウミウです!
ウミウ以外にもヒメウやクロサギが見れるそうです。

城ケ島
場所:神奈川県三浦市三崎町城ケ島
馬の背洞門

さらに15分ほど進むと馬の背洞門に到着!

洞門とは洞穴や入り口という意味らしいです。
ここは神奈川県なのでしょうか。地方に来た気分です。

非常に風が強くて水しぶきがすごかったです。
また、階段が多いのでヒールはおすすめできません。

馬の背洞門
場所:神奈川県三浦市三崎町城ケ島
県立城ケ島公園県立城ケ島公園県立城ケ島公園

PM5時 城ケ島公園

天気が良い日は景色が最高らしいです!
公園奥では灯台を見ることもできます。
お時間ある方はぜひ降りてみてください♪

県立城ケ島公園
場所:神奈川県三浦市三崎町城ケ島 城ヶ島公園
海わ屋海わ屋海わ屋海わ屋海わ屋

PM6時半 三浦海岸駅の海わ屋でディナー

三浦海岸駅に戻って夜ご飯をいただきました!
池魚の天丼にそば!お蕎麦が温かくて疲れた体を癒してくれます。
海辺付近で食べる海鮮は最高に美味しいです。
味フライはふわっふわな新鮮さを感じました!

お腹もいっぱいになったので品川に帰宅しました~!
電車往復代、バス乗り放題、マグロランチ、水族館込みで3060円は安すぎですよね!
日帰り旅行におすすめです!

【食べログ】
https://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140603/14050824/

海わ屋
場所:神奈川県三浦市南下浦町上宮田3333-1
アクセス:三浦海岸駅から海に向かって徒歩8分程度 三浦海岸駅から356m
営業時間:[火〜金] 11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜22:00(L.O.21:00) [土・日・祝日] 11:00〜22:00(L.O.21:00) ランチ営業、日曜営業
内田あゆみ / あそびプロデューサー
たぬきと呼ばれてます。タイとシンガポール育ちの常夏女。 お肉は旦那、お魚は浮気相手です。旅行が大好き。
このプランが掲載されている特集
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。