リアルな遊びをプロデュース

富山ブラック 富山駅前で食べるならどっち? 洗練された「麺家いろは」、パンチの効いた「西町大喜」

富山の名物として知られる富山ブラック。その有名店である2つのお店を紹介します。味の方向性が全く異なるので、できれば両方食べてほしいですが、片方しか食べられないならば、以下を参考に、自分に合う富山ブラックを選んでみてください。

さん
更新日:
閲覧数
1204
お気に入り
0

麺家 いろは CiC店

麺家 いろは CiC店

こちらは富山駅前にあるCiCビルの地下1Fにある麺家いろはです。東京ラーメンショーで、1位を獲得する人気店です。射水本店、京都、秋葉原、海老名、香港、中国、タイなどに進出しています。

麺家 いろは CiC店

富山ブラックの名の通り、スープはブラックです。あっさりとした味わで、とても食べやすい洗練されたラーメンです。ブラックネギ玉らーめん980円。

麺家 いろは CiC店麺家 いろは CiC店

いろはのCiC店では、お昼は、プラス150円で、おかずやご飯がついた定食になります。

西町大喜 富山駅前店

西町大喜 富山駅前店

こちらは富山ブラックの元祖といわれる西町大喜の駅前店です。駅の中にもありますが、お昼時は込むので、こちらのお店へ。西町大喜は西町本店を始め、富山市内に5店舗を構えます。

西町大喜 富山駅前店

中華そば(並)750円、大1120円、特大1500円です。こちらは並サイズ。真っ黒で見た目しょっぱそうですが、本当にものすごくしょっぱい。こしょうもかかり、パンチも聞いています。ただネギは、火が通り辛くなく、食感が楽しめます。

西町大喜 富山駅前店西町大喜 富山駅前店西町大喜 富山駅前店

生卵60円をつけるとマイルドに食べられます。ライス160円、小は120円です。確実にご飯がほしくなる味です。もともと、汗をいっぱいかく、労働者向けに作られた仕様です。

同じブラックでも、全く正反対といってもよいほど、方向性の違う2つの味。富山に来たなら、他の場所では食べられず、なおかつ話のネタになる西町大喜を食べるべきですが、万人受けする味ではないので塩辛さが苦手ならば、いろはが良いかもしれません。

このプランのマップ

0
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom