リアルな遊びをプロデュース

浅草で和を感じる。和菓子に浮世絵、藍染め。伝統文化に触れ合おう!

街中で当たり前のように外国人を見かけるようになったこのグローバル時代。大学や職場で外国の友達ができることも少なくないはず。そんな時あなたは日本をどう紹介しますか?今回ご紹介するスポットは定番中のド定番である浅草。その中でも特に和を感じれるスポットをご紹介します。

さん
更新日:
閲覧数
7563
お気に入り
2

鳴門鯛焼本舗 浅草新仲見世店

鳴門鯛焼本舗 浅草新仲見世店鳴門鯛焼本舗 浅草新仲見世店鳴門鯛焼本舗 浅草新仲見世店鳴門鯛焼本舗 浅草新仲見世店鳴門鯛焼本舗 浅草新仲見世店

駅を降りて、店だなが出ているほうに歩くと、おいしそうな匂いが漂ってくる。腹が減っては戦ができぬ。おそらくこれが外国人に教える最初の諺になるだろう。
アイスモナカはあんことの相性が、もちろん抜群。焼きたてで食べれるこのたい焼きは薄皮で餡がたっぷり入っていてとても美味しいです。
東京都台東区浅草1-28-1
都営浅草線浅草駅から徒歩7分

かまわぬ浅草店

かまわぬ浅草店かまわぬ浅草店かまわぬ浅草店かまわぬ浅草店かまわぬ浅草店

次は藍染めの手ぬぐいやの、かまわぬ浅草店。

店内でには、色鮮やかな手ぬぐいが並んでいて、藍染ってやっぱり綺麗なんだと改めて実感する。
二階には、藍色の食器や、藍染の服などが販売されていてとてもお洒落。
東京都台東区浅草1-29-6
都営浅草線「浅草駅」より徒歩7分

酒井好古堂

最後は ザ ジャポニズムの浮世絵。

店の中には浮世絵の原本もあるのでここに連れていけば間違いはない!
500円で売っているシールもあるのでお土産に勧めてはいかがでしょうか?

このプランのマップ

2
ライター紹介
現役東大生(東洋大学)、マーケティング学科。 田舎、穴場、変なスポットが大好きです!僕が都会のキラキラしたスポットを紹介してたら仕事してるな~と思ってください。
Line pc bottom