リアルな遊びをプロデュース

【完全無料】キリンビール 北海道千歳工場見学ツアーが楽しすぎる!

新千歳空港付近にある、キリンビール 北海道千歳工場。工場見学と言えば無料なのが嬉しいポイントですよね。キリンビール工場の工場見学は、一番搾りと二番絞り麦汁の飲み比べや、麦芽の試食などビールの魅力が味わえるツアーです。キリンのソフトドリンクもあるので、子供連れの家族でも楽しめます!

さん
更新日:
閲覧数
84826
お気に入り
3

キリンビール 北海道千歳工場

キリンビール 北海道千歳工場

新千歳空港から車で約20分。
やってきましたー、キリンビール 北海道千歳工場!

JR千歳線「千歳駅」から無料シャトルバスもでているのでアクセスも良好です。

《無料シャトルバス詳細はこちら》
http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/chitose/access/

キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場

受付を済ませ、施設内へ。
入り口付近にはいろいろなパネルがあり、記念撮影にぴったりです!

はじめにシアタールームで、キリンビールの歴史や魅力について視聴します。

ムービーの最後には、一番搾りのCMに出演している嵐のメンバーからメッセージがあります。
ファンの方には、かなり嬉しいサプライズですね!

キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場

いざ、一番搾りうまさの秘密体感ツアーへ!

工場までは、5分ほどバスに揺られます。
車窓からは、北海道らしい緑豊かな庭園が望めます。

受付でもらったビール型のパンフレットには、製法や素材・発酵へのこだわりなどがまとめられていて、見た目もかわいい。

読むだけで、なんだかビールについて詳しくなった気になります笑

キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場

体験ツアーは、80分(ツアー60分、試飲時間20分)。

まずは、ガイドさんの案内でホップと麦芽コーナーへ。

「ホップ」とは、くわ科のつる植物。
苦みのある雌花がビールの味つけ用です。

まさに、ビールの根源でもある「ホップ」。
キリンビールでは、世界最高峰のチェコ・ザーツ産ファインアロマホップにこだわり世界トップクラスの量を仕入れています。

また、「ホップの番人」と呼ばれる職人さんが
自分たちの足で産地に赴き、品質をチェックし独自のホップを守っているそうです。

こだわりぬいたホップ…だからあんなにも美味しいビールを作ることができるんですね!

手触りはカサカサしていて、重みはほとんどありませんでした。

キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場

説明を聞いた後は、麦芽の試食。

1885年創業以来、100年以上受け継がれてきた麦芽です。
国内のビール工場で製麦の技術があるのは、キリンビール福岡工場だけ!

キリンの厳しい基準を満たした二条大麦を使用し、一番搾りは通常のビールより1.5倍の麦芽を使っているそうです。

守りぬかれた麦芽は、麦芽風味がありました。
しかし、まだビールの味とは程遠い…。

どうやって作られるのか…さあ、先へと進みましょう!

キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場

続いては、「一番搾り麦汁」と「二番搾り麦汁」の飲み比べコーナー!

一番搾り麦汁と二番搾り麦汁では、見た目にもはっきりと違いがありました。
一番搾り麦汁のが色が濃くて、なんだか美味しそうにみえます。

まずは「二番搾り麦汁」を試飲。
匂いはあまりなく、ほんのり甘い印象でした。

つづいて「一番搾り麦汁」を試飲。
二番搾りよりはるかに甘く、個人的にはみたらし団子を飲んでいるような気がしました笑

世に出ている一般のビールは、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁でつくられていますが、
キリンビールでは、麦芽を砕き糖類に変化させつくった「もろみ」から最初に流れ出る一番搾り麦汁だけを使用しています。

おいしいところだけを凝縮させる。だからあんなにも味わい深いビールになるんですね。

キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場

工場内には、一番搾りができるまでの工程などが書かれています。

歩いているだけでも、なんだかワクワクしてきます!

キリンビール 北海道千歳工場

見てください、この壁一面に敷き詰められたビール!
見ているだけで涎が出そうです笑

キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場

工場内では、実際に使用されている機械を見ることができます。

普段飲んでいるビールがこちらで造られていると思うと、なんだか感動しますね!

キリンビール 北海道千歳工場

ここで、気になる一番搾り生ビールの製造方法をご紹介します!

①素材
たっぷり水を含ませた麦を発芽させ、ビールの原料となる「麦芽」をつくります。

②糖化
麦芽を砕き、徐々に温度を上げ「もろみ」という麦のおかゆをつくります。

③麦汁ろ過
もろみをろ過し、一番最初に流れ出たものが「一番搾り麦汁」です。

④煮沸
ここでチェコ・ザーツ産のホップを加え、ビール独特の香りと苦味を生み出します。

⑤発酵
麦汁を冷やし酵母を加え、発酵タンクで低温発酵させます。

⑥貯蔵・ろ過
1~2か月ほどタンクで低温貯蔵し、熟成させます。

⑦パッケージング
厳しい検査をクリアしたビールだけが、ケースに詰められ出荷されます。

⑧出荷
厳しい基準を合格し選び抜かれた一番搾り生ビールが、私たちの飲んでいるビールなのです。

キリンビールの一番搾り生ビールは、努力とこだわりがつまったビールなんですね!

キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場

見学ラストは、蓋をしめる工程へ。
ここでは、貯金箱を代用しています。

専用の機会にセットすると、わずか数秒で蓋が締まります。
目にも止まらぬ速さ!

お客さんからも「おお~」と歓声が上がりました。

キリンビール 北海道千歳工場

貯金箱は、誕生月の人にプレゼントされます。

ちょうど誕生日が近かったので、いただけました~!
嬉しい特典ですね。

そしてついに、お待ちかねの試飲コーナーへ!
クイズに答えられないと、試飲コーナーに行けないのでガイドさんの説明をよく聞きましょう笑
(美人ガイドさんの全力サポートがあり、無事進めました…)

キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場

さあ、お待ちかねの試飲タイム!

試飲時間は約20分で、おひとり様3杯まで試飲できます。

キリン一番搾り生ビールをはじめ、「一番搾り スタウト」や、ドライバーさんにおすすめなノンアルコールのビールテイスト、「零ICHI (ゼロイチ)」などが試飲できます。

キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場キリンビール 北海道千歳工場

ゴクっと一杯!

「うまいっ」、思わず叫ぶほど美味しいです。

黒ビールの「一番搾り スタウト」は、すっきりしたDRY感が味わえます。
グラスに入れて色合いを楽しむのもいいですね。

おつまみには、柿の種チーズ味がもらえます。
ビールとチーズって相性抜群ですよね!
お酒がどんどん進みます。

キリンビール 北海道千歳工場

ビールだけでなく、「純水りんご」や「午後の紅茶」などもあり、お子様も満足できるかと思います。

私の一押しは、「キリン ファイア 北海道限定ミルクテイスト」!
甘味が強く、濃厚なミルクをダイレクトに感じられるドリンクです。

キリンビール 北海道千歳工場

千歳工場の一番搾りうまさの秘密体感ツアー、ビールについて詳しくなれるし試飲もできる、大満足なツアーでした。

このツアー、無料なのが本当に驚きです。
ビール工場は、全国に9か所。

そのほか、「キリンビバレッジ湘南工場」や「キリンビバレッジ滋賀工場」では、午後の紅茶ツアーが行なわれています。
子供向けの社会科見学ツアーですが、大人も子供も楽しめます。

また、「キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所」では、富士山麓うまさの秘密体感ツアーが行なわれており、ウィスキー好きにはたまらないツアーです。

山梨県にある「シャトーメルシャン」では、ワイナリー見学ができます。
ブドウ栽培やワイン造りを楽しみながら学べるツアーで、もちろんテイスティングも!カウンターで贅沢な時間を過ごせます。

キリンビール 北海道千歳工場

ウキウキ気分のまま、お土産コーナー「ファクトリーショップ」へ!

工場限定アイテムやユニークな商品など、お土産にぴったりです。

フードでは、柿の種チーズ味(600円)が人気。
グッズでは、ビールケース(200円)やラベルコースターセット(850円)がおすすめです。

見学からお土産屋さんまで大満足なツアーなので、ぜひキリンビール 北海道千歳工場に遊びに行ってみてください!

【HP】http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/chitose/
【住所】北海道千歳市上長都949-1
【TEL】0123-24-5606
【スタート時間】9時30分~11時30分、13時~15時30分 (毎時10分、30分スタート)
【所要時間】80分 (ご案内時間60分、試飲時間20分)
【定休日】月曜日休館 (祝日の場合は営業、次の平日が休館)、年末年始休館
【参加費】無料
【備考】予約必須 (電話またはインターネット予約)

このプランのマップ

3
ライター紹介
PLAYLIFE副変集長&カメラマン。全国の猫を求めて旅する大学生。 趣味はカメラをもってひとり旅しながら鬼畜プランを書くこと。
Line pc bottom