本当に行った 遊びのガイド

海を一望…那須から移転したばかりの本格フレンチ「シェ・コデラ」【勝浦・千葉・ランチ・ディナー】

ドライブで迷い込んだついでに散策していると、
高台に控えめな看板「Chez CODERA」の文字。
そっと近づくもお店のような別荘のような…。
なんと知る人ぞ知るフレンチのシェフ・小寺誠治氏のお店で、5/1に那須から移転したばかりのフレンチレストランでした。
メディアでのお披露目はこれが初めて。
勝浦の美しい景色と絶品フレンチ、行くだけで大人のたしなみが身につくようなレストランです。

さん
更新日:
閲覧数
2360
お気に入り
2

シェ・コデラ

シェ・コデラシェ・コデラシェ・コデラシェ・コデラ
千葉県勝浦市串浜1018-2

細い道に迷い込みふと視線を上げると、新緑に埋もれるように…妙に気になる看板。
読み方すら分からないし、お店かどうかなんてもちろん分からない。色々ググってみても全く出てこない。
飲食店ならせめてブログとか食〇ログとか出るはずだし、個人の別荘か何かだろうか…とどうしても気になり近づいてみることに。

シェ・コデラ

シェ・コデラシェ・コデラシェ・コデラ
千葉県勝浦市串浜1018-2

「シェ」と名前がついているということは飲食店?…でも別荘にも見える…ドキドキ…。
看板をよく見ると電話番号が書いてあったので思い切って電話してみることに。

「アッ今…歩いていたら看板を見つけて…お店ですか?」
「あら、よく見つけましたね。フレンチなんですよ」
「アッ…今ってお店は開いていますか?実は今…お店の目の前にいて…」
「えっ、ちょっと待っててくださいね、すぐ行きます」

シェ・コデラ

シェ・コデラシェ・コデラシェ・コデラシェ・コデラシェ・コデラ
千葉県勝浦市串浜1018-2

庭で作業をしていたというシェフ・小寺さんが笑顔でお出迎えくださいました。
実は5/1にオープンしたばかりで、宣伝も広告もしておらず取材も初めてとのこと。
裏道の更に裏道、激細トンネルを通る必要もあるので、普通にドライブして偶然見つけるような場所ではありません。
私は「何かないかしら」と裏道を徘徊して隠れ家を掘り起こすのが趣味です。
…という経緯をお話しすると「お腹すいてない?ランチを作りますよ」と言ってくださり、特別に貸切ランチできることに!
広いテラスにハンモックまで用意してくださり、勝浦の海を眺めながらワクワクのんびり待ちます。
途中、ガーデンにハーブを取りに来る小寺さんの姿が。

シェ・コデラ

シェ・コデラシェ・コデラシェ・コデラシェ・コデラ
千葉県勝浦市串浜1018-2

「ようこそ。どうぞ」
扉を開けると重厚感漂う部屋。
席からは勝浦の海が一望でき、ピシッと整えられた空間に背筋が伸びます。隅々まで手入れが行き届いており、どこを見てもピカピカ。
イメージは軽井沢や都内の高級ホテルレストラン。
勝浦は漁港近くで美味しい漁師ご飯のお店はありますが、高台で海を眺めるロケーションの高級レストランは私が知る限り他にありません。

岡山や那須でフレンチレストランをされていて行列ができるほどでしたが、「お金儲けよりもっとゆっくり一組一組大切におもてなししたい」と勝浦へ移転。
庭のお手入れ、掃除、仕込み、料理、デザート、片付けまで全てお一人でされているそうです。

シェ・コデラ

シェ・コデラシェ・コデラシェ・コデラ
千葉県勝浦市串浜1018-2

フレンチのマナー講師の資格もお持ちの小寺さん。
私は正式にマナーを学んだことがなく、イスに自分のバッグを置いてしまったところ「フレンチでは床にバッグを置くんですよ、でも汚れてしまうのでこちらにどうぞ」とスツールを持ってきてくださいました。
マナー教室に行かなくても、OJTでフレンチのマナーが学べるなんて…勉強になります。
「私はそんな形にこだわるの面倒くさいわ」という方は、シェ・コデラを楽しめないかもしれません。
教えてもらえてありがたいという気持ちがある方、マナーを学びたい方には是非オススメのお店です。

もしフレンチが不慣れでマナーが分からなくても大丈夫。
最初に正直に「フレンチのマナーを知らなくて…」とお伝えすれば、正しいマナーを丁寧に教えてくださいますよ。

ソフトドリンクもノンアルコールワインや自家製ゆずドリンクなどセンスがキラリ。
ワインも手軽なものから高級なヴィンテージワインまで幅広いラインナップ。予算に合わせて楽しめます。

シェ・コデラ

シェ・コデラシェ・コデラ
千葉県勝浦市串浜1018-2

ランチは3,000円、ディナーは10,000円のおまかせコース。メインをお魚かお肉をチョイス。
記念日デートだったら「もう少し高めのコースにしてもらえますか?」など相談すれば柔軟にご対応いただけます。

仕入れや仕込みが必要なので、前日までに要予約。
「リピーターの方は、前回とは違う内容にしたりお口に合わなかったものは次から外したり。毎回長くよ喜んでもらえるようにしているんですよ」と小寺さん。
星〇リゾートばりのおもてなしの心に感動です。

この日は鯛の卵の冷菜やボラのマリネからスタート。
冷たいものは冷たいお皿に、温かいものは温かいお皿に。
ピカピカに磨かれたお皿、シルバーのカトラリー。
細部までこだわりを感じます。

シェ・コデラ

シェ・コデラ
千葉県勝浦市串浜1018-2

私はお肉を選びました。
牛頬肉のマスタードソース…ホロッと柔らかく感動的な美味しさ。
本格的な正統派フレンチです。
「ソースがあまったらバケットをつけてどうぞ」とさり気なくマナーを教えてくださり嬉しい心遣い。

シェ・コデラ

シェ・コデラシェ・コデラ
千葉県勝浦市串浜1018-2

コーヒーはもちろん豆を挽くところから。
アイスやケーキまで全て小寺さんの手作りです。
とても洗練された味…3,000円のランチでしたが、都内なら5,000円以上するクオリティ。
自家製アイスも濃厚で絶品でした。

シェ・コデラ

シェ・コデラシェ・コデラシェ・コデラシェ・コデラ
千葉県勝浦市串浜1018-2

イタリア製チェアにアンティーク家具、ガレのランプ。
テーブルごとに違う季節の花々も美しい。

「和食や茶道と同じように、調度品や季節の花、料理の旬…この空間そのものを全身で感じて欲しい」という想いで作られた空間。
茶道やお茶会でも、まずは生け花や掛け軸で季節を感じ、座る位置やいただく順番にも細かなマナーがあります。
そこまでいかなくとも近い心構えでフレンチを楽しめると素敵ですよね。

今回は記事のため特別に撮影許可を得ていますが、「写真ではなく心に残して欲しい。撮影ばかりしてこの空間を楽しめない方にはうちは向いてない」と語る小寺さん。
SNSも大切なコミュニケーションの一つですが、「体験」で得られる幸せには敵わないと思います。
料理だけでなく会話や空間をじっくり味わう。
日常から離れてちょっと贅沢に、優雅に。

シェフやお店への敬意を込めて、いつもよりおめかしして出かけたいお店でした。
特別な日はもちろん、こんなお店をさらりと日常使いできるような大人になりたいものです。

【お問い合わせ・ご予約】フランス料理 Chez CODERA
ランチは3,000円、ディナーは10,000円のおまかせコース
0470-67-5905
千葉県勝浦市串浜1018-2
●ランチ……11:00〜15:00
●ディナー…17:00〜22:00
ランチは3,000円、ディナーは10,000円のおまかせコース
ご来店の前日までにご予約をお願いします。
山奥の細い道で駐車場にも限りがあるので(4〜5台)、乗り合わせの方が確実です。
「東灘酒造」本社の左隣です。

このプランのマップ

2