リアルな遊びをプロデュース

【京都・観光】嵐山デートの定番!トロッコ列車で京都の四季を感じよう!

京都・嵐山といえば、保津川沿いから四季折々の景色が楽しめる「トロッコ列車」ですよね。
これからの紅葉の時期は日本人だけでなく、海外の方も大注目もスポットです。
一足早いですが、トロッコ列車に乗って来ました^^

さん
更新日:
閲覧数
1523
お気に入り
0

トロッコ嵯峨駅

トロッコ嵯峨駅

こちらのトロッコ嵯峨駅がトロッコのスタート地です。
隣にはJR嵯峨嵐山駅もありアクセス抜群です。

トロッコ嵯峨駅トロッコ嵯峨駅

トロッコ列車は9:00〜17:00間に1時間に1本運行しています。
今回は当日券を購入したため、乗車する予定の時間帯の指定席は既に満席でした泣
紅葉の時期は指定席希望の方は前売り券を購入することをお勧めします。
またどうしても当日購入の方は早朝各駅で販売するチケットを購入しましょう。
今回は帰りの時間帯も満席でしたのでここから亀岡までの片道券を購入(620円)しました。

トロッコ嵯峨駅トロッコ嵯峨駅トロッコ嵯峨駅

さて、乗車時間まで後30分ほど。駅内を散策してみるとジオラマ京都JAPANの前にミニジオラマを発見。
100円で運転できるらしいのでやってみました!

トロッコ嵯峨駅

操作はとっても簡単。レバーをメーターに合わせて回すだけ。
これでスピード調整とブレーキアクセスが操作できます。
電車待ちのお子さんも喜ぶこと間違いなし(^^)

トロッコ嵯峨駅トロッコ嵯峨駅トロッコ嵯峨駅

作りがかなり細かい!ちなみに3種類ほどある列車の中から選ぶことができます。
有料ですがジオラマ京都JAPANの中はもっと広く細かいジオラマの世界が広がっていました!

トロッコ嵯峨駅

さて乗車時間になったのでホームへ。
ホームは大混雑しているので足元に要注意です。
ハリー●ッターに登場しそうなトロッコがやって来ました!
みなさん大興奮!一斉にシャッターを切ります!笑

トロッコ嵐山

車両は1〜5両あり1枚目のお写真は4号車の様子です。
L時型のシンプルな座席は色合いや小さな傷から歴史を感じます。
3枚目の写真は当日券のみ発売のプレミア席で床まで透けているスリル満点の車両です。
さて、いよいよ出発です!

トロッコ嵐山

走り出して3分ほどで2駅目、竹林の中にある嵐山駅に停車します。
ここから一気に人は増え、車内はいっぱいに。
台風から一夜明けたこの日は保津川のラフティングも中止となり見えずでしたが、少し色づいた渓谷が美しい!
保津川のラフティングも参加したことがありますが、大自然の中で川を下ったり、ボートから川に飛び込んだりとスリル満点で楽しいです。
関西からは日帰りで楽しめるのでお勧めです♩

トロッコ保津峡駅

トロッコ保津峡駅トロッコ保津峡駅

しばらく走ると並んだタヌキが可愛らしい「保津峡」へ到着です。
一時停車した際には美しい鐘の音がなります^^
1km先のJR保津川駅まで続くハイキングコースは流れる川の音を聞きながら美しい渓谷を眺められるとあって海外の方にも人気です。

トロッコ嵐山

台風の後の保津川は濁ってはいますが、少し色づいた渓谷は美しくいつまででも眺めていられます。
座席のお客さんは車内で駅員さんが記念撮影をしてくれるのでそのまま車内にて購入可能です♩

トロッコ嵐山

いくつかトンネルを抜け、赤い鉄橋が見えてくれば、そろそろ終点の亀岡駅が近づいて来た証拠です。
走行時間は嵯峨駅から亀岡駅まで約20分間ですが、あっという間に感じます。

馬堀駅

馬堀駅

片道乗車の人の多くの場合は亀岡駅から1km離れたJR馬堀駅まで歩いて向かいます。
のんびりとした田園風景が続く景色も和みます。笑
年中人気のトロッコ列車ですが桜の季節と紅葉の季節は大混雑します。
指定席に座りたい方は前売り券を購入して乗車してみてくださいね♩
詳しくはHPをご確認ください。
【HP】https://www.sagano-kanko.co.jp/index.php

このプランのマップ

0
ライター紹介
大阪に住み着いた、自由でないと生きられない「お散歩ハンター」
Line pc bottom