リアルな遊びをプロデュース

山谷(ドヤ街)・吉原(遊郭)をお散歩 ディープな東京社会見学【土手の伊勢屋、丸千葉、吉原神社、泪橋】

175715
2014/10/26
4
山谷(ドヤ街)・吉原(遊郭)をお散歩 ディープな東京社会見学【土手の伊勢屋、丸千葉、吉原神社、泪橋】
野口 武野口 武

日雇い労働者があつまる山谷(さんや)、かつて遊郭があった吉原(よしわら)をめぐる社会見学プランです。ちなみに今は、山谷、吉原という住所は存在しません。天丼の名店「土手の伊勢屋」、最高峰の大衆居酒屋「丸千葉」、こだわりの自家焙煎コーヒー「バッハ」など、粒ぞろいのお店がそろいます。多くの学びがある場所です。

このプランのマップ

三ノ輪駅

東京メトロ日比谷線の三ノ輪駅から15分ほどあるくと、ジョーの人形が!商店街「いろは会ショップメイト」のすぐ近く。浅草からも歩けます。

三ノ輪駅
場所:東京都台東区根岸5丁目19−10
土手の伊勢屋土手の伊勢屋

そこから数10m先に、天丼の名店「土手の伊勢屋」があります。いつも行列ができている人気店。

1時すぎで、タイミングがよく、それほど並ばず入れました。お店の雰囲気も年季が入っていてなかなか良いです。

土手の伊勢屋土手の伊勢屋

どんぶりをはみだしてます! 天丼は、(イ)1400円、(ロ)1900円、(ハ)2300円の三種類。ロにはプラス穴子天、ハにはさらに芝エビのかき揚げがつきます。

フタをあけると、こんな感じです。こちらは(ハ)。おみそ椀は150円。なかなか食べごたえがあります。

土手の伊勢屋
場所:東京都台東区日本堤1-9-2
アクセス:三ノ輪駅から722m
営業時間:午前11時〜午後2時30分 定休日:水曜日、第4週火曜日 ランチ営業
吉原神社吉原神社

食後は、吉原の界隈を社会見学。まずは吉原神社を目指しましょう。

吉原神社では、かつての吉原の地図が見られます。昔は堀で囲まれ、ひとつの街のようでした。ただの歓楽街ではなく、風流に通じ、教養のある人しかいけない場所でもありました。

吉原神社
場所:東京都台東区千束3-20-2
アクセス:三ノ輪駅[1b]から徒歩約10分
吉原パーキング

現在の吉原の歓楽街。近づくと、お店の方の呼び込みに合います。住所は千束(せんぞく)3丁目、4丁目あたり。

吉原パーキング
場所:東京都台東区千束4丁目42−6
アクセス:三ノ輪駅[1b]から徒歩約9分
吉原大門

元来た道を辿ってもどります。吉原大門の交差点からは、東京スカイツリーが見られます。

吉原大門
場所:東京都台東区千束 吉原大門交差点近く
アクセス:三ノ輪駅[3]から徒歩約10分
いろは会商店街振興組合いろは会商店街振興組合いろは会商店街振興組合いろは会商店街振興組合

「いろは会ショップメイト」にもどってきました。「あしたのジョーのふるさと」の横断幕。この商店街では、ホームレスの姿が多く見受けられます。

シャッターが閉められた店が多いですが、いくつかは営業しています。落書きや朽ち果てた遊具などがあります。

いろは会商店街振興組合
場所:東京都台東区日本堤1丁目18−7
アクセス:南千住駅[日比谷線南口]から徒歩約8分
日本堤交番

山谷の界隈をパトロールする交番です。通常の交番よりも大きいことから、通称マンモス交番とよばれます。

日本堤交番
場所:東京都 台東区 日本堤1丁目24番13号
アクセス:南千住駅から徒歩10分
山谷 ドヤ街

日雇い労働者のための宿がたくさん並ぶドヤ街。1泊2200円くらいです。移動手段の自転車もたくさん止まっています。ドヤ街はこのあたりを中心に、結構広いエリアに広がっています。

カンガルーホテル

最近はバックパー向けのおしゃれな宿も増えています。こちらは1泊3300円です。ドヤ街とは宿(ヤド)を逆さにした通称の呼び方です。

カンガルーホテル
場所:東京都台東区日本堤1-21-11
アクセス:南千住駅[日比谷線南口]から徒歩約9分
丸千葉丸千葉丸千葉丸千葉

山谷にある名店「丸千葉」。こちらは14時から営業しています。丸千葉店内。開店直後からいっぱい。団体は入れないみたいです。

煮込み450円。シロやフワなど、モツのいろいろな部位が入っています。

あん肝、しめ鯖、鴨焼きなど、おいしくて安い料理がたくさん。だいたい500円前後くらい。

丸千葉
場所:東京都台東区日本堤1-1-3
アクセス:南千住、三ノ輪から徒歩15分浅草駅から徒歩25分 南千住駅から864m
営業時間:14:00〜21:00 日曜営業
バッハ

丸千葉に入れなかったら、こちらでちょっと時間つぶし。知る人ぞ知る自家焙煎コーヒーのお店。自家製パンもおいしい。 営業8:30-19:00

バッハ
場所:東京都台東区日本堤1-23-9
アクセス:地下鉄日比谷線 南千住駅から徒歩10分 南千住駅から778m
営業時間:8:30〜20:00(L.O.19:45) 朝食営業、ランチ営業、日曜営業
泪橋ホテル

かつて泪橋(なみだばし)があった場所は、今は交差点です。あしたのジョーでは、丹下段平のジムが泪橋の下にある設定でした。

泪橋ホテル
場所:東京都台東区清川2丁目38−12
アクセス:南千住駅[日比谷線南口]から徒歩約5分
三ノ輪橋駅

帰りは、都電荒川線のチンチン電車にゆられて、のんびりと落ち着きながら帰るのもおすすめです。

野口 武
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
上野・浅草・秋葉原×おでかけ・散歩のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。