リアルな遊びをプロデュース

冬の西荻窪デート!サブカル女子がときめく古民家ブックカフェでまったり読書

1442
2018/12/10
22
冬の西荻窪デート!サブカル女子がときめく古民家ブックカフェでまったり読書

こんな人におすすめ

・サブカル女子、またはその彼氏
・お散歩デートが好きな人
・ちょっと変わったデートがしたい人
近藤 ライト近藤 ライト

じわじわと女子の注目を集めつつある街、西荻窪。真冬の雪が積もる中、半日デートしてきた。エディブルフラワーのクッキーを買い、穴場の公園や花屋を巡り、最後はおしゃれなブックカフェでまったり過ごすという、のんびりお散歩したいカップルにおすすめのデートプランだ。

このプランのマップ

cotito ハナトオカシト

住みたい街ランキング常に上位の吉祥寺。そのお隣の、少々マイナーな駅、西荻窪。
みなさんはニシオギと聞いて、何かパっと思い浮かぶだろうか?
おそらく、あまり馴染みのない人は思い浮かばないであろう。

しかし最近、「ブックカフェの聖地」の異名を持つなど、サブカル女子に人気の街となりつつあるようだ。
そんな西荻窪を楽しむべく、冬の半日デートへレッツゴー!

cotito ハナトオカシトcotito ハナトオカシト

13:00
JR西荻窪駅(北口)から歩いて10分。
cotito ハナトオカシトという、変わった名前のお店にやってきた。
cotitoとは古語で「わたしたち」という意味だそう。

外観も内装も、ネイチャーな感じだ。
その名の通り、お花とお菓子を売っているお店。
カフェスペースもあり、ケーキやクッキープレートが食べられる。

cotito ハナトオカシトcotito ハナトオカシトcotito ハナトオカシト

今回のお目当てはこれ!
エディブルフラワー (食べられるお花)を使ったハナサブレ!
通常のものは各250円、ホワイトチョコがかかっているのはもうちょい高めだったが値段を失念。
味やお花の色で、好きなものを選ぼう。

cotito ハナトオカシトcotito ハナトオカシト

家に持って帰って撮影したものがこちら。
インスタ映えも狙えるし、ちょっとしたお土産なんかにもきっと喜ばれるぞ!

cotito ハナトオカシト
場所:東京都杉並区西荻北5-26-18
営業時間:[月~金]11:00-18:00(LO17:30) [土日祝]11:00-19:00(LO18:00) 日曜営業
善福寺公園善福寺公園

14:00
ゆっくりお散歩しつつ訪れたのは善福寺公園。

行けばわかるが、池があったり遊歩道があったりして、井の頭公園のような雰囲気だ。
ただしこちらの方が人が少なく穴場なので、まったりしたい場合はニシオギに行こう。

この日は池も凍っていて、雪が積もっていた。
冬の公園デートは雪合戦をしたり、ブランコで遊んだりしよう。
大人になってから乗るブランコは意外と気持ち良いぞ!

善福寺公園
場所:東京都杉並区善福寺2・3丁目
エルスール

15:00
公園でたんまりはしゃいだあとは、地元民がこぞっておすすめしている花屋、エルスールへ。
外観からすでにワクワク!

エルスールエルスール

思わず写真に収めたくなる光景。

店内の写真は割愛するが、どのお花が良いか迷っていると、スタッフさんが話しかけてくれ、いろいろと丁寧に教えてくれた。
こういうところが地元の人に愛されているポイントなんだろうなぁ。

エルスール
場所:東京都杉並区西荻南3丁目4−6
松庵文庫松庵文庫

15:45
ちょっと歩いて、松庵(しょうあん)という地名のエリアにやってきた。
日も暮れ、寒くなってきたので、住宅街に急に現れる古民家ブックカフェ、松庵文庫に入ることに!
外観から暖かさが伝わってくる。

松庵文庫松庵文庫松庵文庫松庵文庫

玄関で靴を脱いで、スリッパで入る。
店内はどこかノスタルジックな雰囲気。
いろいろなタイプの席があり、好きな本を手に取りながら、お茶を楽しめる。
この日はカップルが多かったので、デートに最適のスポットだ。

ちなみにお庭にある植物はツツジ。
春になるとツツジ目当てに訪れるお客さんもいるんだとか。

松庵文庫松庵文庫松庵文庫松庵文庫

雪で冷えた体を温めよう。
ということで、アップルクランブル(680円)とフレーバーティーをを注文。
アップルクランブルは、アイスと焼きリンゴのコントラストが抜群にマッチして美味い!
フレーバーティーは3種類あり、緑茶にいちごを混ぜたりと、変わった組み合わせのドリンクとなっている。
香りも良く、リラックスするにはもってこいだ。

松庵文庫松庵文庫松庵文庫

古い本もあれば、暮らしや料理、旅にまつわる本などもあり、好きな人はすっごい好きなジャンルの本ばかりだ。

とにかく、ほっこりするすてきな空間なので、西荻窪でデートする際は、デートプランに組み込んでほしい場所だ。

今回のプランはこれで終わりだが、夜の西荻窪もまた魅力があるので、居酒屋やバーなどに行って、中央線カルチャーを満喫してみては?

松庵文庫
場所:東京都杉並区松庵3-12-22
営業時間:[水〜日] 11:30〜18:00(L.O.17:30) ランチ営業、日曜営業
近藤 ライト
PLAYLIFE編集長。千葉県松戸市在住。下町が好きな「シタマチスト」であり、過酷な地方旅が好きな「旅サイコパス」でもある。 千葉・中央線(特に高円寺)・上野・秋葉原が得意。
荻窪・西荻窪・武蔵境×デートのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。