リアルな遊びをプロデュース

【東京都・港区・無料児童福祉施設シリーズ】青山児童館で遊ぼう!学ぼう!

児童館とは、児童福祉法第40条に規定されている児童福祉施設(児童厚生施設)をさし、地方自治体や民間団体、民間企業などによる様々な団体で運営されていますが、子どもの健全育成・子育て支援・地域の子育て環境づくりという共通の機能を持っています。
厚生労働省の下、補助や制度を設けられ子どもたちへの空間として無料で提供されています。

冷暖房完備なので暑い夏、寒い冬でも子供たちは思いっきり遊べます。スタッフの方もいるので親子で安心してのびのびと過ごせます。

児童館は、対象年齢は0~18歳です。
未就学児は保護者同伴でご利用ください!

親子でのお友達作り、楽しい体験など新しい発見の児童館へ行ってみませんか?

さん
更新日:
閲覧数
2117
お気に入り
0

港区立青山児童館

港区立青山児童館港区立青山児童館

創立50年をこえる、港区で最初にできた児童館です。
表参道駅から徒歩6分、ちぃばす南青山三丁目交差点から徒歩2分とアクセスがよく、平日は午前10時~午後18時まで、土曜日は午前9時~午後17時まで開館しています。

地下鉄表参道駅からはB3出口にエレベーターがあります。

[アクセス詳細はこちら](http://www.city.minato.tokyo.jp/kodomo/kodomo/kodomo/shienshisetsu/08/access.html)

港区立青山児童館港区立青山児童館港区立青山児童館

青山児童館では玄関に入って右手に事務室があり、こちらで来館名簿に名前を記載し入館します。
初めて利用する場合は、事務室で登録をします。
事務室の方々は優しく丁寧に説明してくださるのでなんでも伺えます!

乳幼児親子専用ルームのプレイルーム以外は土足です。

玄関突き当りの左手にベビーカー置き場があります。

自転車置き場もあるそうです。

港区立青山児童館港区立青山児童館

先ずは1階から。
1階には広い遊戯室があり、ドッジボールや一輪車、縄跳びやマット遊びなど貸し出しがあるので広々と遊べます。

真夏に息子たちはこちらでサッカーを楽しんでいました!

港区立青山児童館港区立青山児童館港区立青山児童館

トイレは各階にあります。
半世紀以上前の建物ですがトイレは綺麗かつ子供目線。
子供用便座付き、子供の身長に合わせた手洗い、おむつ替えシート付トイレと充実しています。

節電のため、トイレを使用しないときは消灯しています。
トイレを出るときは消灯確認しましょう!

港区立青山児童館港区立青山児童館港区立青山児童館港区立青山児童館港区立青山児童館

2階の階段を上がって右手にプレイルームがあります。
子ども10人ほどが遊べる広さではありますが小さな滑り台やおむつ交換台、授乳スペース、おもちゃもたくさんあります。

飲食もできますので赤ちゃんが遊びたい時間、目一杯遊ばせてあげられます。

しっかり楽しませてもらった後は、赤ちゃんと一緒にお片付けして、おむつやごみは忘れず持ち帰りましょう!

港区立青山児童館港区立青山児童館

2階の突き当りには、集会所があります。

卓球台、ボードゲーム、ピアノがあり、飲食もできます。

テーブルゲームなど事務室で借りてきて、こちらで遊べます。

港区立青山児童館港区立青山児童館

3階には図書室があります。

本、絵本、漫画、紙芝居があります。
私がお邪魔したときは書庫の整理が行われていましたがこちらもスタッフの方が快く接してくださり色々撮影させていただきました!

ソファ席、テーブルもあるのでゆっくり読書ができます。

本は一人5冊まで、2週間借りられます。

港区立青山児童館港区立青山児童館

3階突き当りは学童クラブ室です。
学童クラブに入会した子どもたちの専用室です。

平日の午前中だったので子供たちの姿はありませんでしたが、椅子が整然と並べられ清潔なクラブ室は午後からの子供たちの笑い声が響くのを静かに楽しみに待っているようでした。

港区立青山児童館港区立青山児童館港区立青山児童館

館内のいろいろなところにある掲示板には子育て情報がたくさん掲示され参考になります。
また、いろいろなイベントが行われていますのでぜひチェックしてみてください。

港区には12か所児童施設があるそうです!

このような充実で安全な青山児童館へ学校から直接来館することも可能です。

一度帰宅せずランドセルのまま来館できる詳細はこちら(http://www.city.minato.tokyo.jp/kodomo/kodomo/kodomo/shienshisetsu/08/index.html)

港区立青山児童館

施設の運営が自治体の直営もあれば、民間に委託運営していたりと各自治体によって、運営方法も呼び名も変わる無料開放の児童福祉施設。
更に地方自治体により担当部署名やホームページ構成も全く違います。

そのためなかなか検索しづらくて詳細が掴めず、広く周知されていないのが現状のようですが知らないと絶対にもったいない空間です!

子どもたちの安全な憩いの場所はこんなに近くにありました!

これからもどんどん全国のおすすめ児童福祉施設を分かりやすく詳細まで紹介していきたいと思っています!

早速週末に、手ぶらでも、お弁当を片手にでも、ご家族で行ってみませんか?

このプランのマップ

0
ライター紹介
美味しいもの楽しいもの大好き3児の母。福岡・沖縄・京都・ロンドン・東京生活での経験を生かした情報を発信したいです。
Line pc bottom