リアルな遊びをプロデュース

葛飾 柴又&亀有 下町お散歩 最強のつけ麺と温泉【帝釈天、矢切の渡し、つけ麺道、やざ和、大谷田温泉】

葛飾区の寅さんでお馴染みの「柴又」と、こち亀で知られる「亀有」をめぐるプランです。究極のつけ麺、または、おそばをいただき、ゆったりくつろげる温泉を楽しめます。元葛飾在住者がおすすめする、てっぱんのお散歩コースです。初詣にも最適です。ややハードなコース設定なので、「柴又」と「亀有」別々の日に訪れるのもありです。

さん
更新日:
閲覧数
67907
お気に入り
5

柴又駅

柴又駅

葛飾区の良いところをめぐっていくプランです。まずは柴又駅にやってきました。まずは寅さんと記念撮影!

帝釈天参道

帝釈天参道

帝釈天に向かって参道を歩いていきます。だんご屋さんやお土産屋さん、川魚料理の店などが並びます。

高木屋老舗

高木屋老舗

参道の途中にある、高木屋さんで名物の草団子と焼き団子をいただきます。海苔がついた磯おとめもあり。1本140円。寅さんともゆかりのあるお店。
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13018079/

帝釈天参道

帝釈天参道帝釈天参道帝釈天参道

柴又 帝釈天でお参りします。1629年に創建された日蓮宗のお寺です。

これを見ずに帰る人が多いですが、帝釈天にきたら、彫刻ギャラリーを見て、庭園散歩を楽しみましょう。拝観料400円。

山本亭

山本亭

帝釈天からちょっと歩いた場所にある、素敵な庭が見られるお屋敷。入館料100円。ここで喫茶もできます。寅さん好きならすぐ隣の寅さん記念館へ。

矢切の渡し

矢切の渡し

土手を越えて、江戸川へ。江戸時代初期、幕府が設けた渡し場のひとつ「矢切の渡し」があります。都内に残るのはここだけ。片道200円。

金町浄水場取水塔

金町浄水場取水塔

金町浄水場の方へ、土手を進んでいくと取水塔が2つ。こちらは1941年に作られたトンガリ帽子。隣の丸屋根は1964年に作られたもの。レトロでいい雰囲気。寅さんにも登場。

柴又駅

柴又駅

柴又駅にもどってきました。寅さんがお見送り。ここから亀有駅に移動します。移動時間は約10分程度です。

金町駅(東京都)

金町駅(東京都)

柴又駅から京成金町駅へ、そこから徒歩で金町駅に移動。JR常磐線代々木上原行きに乗って、亀有駅で降ります。

亀有駅

亀有駅亀有駅亀有駅

亀有駅に到着。今度は、こち亀の「両さん」像がおでむかえ。他に「麗子」「中川」など14体の「こち亀」像が亀有の町にはあります。

つけ麺 道

いつも行列ができているこの店が、東京最強つけ麺のお店、「道」です。並んでも食べたい一品。

モチモチのつけ麺と、フルーツ酢の入った濃厚あっさりスープ、3種のチャーシューの最強の組み合わせ。日替わりの薬味で、後半は別の味わいでいただけます。月、火は、つけ麺提供なし。

吟八亭 やざ和

吟八亭 やざ和

つけ麺はちょっと、という人はこちらへ。最強のおそばがいただけます。

田舎せいろ 1000円 (1日20食限定)。厳選された玄そばを使用した、香り良く、喉越し絶妙なおそば。しっかりとした歯ごたえもあります。亀有駅南口から徒歩6分の場所にあります。

大谷田温泉 明神の湯

大谷田温泉 明神の湯大谷田温泉 明神の湯大谷田温泉 明神の湯

食事を済ませたら、お次は温泉へ。亀有駅からバスにのります。有25[葛飾車庫行]か有27[西水元循環]で10分、「大谷田」バス停下車徒歩約1分です。

内湯のひばのお風呂。少し茶色っぽい、ぬめりのある温泉です。平日900円、土日祝1200円。営業時間10:00-24:00。

自然あふれる露天風呂です。「あつ湯」「ぬる湯」「寝湯」3種のお風呂が楽しめます。

このプランのマップ

5
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom