日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース22,139
月間利用者数400万人以上

【子連れ・博物館】無料!「水素情報館スイソミル」で全力科学体験しよう!

4042
2018/04/10
【子連れ・博物館】無料!「水素情報館スイソミル」で全力科学体験しよう!

2016年に開館した水素情報館スイソミルで再生可能エネルギーを学ぼう!
小学生や未就学児も楽しめるイベントが目白押しなのでスケジュールをチェックして行きましょう!

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。
水素情報館 東京スイソミル水素情報館 東京スイソミル

スイソミルは東京都子会社の東京都環境公社が運営する水素エネルギーを学べる体験型施設です。

受付でクリアファイルに入った施設案内をもらって水素について学び始めます。

一階には水素エネルギーについて壁いっぱいの説明や、自分の顔写真付きのカードが作れる子供たちの人気コーナーがあります!

水素情報館 東京スイソミル水素情報館 東京スイソミル

一階の入り口から入って左手に受付があり、ベビーカーを預かってもらえます。

館内にエレベーターはありません。
二階建ての施設です。

水素情報館 東京スイソミル水素情報館 東京スイソミル

一階で学んだ後に二階でいざ体験。
水素エネルギーで走る車にディスペンサーで水素を入れてみたり、模型では水素エネルギーでの生活風景を目で見れるのでイメージがわきます。

水素情報館 東京スイソミル水素情報館 東京スイソミル水素情報館 東京スイソミル

様々なイベントがありますが、今回は水素2つと酸素1つで水ができる、などそれぞれの物質をくっつけると新しい物質ができる、という分子キーホルダーを作るワークショップに参加しました。

グルーガンを使うので火傷に注意しつつ子供たちはいろんな元素を選び分子を作りました。

お持ち帰り用にスタッフの方がラッピングしてくれます!

水素情報館 東京スイソミル水素情報館 東京スイソミル水素情報館 東京スイソミル

自転車をこいで電気を起こし、水を酸素と水素に分解します。

見えますか?
上が自転車をこぐ前、下が自転車をこいで発電した電気で水が分解されたので、水が減り酸素と水素が増えました!

目に見えるのは面白いです!
そしてなかなかの運動です。

水素情報館 東京スイソミル

自分が作った水素を見るのは嬉しいようで疲れなんて忘れて見入っています。

この水素を注射器で吸い上げて、、

水素情報館 東京スイソミル水素情報館 東京スイソミル水素情報館 東京スイソミル

水素ラジコンカーに重鎮します。
するとラジコンカーが走り出します。

自分が作った水素がなくなるまで車が動くのは面白い!
また自転車をこいで水素を作って車を走らせていました。

スタッフの方々が丁寧に説明してくれるので水素のことがよく分かります。

水素情報館 東京スイソミル水素情報館 東京スイソミル水素情報館 東京スイソミル

水素関係の書籍コーナーもあります。

元素を人に例えて一つ一つ書いてあるこの本は、元素がキャラクターになっているので身近に感じられ、化学の授業の前に読みたかったです!

ここで楽しく体験した感覚をもち、実際に教科として学校で学ぶとより興味深さが増しそうです。

水素情報館 東京スイソミル

一階の玄関の左手に喫茶スペースがあり、こちらで飲食可能です。

トイレにオムツ替えシートもあり、施設も新しく雨の日でも子連れにおすすめです。

知識も増え身体も動かせお土産付きなので子供たちに、早くまた行きたい!とリクエストされました。

子連れ無料おすすめスポットです!

水素情報館 東京スイソミル
場所:東京都江東区潮見1-3-2
アクセス:JR潮見駅より徒歩8分、東京メトロ辰巳駅より徒歩20分
営業時間:開館時間: 9:00~17:00 (入館は16:30まで)
Asuka Yamada
美味しいもの楽しいもの大好き3児の母。
お台場・豊洲×おでかけ・散歩のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。