リアルな遊びをプロデュース

【鎌倉さんぽ】桜もいいけど、梅もいいね!早春の鎌倉 隠れ癒しスポット 浄妙寺♪

いつ訪れてもたくさんの観光客で賑わっている、古都・鎌倉。
四季折々で様々な姿を見せてくれます。
紫陽花や紅葉で有名な鎌倉ですが、意外に梅の名所もたくさんあります。

今回紹介するのは、鎌倉の中でも、隠れた癒しスポット的な、浄妙寺の紹介です。

さん
更新日:
閲覧数
358
お気に入り
1

浄妙寺

浄妙寺浄妙寺

鎌倉には、たくさんの寺社があります。
大仏や長谷寺、そして、鶴岡八幡宮など、1日では回りきれないほどです。

特に人気エリアは、休日ともなると、人、人、人…
歩くのもままならない状態です。(ーー;)

でも、一歩外に出ると、びっくりするくらい、静かな所が。
しかも、冬の鎌倉をゆっくりと堪能できる、隠れ家的な場所がこちら、浄妙寺になります。

<浄妙寺>
・住所   〒248-0003 神奈川県鎌倉市浄明寺3-8-31
・電話   0467-22-2818
・時間   9:00~16:30
・拝観料  100円
・アクセス JR鎌倉駅東口から京浜急行バス・金沢八景駅行き乗車浄明寺下車徒歩2分

浄妙寺

浄妙寺は、鶴岡八幡宮より朝比奈IC方面に向かう、金沢街道沿いにあります。
鎌倉駅からバスに乗り、「浄明寺前」で下車。
多くの方は、竹の寺で有名な報国寺へと向かいます。が、こちらのお寺は、道を挟んで反対側へ…。

浄妙寺

こちら「浄妙寺」は、鎌倉五山の第五位。
鎌倉幕府の重臣、足利義兼(あしかがよしかね)が1188年(文治4年)に建てられ、かつては多数の塔頭を有した大寺院でした。

代々足利家の菩提寺であり、本堂裏手の墓地には、足利尊氏の父である貞氏の墓と伝えられる石塔があります。

背後の稲荷山は、藤原鎌足が鎌を埋めたという伝承があり、「鎌倉」の語源になったという説もあります。

浄妙寺浄妙寺浄妙寺

やはりこの時期の見どころは、「梅」でしょうか…
鎌倉は、お花で有名なお寺がたくさんあり、「梅」の名所も数多くあります。
こちらの浄妙寺もそのひとつ。
どっしりと構える本堂とのコラボが最高です。

この日は、紅梅、白梅、ロウバイが咲いていて、紅白の梅は、これからが見頃を迎えるようです。

喜泉庵

喜泉庵喜泉庵喜泉庵

そして、こちらに訪れたら、ぜひ、こちらにも寄っていただきたい、それが、茶堂「喜泉庵」です。
お寺でお茶?と思われるかもしれませんが、ここ鎌倉ではお寺でお茶をいただけるお茶処がいくつかありまして、そのうちの一つがここ、喜泉庵です。
お茶受けには、鎌倉で随一とも言われる和菓子屋「美鈴」の上生菓子(お抹茶と上生菓子1000円)を、一緒にいただくことができます。

枯山水のお庭を眺めつつ、「水琴窟」の涼やかな音色を聴きながら、ゆったりとした時間を過ごすのは、極上の癒しではないでしょうか。

よねこベーカリー

よねこベーカリー

もうひとつ。
浄妙寺近くにある、こちらのお店、「よねこベーカリー」。
レトロな外観が気になる、小さなパン屋さんです。
こちらで買えるのは、米粉を使ったパン。オススメは”ちくわパン”だとか…。手作り感満載の焼き立てパンがショーケースに並んでます。
お値段も良心的なので、お散歩の途中に、お土産として、買ってみてはいかがでしょう?

このプランのマップ

1
ライター紹介
綺麗な景色と美味しいご飯が大好物!カメラを片手にお出かけします♪ こっそりと「御朱印ガール」やってます。
Line pc bottom