リアルな遊びをプロデュース

【千葉・勝浦】圧巻!およそ30,000体のお雛様がお出迎え♪勝浦ビックひなまつり(イベント情報あり)

2001年から始まり、今年で18回目になる、「勝浦ビックひなまつり」
徳島県勝浦町から、ひな人形約7000体を”里子”として譲り受けたことが、始まりのきっかけでした。

この時期は、勝浦市内がお雛様でいっぱいになります。
見どころいっぱいのビックひなまつり!それぞれのイベント会場を紹介します♪

さん
更新日:
閲覧数
1330
お気に入り
0

遠見岬神社

遠見岬神社

ビックひなまつりの一番の見どころはやはりこちら!
遠見岬(とみさき)神社の階段です。
神社の石段60段に、約1,800体のお雛様が飾られます。
これは、毎日、地元の方の協力で、すべて並べられています。
ちなみに、雨の日は、出されないとの事。
行かれる場合は、必ず、お天気をチェックしてくださいね!

夕暮れからは、ライトアップもされます。
また、違った雰囲気のお雛様も楽しめます。

『2018かつうらビックひなまつり』

【平成30年2月23日(金)~平成30年3月4日(日)】

詳しい情報はこちら http://www.katsuura-sanpo.com/news/post-15821/

覚翁寺

覚翁寺

こちらは、覚翁寺前の様子。
ここもなかなか見応えがある、お雛様の数です。
ここも雨天中止ですので、気を付けてくださいね。

10段飾りの特設ひな段で、約600体のひな人形が飾られます。

勝浦中央商店街

また、商店街のあちらこちらで、たくさんのお雛様が飾られており、道行く人を楽しませてくれます。

それぞれのお宅や商店が、思考を凝らし、暖かいおもてなしをしてくれていて、改めて、地域のつながりを感じます。

勝浦市芸術文化交流センター

勝浦市芸術文化交流センター

そして、圧巻なのが、こちら!
勝浦市芸術文化交流センター【Küste(キュステ)】 なんです。

こちらは、入館料300円(中学生以下無料)なんですが、それを払っても見る価値あり!
館内には、8,000体のひな人形が飾られておりまして、特に、ホールには6,000体が並び、その様子はまさに息を飲む素晴らしさです。

それだけではなく、館内には江戸時代・明治時代などの貴重はひな人形も飾られており、まさに博物館のようです。

そして、会場に訪れる際、気になるのは駐車場問題ですが、遠見岬神社のあたりでは、ほぼ、駐車場はありません。
なので、指定されている駐車場から、メイン会場の遠見岬神社の近くまで、シャトルバスで向かいます。

私のオススメは、こちらのセンターです。
午前中、早めであれば、停められますので、ぜひ、こちらから向かってくださいね。
曜日や時間によっては、こちらのセンターで、味噌汁のサービスや地元食材の直売もやってますので。
勝浦を満喫できること、間違いなしです!(#^.^#)

わか菜

わか菜

そして、ビックひなまつりで楽しんだあとは、やっぱり、海の幸を食べたいよね?
本当なら、勝浦で食べたいところですが、お祭りの間はなかなか難しいので、我が家は鴨川まで車を走らせます!

鴨川には、「おらが丼」というご当地グルメがあり、地元の食材を使った丼があります。
この日チョイスしたのは、「わか菜」というお店。
こちらのおらが丼は、「海女さんご膳 1,780円。」
品数豊富なネタのびっくり丼で、手打ちそば・カニ汁・小鉢つき。
これひとつで、鴨川の海鮮をまるごといただいちゃえます!(^_-)-☆

勝浦までお出かけの際は、ぜひ、鴨川にも足を延ばしてみてくださいね。

このプランのマップ

0
ライター紹介
綺麗な景色と美味しいご飯が大好物!カメラを片手にお出かけします♪ こっそりと「御朱印ガール」やってます。
Line pc bottom