日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,832
月間利用者数400万人以上

【しおざわ雪譜まつり パート2】 江戸時代から伝わるひな人形を愛でて、地歌舞伎を楽しむ

2585
2018/02/28
【しおざわ雪譜まつり パート2】 江戸時代から伝わるひな人形を愛でて、地歌舞伎を楽しむ

毎年2月3週の土曜日に行われる新潟県南魚沼市で開催される「しおざわ雪譜まつり」は、2018年で34回目を迎えました。山伏の風習が現在も息づく、この地ならではのお祭りを紹介します。パート2は、ひな飾りと地歌舞伎の様子です。

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。
三国街道塩沢宿 牧之通り三国街道塩沢宿 牧之通り三国街道塩沢宿 牧之通り三国街道塩沢宿 牧之通り

「しおざわ雪譜まつり」の会場となるのは、塩沢駅からすぐの「牧之通り」のそばです。このお祭と、通りの名称は、雪国のくらしを書いた『北越雪譜』と、その著者である鈴木牧之からきています。

三国街道塩沢宿 牧之通り
場所:新潟県南魚沼市塩沢
アクセス:塩沢駅[出口]から徒歩約5分

中島利七商店

しおざわ雪譜まつりの日(2月3週の土曜)から、4月上旬まで行われる「ひな雪見かざり」も目玉のひとつ。牧之通りを中心に、約60軒のお店や民家に飾られたひな人形を見ることができます。こちらは牧之通りにある中島利七商店さんに飾られたひな人形です。

三国街道塩沢宿 牧之通り三国街道塩沢宿 牧之通り三国街道塩沢宿 牧之通り

牧之通り近くのお祭り会場には、たくさんの屋台が立ち並びます。ドラム缶で焼き芋を作っているお店もありました。

三国街道塩沢宿 牧之通り三国街道塩沢宿 牧之通り三国街道塩沢宿 牧之通り三国街道塩沢宿 牧之通り

巨大かまくらが2つ、会場につくられています。寒いときは、かまくらの中に入るとしのげます。関係者の話によると、お祭りの当日に作ったとか。焼いたおもちが、無料でくばられていました。

三国街道塩沢宿 牧之通り
場所:新潟県南魚沼市塩沢
アクセス:塩沢駅[出口]から徒歩約5分
鈴木牧之記念館鈴木牧之記念館鈴木牧之記念館

会場すぐそばにある鈴木牧之記念館は、お祭りの日は無料。江戸でベストセラーとなった『北越雪譜』の著者である鈴木牧之は、1770年に塩沢の生まれた人物。牧之の家は、越後上布で財を成した商家でした。

ここでは鈴木牧之や、越後上布などが展示されています。雪国の衣装をまとっての撮影も記念になります。この近辺では、2月中旬から3月下旬に染めた布を雪の上にしく伝統的な「雪さらし」も行われます。

料金:大人:500円、団体(20名以上)400円、小・中・高校生:250円、団体(20名以上)200円
時間:9時~16時30分
休館:火曜※祝日の場合は翌日休、年末年始、冬期休館1月4日~中旬

鈴木牧之記念館
場所:新潟県南魚沼市塩沢1112-2
アクセス:塩沢駅[出口]から徒歩約5分
営業時間:9:00〜16:30(入館は16:00まで)

お米の楽校

牧之通りにある「お米の楽校」にも足をのばしました。コシヒカリのことがいろいろと詳しくわかります。コシヒカリも販売しています。

営業:10:00~16:00
定休日:なし

お米の楽校

こんなユニークな展示もありました。昔の人は、30キロある米俵を、女の人が6個かついでいたらしいです。1つ持つのもきついくらいですが……。

魚沼さんちのおすそわけ魚沼さんちのおすそわけ魚沼さんちのおすそわけ

併設された『魚沼さんちのおすそわけ』で昼食をとります。魚沼産コシヒカリと、へぎそばを楽しめるお店。そばは1日20食限定です。

営業:11:00~15:00(平日14:00LO、土日祝 14:30LO)
定休日:なし

魚沼さんちのおすそわけ

魚沼コシヒカリ白ごはん膳1200円。おかわり自由。西京焼きと、かんずり味噌、地鶏の生たまごで、ご飯が何杯でも食べられます。

魚沼さんちのおすそわけ
場所:新潟県南魚沼市塩沢229-1
アクセス:塩沢駅から491m
営業時間:11:00〜14:00 ランチ営業、日曜営業

塩沢勤労者体育センター

鈴木牧之記念館の隣にある体育館では、14:00~16:00まで「歌舞伎公演」が行われます。2018年からは舞台から衣装、メイクにいたるまで、すべて自主制作で行なっています。

塩沢勤労者体育センター

昔から庶民の娯楽として伝わってき地歌舞伎。脚本やかつらなど、家からでてきものも展示されていました。そう考えるとなかなか感慨深いものがあります。 つづく

パート3 山伏行列と、闇に燃え盛る「百八灯大護摩」を堪能する
https://play-life.jp/plans/20040

野口 武
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
魚沼・十日町・湯沢×旅行・観光のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。