日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース20,610
月間利用者数400万人以上

【新宿】創業50年の老舗アングラ小料理屋!老夫婦が営む「おいどん」で薩摩料理ランチ!

11230
2018/04/14
【新宿】創業50年の老舗アングラ小料理屋!老夫婦が営む「おいどん」で薩摩料理ランチ!

都営大江戸線の新宿西口駅から徒歩3分ほどのビルの2階に、創業50年を誇る老舗の小料理屋があります。西新宿周辺には、たくさんの飲食店が軒を連ねるなか、昔ながらのアングラ小料理屋は、今では貴重な存在になりました。今回は、薩摩料理が堪能できる小料理屋「おいどん」について紹介します。

・掲載時点の情報です。最新情報については各施設のHPをご確認ください。
・紹介している施設等について、アフィリエイトプログラムを利用した広告リンクを設置している場合があります。
おいどんおいどんおいどん

新宿西口にある小料理屋のおいどんは、赤い看板が目印。ビル1階にあるので、見つけやすいと思います。まさか、こんなところに小料理屋があるとは知りませんでした。

お店を調べる際、「郷土料理居酒屋 おいどん 新宿」というお店もあるため、混同しないよう注意しましょう。こちらは、個室も含めた居酒屋で、チェーン展開しているお店です。一方で鹿児島 小料理屋おいどんは、老夫婦で営む小さなお店ということを覚えておきましょう!

おいどんおいどんおいどんおいどん

店内に入ると、カウンター席が数席とテーブル席が2つのみのこじんまりとした空間が目に入ってきました。ランチタイムは、奥さん一人で切り盛りしているみたいです。カウンター上にはメニュー表がズラり。よくよく見ると、薩摩料理を中心に油そうめん、ゴーヤーチャンプルなど奄美諸島のメニューも取り扱っているみたいです。

奥さんに伺ったところ、この地で50年近くお店を営んでおり、鹿児島料理を長年提供し続けているとのこと。まだまだ現役と言わんばかりに元気で気さくなおばちゃんでした!

昭和の大衆居酒屋、小料理屋の雰囲気はビジネスマンが行き交う新宿の中でも、どこか心が休まる場所と感じるのは私だけでしょうか。おいどんならではの、ほのぼのとした空間が哀愁漂い、心に安らぎをもたらしてくれることでしょう。

おいどんおいどんおいどん

日替わりランチメニューのとろろ定食(790円)を注文。しばらくして、おばちゃんに運んでもらったとき、「はい、おまち。ご飯はお替り自由なので遠慮なく言ってくださいね。」と優しく声がけしてくれました。

五穀米のご飯はヘルシーかつ栄養満点。さらに、大和芋のとろろをかけていただくと、とろろご飯の完成。箸が進むこと請け合いです!

日替わりのおかずは、大サイズのコロッケとカキフライ、ピーマンの揚げもの。ボリュームたっぷりで、がっつり食べるのに最適です!

鹿児島産の日本酒も取り揃えてあるお店なので、カウンター越しに老夫婦と世間話しながら、晩酌するのも良さそうですね。新宿のアングラ小料理屋「おいどん」にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

おいどんは下の赤いボタンから予約できます。
おいどん
場所:東京都新宿区西新宿7-9-15
アクセス:大江戸線新宿西口1分 新宿西口駅から146m
営業時間:17:00〜23:00 夜10時以降入店可
古田島 大介
主にグルメや新しくできた場所、ギャラリーなど、ミーハースポット中心に楽しく書いてゆきます。ふらっと読みに来てくださいね!
新宿×ランチ・グルメのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。