本当に行った 遊びのガイド

【連休におすすめ】夢の吊り橋に大井川鉄道のSL!関西発1泊2日の格安バス旅行(後半)in静岡

今回は名古屋と静岡へ1泊2日のバス旅行!
バス旅行って旅の日程はもちろんのこと、
団体行動だし、時間配分だとかバスとかホテルとか食事とか気になることだらけ!
そんなあなたへ関西在住の私、ちんちくりんが感じたことを包み隠さず全てお届けします★

さん
更新日:
閲覧数
555
お気に入り
0

ホテルリステル浜名湖

7:45 2日目の始まり!
ホテルリステル浜名湖

早起きをして朝食もホテルバイキング!
準備万端で2日目スタートです。
出発時間は早いですが、昨日ぐっすり眠れたので体調も万全です!

1日目のプランはこちら
https://play-life.jp/plans/21723

奥泉駅

10:00 バス停へ到着
奥泉駅奥泉駅奥泉駅奥泉駅

約2時間ほどで奥泉駅バス停へ到着です!
ここから夢の吊り橋までは、バスでは通行が難しい道を進むので市営バスを利用します。

10:45 路線バスへ乗車
奥泉駅

トイレを済ませ待つこと45分でバスが到着です。
この45分が意外と苦痛でした。
なんせ山の中なので何もありません汗

寸又峡

11:00 温泉街へ到着!
寸又峡寸又峡寸又峡寸又峡寸又峡

そこから崖ギリギリの山道を熟練ドライバーによるテクニックで切り抜け、寸又峡へ到着です。
リアル頭文字Dの世界だったぜ。笑
寸又峡温泉街には老舗旅館で日帰り入浴が600円から楽しめるなど、お得スポットをたくさん発見!

寸又峡寸又峡寸又峡寸又峡

また温泉街といえば、グルメですよね。
ここ寸又峡にもおしゃれなカフェや雑貨店など、温泉以外にもたくさんあります。

手造りの店 さとう

11:30 少し早いお昼ご飯♩
手造りの店 さとう手造りの店 さとう手造りの店 さとう手造りの店 さとう手造りの店 さとう

まずはランチタイム!
添乗員さんイチオシの蕎麦屋さんへ。
こちらのお店、老舗感ただよいます〜。

手造りの店 さとう手造りの店 さとう

オーダーから約1分ほどで到着!激はや!
この時期は冷たいお蕎麦の提供です。
いただいたのはこちらの「わさび蕎麦」(800円)
ツンとしたわさびの風味とさっぱりとした蕎麦がうまい!

手造りの店 さとう手造りの店 さとう手造りの店 さとう

こちらは「山芋とろろ蕎麦」(800円)
たっぷりのとろろをそばに絡めていただきます!
とその時、お店の方から、「是非かけて欲しい」と
七味のような、おおさわなんばんを紹介いただき食べると手が止まらなくなりました。笑
ごちそうさまです^^

【営業時間】6:00〜18:00
【定休日】年中無休
【公式HP】http://www.shokokai.or.jp/22/224281S0003/index.htm

寸又峡

12:00 夢の吊り橋を目指して出発!
寸又峡寸又峡寸又峡

お腹も満たしたことだしさっそく夢の吊り橋へ!
吊り橋までの道のりを進むと、神秘的な景色が続きます。

寸又峡寸又峡寸又峡寸又峡寸又峡

吊り橋までは、300段もの急な階段を降りていく必要があるので、雨の降った日などは要注意です。
この日は前日に降った雨により、つるっつる!
その代わり、かなりすいてます。

夢の吊り橋

12:15 夢の吊り橋へ
夢の吊り橋夢の吊り橋夢の吊り橋

そして、約15分で到着!
近いのに道のりから遠く感じました(^^;;
こちらがトリップアドバイザーにて
【死ぬまでに一度は渡りたい世界の徒歩吊り橋トップ10】に選ばれた、夢の吊り橋です。

夢の吊り橋

長さは90m、高さは8mほど。
1度に10人ほどしか渡れないため、渡る時は吊り橋にいるスタッフの方に従いましょう。
GWや行楽季節には3時間待ちにもなるほど人気のスポットですが、
前日の豪雨により本日は待ち時間なしで渡ることができました♩

夢の吊り橋夢の吊り橋夢の吊り橋

その代わり前日の豪雨により、本来ミルキーブルーに輝いているはずの川の色もめちゃめちや濁ってました。笑
真ん中の板以外の板は細く、風が吹くと左右に大きく揺れるので、スリル満点!
唯一、中心の板のみが広く作られているので追い越したり、追い越されるなら中心へ。
お子さんや足が不自由な方は要注意です。

12:30 帰り道も足元に気をつけて
夢の吊り橋夢の吊り橋夢の吊り橋夢の吊り橋夢の吊り橋

たっぷりスリルを味わった後は向こう岸へ。
本当のスリルはここからでした。笑
なんと元来た場所へ帰るには、山を半周しなければ戻れません!笑
帰りは300段の階段を登ることに。とほほ

寸又峡

寸又峡

なんとか登りきり、約30分かけて戻ります。
道中は、絶景スポットがたくさん!自然最高!
帰り道、夢の吊り橋を遠くから眺めることもできました^^

晴耕雨読ヴィレッジ

13:10 休憩タイム
晴耕雨読ヴィレッジ晴耕雨読ヴィレッジ晴耕雨読ヴィレッジ晴耕雨読ヴィレッジ

さて、無事に寸又峡温泉街へ帰ってきました。
足がブルブル震えてます。笑
そんな時、見つけたこちらのお店は疲れた体を癒してくれる特別なカフェです。

晴耕雨読ヴィレッジ晴耕雨読ヴィレッジ晴耕雨読ヴィレッジ

それがこちらの足湯カフェ!
熱々のお湯の温度は40度くらいかな?
はじめはかなり熱く感じますが、途中から慣れてじんわ〜りと温まります。

晴耕雨読ヴィレッジ

こちらでオーダーしたのは、
夢のブルーサイダー「夏色オレンジ味(右)」【550円】と「冬色メロン風味(左)」【550円】
神秘的なドリンクの色は夢の吊り橋の夏と冬の色をイメージしているのだそう。
これはフォトジェ!

晴耕雨読ヴィレッジ晴耕雨読ヴィレッジ晴耕雨読ヴィレッジ

メロン味はわかりますが、緑色なのにしっかりとオレンジの味がする。これにはびっくり。
「オリジナルスティックチーズケーキ」(ドリンクとセットで850円)もいただきました♡
しっとり濃厚なチーズケーキがたまらん♡
カフェでまったりするだけでなく、足湯で疲れも落とすことができました♩

【営業時間】11:00〜日暮れ
【定休日】月火水
【公式HP】http://seikou-udoku2012.com

晴耕雨読

13:40 散策♩
晴耕雨読晴耕雨読晴耕雨読晴耕雨読晴耕雨読

バスの時間までもう少しあるので、散策タイム♩
こちらのお店も先ほどの足湯カフェの系列店。
店内では甘ざまなフレーバーのおかきや、ハンドメイド作品がたくさん!
見るだけでもほっこりとします^^
店内には小規模ながらカフェスペースもありました。
時間が来たので再び市バスに乗車し、次のスポットに出発です!

【営業時間】
平日 昼〜日暮れ
土日祝 10:00〜日暮れ
【定休日】不定休
【公式HP】http://seikou-udoku2012.com

千頭駅

14:30 SL乗車口へ
千頭駅千頭駅千頭駅

約1時間ほどで千頭駅へ到着です。
ついに今回の旅の最終ポイントへ
次の時間まで少しだけ時間があったので、
駅の向かいのお店の「川根茶ソフトクリーム」(350円)をいただきました。
抹茶とは、また違う独特の風味♡

千頭駅千頭駅千頭駅千頭駅千頭駅

そんなこんなで添乗員さんが「改札入れますよー!」と教えてくださり、
ソフトクリーム片手にダッシュ!笑
先頭は目が開けられないほど煙が充満していて、
なかなか近寄ることが出来ません(^^;;

千頭駅

人混みをかき分けてやっとこさ先頭へ!
こちらが大井川鉄道のSLです。
年間走行距離、日数、運行台数で日本一!
日本中の撮り鉄がこのSLを見に訪れる超人気スポットです。

千頭駅千頭駅千頭駅千頭駅

先頭ではせっせと木炭を釜に向けて投入することはもちろんのこと、
調整なども全て手作業!
リアルジブリや、、、。

大井川鉄道車内

14:53 出発

そして車内へ。
全席指定席なので、席へ向かいます。
こちらのSLが誕生したのは昭和初期、その頃のレトロな雰囲気をたっぷりと感じます。

大井川鉄道車内

当時のドリンクは全て瓶だったことから、全席に栓抜きも発見!
そして当時は喫煙可能だったことから灰皿もありました。

大井川鉄道車内

そうこうしてる間に出発です!
自然いっぱい!巨大な大井川に茶畑などのどかな風景が続きます。
様々な場所に撮り鉄を発見!
運行数が1日3便という希少性からか多くの方が手を振ってくれました^^

大井川鉄道車内

15:20 車掌さんのサプライズ

車内販売なども終え、乗車時間も後半に差し掛かったその時SLおじさんが登場!
巧みなトーク力でお客さんを盛り上げます。
ハーモニカの演奏も♩これには拍手喝采です^^

家山駅

15:40 惜しみつつ下車
家山駅家山駅家山駅

道中、川根温泉駅に停車しますが、川根温泉からは入浴客が皆さんすっぽんぽんで手を振ってくれ、
これには車内一同大爆笑でした笑
約50分のSL旅はあっという間!終点の家山駅へ到着です。

終わりに

惜しみつつ、旅の出発点である大阪へ
今回の旅は1泊2日で愛知と静岡へ行く大移動!
期間によってお値段は変化しますが、
大人1人16,980円〜22,980円のプランでした。
市バスやSLの運賃は旅行代金に込み!
スポットの滞在時間は短すぎたり、長すぎたりしましたが、
訪れた場所や添乗員さんの対応はとても素敵でした^^

連休には格安バス旅行で非日常を味わってみてはいかがでしょう♩

1日目プランはこちら
https://play-life.jp/plans/21723

このプランのマップ

0
ライター紹介
大阪に住み着いた、自由でないと生きられない「お散歩ハンター」
Line pc bottom