リアルな遊びをプロデュース

房総半島(内房)日帰りドライブ、海の幸&ハイキング【ばんや、鋸山、地獄のぞき、海辺の湯、梅乃家】

179493
2015/04/17
23
房総半島(内房)日帰りドライブ、海の幸&ハイキング【ばんや、鋸山、地獄のぞき、海辺の湯、梅乃家】

房総半島の入口、内房をめぐる日帰りドライブ。房総の海鮮を楽しみ、鋸山でハイキング、日本一でかい大仏(座像)を見て、絶景の温泉に浸かって、ラーメン界の異端児「竹岡式ラーメン」を食べる、よくばりすぎるプランです。

このプランのマップ

海ほたるPA

神奈川県と千葉を結ぶ、アクアライン。アクアラインを通って、海ほたるで休憩したら、いよいよ房総半島へ突入です。

海ほたるPA
場所:東京都西東京市東町4丁目4−14−17 海ほたる
富津岬富津岬

最初に目指すのは、富津岬の最先端にある展望台。五葉松をかたどった形で、明治百年を記念してつくられました。

展望台からの眺めは、富津岬方面。反対を向くと、東京湾が見渡せます。

富津岬
場所:千葉県富津市富津
ばんやばんやばんやばんや

保田漁港直営の食事処。新鮮な魚介類を、お手頃価格でく食べたいならここへ。店内も広々。お店の雰囲気もいい感じ。いけすの中には、新鮮な魚介類が泳いでいますよ。

ばんやばんやばんやばんや

朝どれ寿司 850円。定置網による朝とれの魚で握った新鮮なお寿司です。カレイの唐揚げ580円。活〆あおりいか刺し1000円くらい。
お店の外では、なぜかアンコウのストーブが60万円で売っています。

ばんや
場所:千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5
アクセス:保田駅から、徒歩15分です。保田駅からの無料送迎バスで、5分です。鋸南町営循環バス(200円)で吉浜下車、時刻はこちらです。http://www.town.kyonan.chiba.jp/kyonan/output/grp?fid=923鋸南保田ICから、車で5分です。 保田駅から1,085m
営業時間:[月〜金] 9:30〜18:00(L.O.17:30) [土・日・祝日] 9:30〜19:00(L.O.18:30) 朝食営業、ランチ営業、日曜営業
鋸山鋸山

ロープウェイで山頂へ登ります。大人片道900円。9:00 ~ 17:00(冬季~16:00)。
ロープウェイの中から、東京湾一望できます。
http://www.mt-nokogiri.co.jp/pc/p040000.php

鋸山
場所:千葉県富津市金谷
アクセス:保田(千葉県)駅[出口]から徒歩約38分
百尺観音

ロープウェイを降りてしばらく行くと、鋸山の岩肌に彫られた高さ100尺(30.3m)の大観音石像。

百尺観音
場所:千葉県安房郡鋸南町元名184
アクセス:保田(千葉県)駅[出口]から徒歩約28分
鋸山

山頂付近には、切り立った岩の上から下をのぞきみる、スリリングな名所、その名も「地獄のぞき」があります。意外と登るのは大変。

鋸山

ずっと下っていくと、総高31.05m、日本最大の大仏が待ち構えます(座像)。ちなみに立像日本一は牛久大仏。

鋸山
場所:千葉県富津市金谷
アクセス:保田(千葉県)駅[出口]から徒歩約38分
天然温泉 海辺の湯天然温泉 海辺の湯

お次は絶景温泉。黒っぽいお湯で泉質もなかなか良いです。料金:平日750円 土日祝日850円、営業平日10:00~20:30 土日祝~21:00景色がとにかく抜群。東京湾と、その向こうに富士山がかなり大きく見えます。夕暮れどきが最高です。

天然温泉 海辺の湯
場所:千葉県富津市金谷525-17
アクセス:竹岡駅[出口]から徒歩約25分
営業時間:平日 10:00~20:30 土日祝 9:00~21:00
梅乃家梅乃家梅乃家梅乃家

旅のシメはラーメン界の異端児「梅乃家」へ。ここは竹岡式ラーメン発祥のお店です。国道127号沿い、竹岡IC入口交差点をすぎてすぐ。駐車場は、路地を奥へ入って右手に12台分。昼間は行列ができることも。

ラーメン600円に、玉ねぎトッピング50円。スープはチャーシュー煮汁で割っただけ。麺は乾麺。ラーメン界の従来の製法を愚弄するかのような作り方なのに、それなりに旨いから不思議。

梅乃家
場所:千葉県富津市竹岡401
アクセス:自家用車利用の場合、館山道竹岡インターから約7分。国道127号で木更津から館山方を向き、左手。駐車場へは、店舗前の路地を入って行く。バスとタクシーが便利なJR「上総湊」駅下車が便利。天羽日東バス「十夜寺」バス停下車 竹岡駅から1,946m
営業時間:10:00〜19:00(L.O) これが通常の営業時間 ただし、時間にかかわらず、 チャーシューが売切れ次第、営業を終了します。 ランチ営業、日曜営業
野口 武
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
このプランが掲載されている特集
市原・木更津・館山×ドライブのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。