日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース20,630
月間利用者数400万人以上

【茨城・水戸】水戸に来たら外せない!梅の名所「偕楽園」梅がなくても絶景があります♪

3874
2018/05/13
【茨城・水戸】水戸に来たら外せない!梅の名所「偕楽園」梅がなくても絶景があります♪
水戸市内、最後に訪れたのはこちら!「偕楽園」です。 こちらは、日本三名園のひとつにも数えられています。 こちらで有名なのは「梅」 その時期の偕楽園は、まさに絶景!です。 でも、梅の時期以外も、また違う美しさがあります。
・掲載時点の情報です。最新情報については各施設のHPをご確認ください。
・紹介している施設等について、アフィリエイトプログラムを利用した広告リンクを設置している場合があります。
偕楽園

私たちは車で行ったので、駐車場方面より、こちらへ。

駐車場からだと、南門から入ります。

駐車場からは、陸橋を渡ってこちらへ…

偕楽園

偕楽園はとても広いんですが、なんと!真ん中を電車が通ってます(笑)

なので、駐車場のある公園の方から、梅園のある方に向かう際は、この線路を渡る陸橋を渡らないといけません。

さすが!日本三名園ですねwww( *´艸`)

偕楽園偕楽園偕楽園偕楽園偕楽園偕楽園

GWのこの時は、まさにツツジが見頃でした♪

こちらでは、「水戸つつじまつり」も開催されます。

霧島つつじやどうだんつつじなど約380株が咲き誇り、

市民観光ボランティアによる観光案内や野点茶会なども

開催されるということです。

偕楽園

こちらは、見晴広場。

こちらからの景色は、本当に美しいです。

園の東に位置するこの場所は、開園当時から絶景と言われた景色がひろがります。

江戸時代の人と同じ景色を見ている…

なんか、不思議な感じがしますね (^^♪

偕楽園

こちらから見ると、一番奥に見える建物が「好文亭」です。

その手前には、5月のGWですから。

鯉のぼりが泳いでますね(笑)

さらに左手に見えるのが「左近の桜」です。

昭和38年(1963年)

弘道館改修工事の完了を記念して

茨城県が宮内庁より京都御所の左近の桜の系統(樹齢7年)を受領し、

弘道館と偕楽園に植えたものだそうです。

偕楽園
場所:茨城県水戸市常磐町
アクセス:水戸駅[南口]から徒歩約33分 水戸駅から約20分バスで偕楽園下車後徒歩約5分
営業時間:【偕楽園】6:00〜19:00(2月20日〜9月30日)、7:00〜18:00(10月1日〜2月19日) 【好文亭】9:00〜17:00(2月20日〜9月30日)、9:00〜16:30(10月1日〜2月19日)
好文亭好文亭

「好文亭」

こちらは、徳川斉昭自らが設計したもので、

木造2層3階建ての好文亭本体と

木造平屋建ての奥御殿から成り、

各所に創意工夫と洒脱さを感じさせます。

入館料は、大人200円・小人100円です。

好文亭の裏手は、がらりと変わり、杉林が広がります。

見晴広場や梅林とは、また違った顔を見せてくれます。

好文亭

今回ご紹介したのは、偕楽園の実はほんの一部だけ。

本園だけでも、全部を見て回るには、かなりの時間がかかります。

拡張部といわれる、駐車場がある公園の方まで見て回るには、

どれだけかかるでしょう… (笑)

ただ、これだけの場所をほぼ無料で見る事ができます。

1日、ゆっくりと時間をかけて、美しい庭園を歩いてみませんか?

好文亭
場所:茨城県水戸市常磐町
アクセス:水戸駅[南口]から徒歩約31分
営業時間:通常 9:00〜16:00
水戸×旅行・観光のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。