リアルな遊びをプロデュース

房総半島 館山ドライブ 地魚お寿司と洞窟温泉【味覚狩り、不老不死薬師温泉、富鮨】

千葉県房総半島の最南端にある館山をめぐるドライブコースです。味覚狩りや極上のお寿司を堪能して、洞窟の中にある温泉でゆったり。3万年前の海のエネルギーがたっぷり入った温泉らしいです。寺社仏閣や城をめぐって、絶景を楽しんで、のんびりすごしましょう。

さん
更新日:
閲覧数
31031
お気に入り
3

富浦IC

レインボーブリッジや東京アクアラインを通って、館山自動車へ。富浦ICでおります。都心からここまで1時間半くらい。

道の駅とみうら 枇杷倶楽部

道の駅とみうら 枇杷倶楽部道の駅とみうら 枇杷倶楽部道の駅とみうら 枇杷倶楽部道の駅とみうら 枇杷倶楽部道の駅とみうら 枇杷倶楽部

道の駅とみうらで休憩。ここは菜の花がとてもきれいなスポットです。

びわカレーセット1100円。びわをふんだんにつかいフルーティーだけどやや辛口。プレミアムびわソフト380円。

多品種のいちごを味比べ&食べ放題(園内30分)1月~5月GW、1600円~1000円(季節で変動)。5,6月は枇杷、8月~9月上旬はぶどうなどの味覚狩りも楽しめます。
出典:http://www.biwakurabu.jp/

大福寺(崖観音)

大福寺(崖観音)大福寺(崖観音)

崖観音は、崖にあるお寺です。養老元年(717年)に行基が、地元漁民の海上安全と豊漁を祈願して、山の岩肌の自然石に十一観世音菩薩を彫刻したと伝わります。

こちらをのぼってみると、館山の街を一望。なかなかいい景色です。

館山市立博物館

館山市立博物館館山市立博物館

戦国大名里見氏の居城跡。『南総里見八犬伝』に関する各種資料が展示されています。入館料300円、営業9:00~16:45、定休月。

ここものぼってみると、なかなかいい眺め。館山の城下を見下ろせます。

安房神社

安房神社安房神社安房神社

創建は紀元前660年という歴史ある神社。このあたりは何故か鳥居が白い、不思議です。

あづち茶屋

あづち茶屋あづち茶屋

安房神社の中に、抹茶と和菓子をいただける場所が。抹茶セット500円。コーヒーもあり。

県立館山野鳥の森

県立館山野鳥の森県立館山野鳥の森県立館山野鳥の森県立館山野鳥の森

安房神社から歩いてすぐの館山野鳥の森。館山の自然を勉強できる、なかなかよくできた施設です。

不老山薬師温泉

不老山薬師温泉不老山薬師温泉不老山薬師温泉

温泉に入ります。入浴料600円、営業10:00~21:00。ここは宿泊客用の入口。
なんと洞窟になっています。ここを歩いていくと・・・。

不老山薬師温泉 安房自然村

茶色い、まろやかなお湯です。そんなに広くないけど、温泉はなかなか。3万年前の海のエネルギーが溶け込んだ縄文海泉だとか。

時間があれば、安房自然村のお堂めぐりも楽しい。頂上からの眺めは最高です。出典:http://www.awa-shizenmura.jp/yakushionsen.html

富鮨

館山の名店「富鮨」。安房自然村からすぐの場所。細い道を入ります。ちょっと場所はわかりにくいかも。
地物にぎり3150円。地元で獲れた、そのとき一番おいしいネタでにぎります。おいしいものが食べたければ、ここにくれば間違いないです!
さざえ肝たたき998円。お酒の肴に抜群。カウンター席に座ると、当日のメニューがいろいろたのめます。

このプランのマップ

3
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom