リアルな遊びをプロデュース

まるで海の幸の宝石箱?海鮮丼といえば日本橋「つじ半」!

685
2018/07/21
0
まるで海の幸の宝石箱?海鮮丼といえば日本橋「つじ半」!

東京駅や日本橋は日本の玄関口と言ってもいいほどのスポットです。美味しいグルメもたくさんあるので、悩みますよね。「今日は海鮮丼が食べたい」というそこのあなた!海外の方にももちろん日本人にも大人気な行列のできるお店をご紹介します。

このプランのマップ

つじ半

毎日1時間の大行列必須!日本橋駅から徒歩2分にお店を構えるつじ半
海鮮丼が食べたい気分だったのと迫力のある見た目ということをリサーチして、お店に向かいました。
すると、つじ半の前には大行列が!私も実際にワクワクしながら並んで1時間半でやっと店内に入ることが出来ました。

つじ半

中に入ると、木のぬくもりを感じるカウンターのみの高級感溢れる店内の様子です。席には温かいお茶が用意されており、ホッコリしながら料理人の方が手早く盛り付けているのをそっと待ちます。

2度楽しめるフォトジェニックなぜいたく丼
つじ半

私が注文したのは、海鮮丼「松」1,980円で9種類にかにも入ってます。
その他にも「梅」1,080円「竹」1.480円 「特上」3,500円があります。
プラス料金を払えば、それぞれのメニューにいくら、うにが大盛に出来ますよ。
盛り付けの最後にイクラを豪快にかけてくれます。海の幸のうまみが口の中で広がり、食べだしたら箸が止まらない!でも、この海鮮丼は他とは違って2度楽しめるので、完食に気をつけながら食べます。

つじ半

2度楽しめるとは、ある程度食べた後、カウンターの前にどんぶり鉢を置いて「お願いします」と伝えると、鯛茶漬けにしてくれるんです。

つじ半

しかも、鯛茶漬け用に刺身の胡麻だれ和えがサービスでついてきます。ご飯追加無料です。
見た目もフォトジェニックな上に海鮮を存分に堪能できるのはつじ半ではないでしょうか。
是非、機会があれば行ってみてくださいね。1時間待つ価値あります。

つじ半
場所:東京都中央区日本橋3-1-15 久栄ビル 1F
アクセス:日本橋駅B3出口から徒歩2分東京駅から徒歩5分東京八重洲地下街22番出口から3つ目の道を右へ。京橋駅から徒歩6分 日本橋駅から316m
営業時間:[月〜金] 11:00〜15:00 17:00〜21:00(L.O) [土・日・祝] 11:00〜21:00(L.O) ランチ営業、日曜営業
小笠原 まみ
はじめまして! 旅行と美味しいグルメ探しが大好きです
東京・日本橋・人形町×ランチ・グルメのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。