リアルな遊びをプロデュース

王子・飛鳥山でお花見デート&博物館めぐり!【TAGEN 、北とぴあ、扇屋、紙の博物館】

王子駅からすぐの飛鳥山の桜を、上、中、下、3つの視点から楽しむプラン。桜の木の数は約650本。 時間があったら、飛鳥山にある3つの博物巻も覗いてみましょう。王子駅からは北口から出るとTAGEN や北とぴあ、中央口から出ると飛鳥山がすぐです。

さん
更新日:
閲覧数
9039
お気に入り
0

王子駅

王子駅

JR京浜東北線で王子駅北口にやってきました。都電や地下鉄でくることも可。お花見と3つの博物館を楽しむプランです。飛鳥山の桜の開花予定は3月下旬から4月上旬です。

TAGEN DINING CAFE

TAGEN DINING CAFETAGEN DINING CAFETAGEN DINING CAFETAGEN DINING CAFE

王子駅北口にあるダイニングカフェ。まずは腹ごしらえ。駅からすぐのカジュアルなイタリアンへ。営業時間:11:00~24:00。不定休。

ランチでTAGENセット1480円を注文。季節のスープの後に、前菜3種盛り合わせが出てきました。

TAGEN DINING CAFETAGEN DINING CAFETAGEN DINING CAFE

メインはお肉かお魚か選べますが、お肉を選択。ローストポーク粒マスタードソース春キャベツとベーコンのブレゼ添え。

王子で有名な明治堂のパンが出てきます。

自家製デザートとコーヒーまたは紅茶などもつきます。ガトーショコラとエスプレッソ。

北とぴあ

北とぴあ北とぴあ北とぴあ

北区のシンボル「北とぴあ」へ。最上階17階には展望ロビーがあります。なかなかの絶景。三方向を見渡せます。東京スカイツリーもみえますよ。

北とぴあからは飛鳥山の桜を「上」から見ることができます。じっくり楽しんだら、北とぴあを降りて、飛鳥山へ向かいます。

王子 扇屋

その前に、ちょっと寄り道。1648年から江戸の味を引き継いで、一子相伝でつくる釜焼玉子をお土産に買っていきます。人気でいつも行列ができています。

落語「王子の狐」にもでてくる有名な「厚焼き玉子」は1本1260円。出典:http://www.ouji-ougiya.jp/

飛鳥山

あすかパークレール「アスカルゴ」があります。お年寄りやお子様でも、上に楽々のぼれます。

今度は、桜の「中」で、お花見を!ここは徳川吉宗が行楽地として桜の名所をつくった歴史があります。ソメイヨシノ、サトザクラ、カンヒザクラほか約650本。

お花見シーズンはかなりの人で賑わいます。シートをしいて、お花見宴会をする人の姿もたくさん。

児童公園

子どもを連れてきても楽しめます。児童公園には遊具や、昔の都電、SL(D51)も中に入ることができ、子どもたちも大興奮。

紙の博物館

紙の博物館

飛鳥山には「紙の博物館」「北区飛鳥山博物館」「渋沢栄一資料館」3つの博物館があります。共通券は720円。10:00~17;00。休館日月休。

晩香盧

晩香廬(ばんこうろ)は、渋沢栄一の喜寿を祝って作られた洋風茶室。中にも入れますが、なかなかよい建物。10:00~15:45。

飛鳥山停留場

帰りは、都電の飛鳥山駅で帰るのも一興。明治通り沿いの桜もきれいです。飛鳥山の桜を、「下」から見るのもいいですね。

このプランのマップ

0
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom