リアルな遊びをプロデュース

長野県・諏訪湖ドライブ パワースポットと温泉めぐり【片倉館、くらすわ、諏訪大社、万治の石仏、神乃湯】

長野県の諏訪湖周辺を、日帰り、もしくは1泊2日でめぐるドライブプランです。諏訪湖周辺には、歴史的な観光名所、素晴らしい温泉、そして神秘的なパワースポットがあります。ランチは、養命酒が経営するおしゃれなカフェ「くらすわ」で。時間と予算がゆすせば、温泉宿で一泊して、ゆっくりくつろぎたい場所です。

さん
更新日:
閲覧数
15485
お気に入り
1

諏訪IC

御柱祭りや、諏訪湖、温泉などで有名な歴史ある観光地・諏訪を目指してドライブ。中央高速道は、高井戸ICから諏訪ICまで、およそ2時間半かかります。

高島城

高島城高島城高島城

興味がある人は城へ寄り道。豊臣秀吉の臣下、日根野織部正高が400年ほど前に築城。別名「浮城」とも呼ばれ、その美しい姿を堀の水に映しています。桜や藤の名所としても名高い公園です。

入場料:大人 300円 、小人150円
営業:9:00~ 17:30※10/ 1~ 3/ 31は 16: 30まで

片倉館

片倉館片倉館

お次は、歴史のあるレトロな西洋建築の「片倉館」。館内の見学は500円。千人風呂にも入れます。入浴料650円、営業10:00~21:00。広々したお風呂で、1.1mほどの深さ、底には玉砂利。映画『テルマエ・ロマエⅡ』のロケ地です。

休館日:毎月第2・第4火曜日
営業時間:10:00~21:00
入浴料:大人650円、小人450円(3才以上小学生まで)※平日午後6時以降、入浴料200円引き

出典:http://www.katakurakan.or.jp/index.php

くらすわ

くらすわくらすわくらすわくらすわ

お次はカフェ「くらすわ」。1階はパン屋とお土産屋さん。2階はレストラン。屋上の眺めは抜群。ランチでワンプレート1800円を注文。信州十四(ジューシー)豚の低温ローストふきのとうソース。サラダバーとドリンクバーもつきます。デザートのなめらかチーズケーキは700円。

定休:不定休
営業時間:ランチ11:00〜14:00 、ディナータイム:17:00〜22:00(21:30 L.O.)

出典:http://www.clasuwa.jp/

諏訪湖観光汽船 売店

諏訪湖観光汽船 売店

「くらすわ」の目の前が遊覧船乗り場です。諏訪湖をぐるっと一周します。わかさぎ釣りを楽しむこともできます。

営業時間;9:00~16:00くらい
乗船料金:大人900円、子ども450円 

諏訪湖間欠泉センター

諏訪湖間欠泉センター

9:30、11:00、12:00、14:00、15:30、17:00(4月~9月)の時間に、温泉が吹き出ます。かつて温泉掘削中は高さ50mくらい、世界2位の高さといわれていました。

湖畔公園足湯

湖畔公園足湯

間欠泉のちかくには足湯があります。諏訪湖を眺めながらのんびりすごせます。さて、車で移動です。

出典:http://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=602

諏訪大社下社秋宮

諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮

諏訪大社の下社秋宮にやってきました。ここでお参りします。余裕があれば、4つある諏訪大社のすべてを回りたいところ。春宮はこの近くです。社の四隅を御柱で囲まれています。有名なパワースポットです。7年に1度行われる御柱祭りの様子も写真で紹介。

万治の石仏

万治の石仏

近くの万治の石仏へ。モアイにも似た頭が、自然石にのった、とても不思議な形の石仏。岡本太郎も絶賛していたとか。一見の価値アリです。最近、人気急上昇中。

毒沢温泉・神乃湯

毒沢温泉・神乃湯毒沢温泉・神乃湯毒沢温泉・神乃湯毒沢温泉・神乃湯

諏訪にある秘湯、毒沢鉱泉 神乃湯をめざします。ここは宿泊施設でもあります。神乃湯の名前は伊達じゃない。全身で自然のパワーを体感できる、本当にいい温泉です。

定休:不定休
営業時間:10:00~21:00
料金:700円

諏訪湖SA

帰りは岡谷ICから入り、途中の諏訪SAに寄っていきましょう。ここは諏訪湖が見渡せる絶景スポットなんです。お土産を買うのにもおすすめです。ちなみにここには、ハイウェイ温泉もあります。

ハイウェイ温泉
営業時間:10:00~22:00(土日祝9:00~22:00)

このプランのマップ

1
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom