まるっと1日遊びコーデ

夏休みに親子でGO!子どもが喜ぶおすすめ体験イベント"東京2020 Let’s55"

2088
2018/08/18
0
夏休みに親子でGO!子どもが喜ぶおすすめ体験イベント"東京2020 Let’s55"

まだまだ遊び足りない!出かけたい!という夏休み中の子どもたちのために、親子で行きたいおすすめの体験イベントをご紹介します。東京オリンピック・パラリンピックの全55競技が体験できるイベント【東京2020 Let’s55 – レッツゴーゴー – with 三井不動産】です!なかなかできない体験で、夏休みのステキな思い出を親子で一緒に作りませんか?

このプランのマップ

夏休みにおすすめの体験イベント!
ららぽーと豊洲

夏休み、まだまだ遊び足りない子どもたちにおすすめのスポットを発見しました!

なんと2020年の東京オリンピックの競技を体験できるイベント!
2018年8月16日(木)〜2018年8月19日(日)まで、
三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲で開催されているイベントをご紹介します。

全55競技が体験できる!
ららぽーと豊洲

体験できる競技は、全55競技!
アスリートたちのパフォーマンスを見て、体験できる体感型イベントを通して色々な競技に出会い新たな才能の発見もあるかも?

東京2020のオリンピック、パラリンピックの魅力を体験を通してしることもできます。
私も行って、少し体験の様子を見てきたのでご紹介します!

まずはペイントを体験!
ららぽーと豊洲

まずは競技体験の前にペイントをしてもらいましょう!
貼ってはがせるので安心です。

子どもたちもテンション高めで競技体験がもっと楽しくなるはず♩

アーチェリーを体験!
ららぽーと豊洲ららぽーと豊洲ららぽーと豊洲

では早速体験スタート!
普段なかなか体験できないアーチェリー体験がありました。

スタッフさんがしっかりついて教えてくれるので安心です。
夏休みの楽しい思い出になること間違いなし!

憧れのサッカー
ららぽーと豊洲ららぽーと豊洲

先日盛り上がったサッカー体験もあります。
サッカーは目隠ししてボールを蹴るという難しい体験ですが、みんな楽しそうにしていました!

こんなものまで体験できちゃう!
ららぽーと豊洲ららぽーと豊洲

そしてなんとなんと、昨今注目を集めている競技"カヌー"まで体験できちゃうんです!

これは私もやりたくなりました笑
子どもたちもとっても楽しそう〜
暑い夏だからこそできる競技体験ですね!

東京2020ID登録も!
ららぽーと豊洲ららぽーと豊洲

会場には東京2020のチケット購入に必要なID登録ができるブースもあります。

体験イベントは明日まで!
まだまだ遊び足りない子どもたちと一緒に、楽しい体験イベントに参加してみては?

【東京2020 Let’s55 – レッツゴーゴー – with 三井不動産】
■日時:2018年8月16日(木)〜8月19日(日)
■場所:三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲
■公式サイト:https://tokyo2020.org/jp/special/2yearstogo/

ららぽーと豊洲
場所:東京都江東区豊洲2-4-9
アクセス:豊洲駅[2]から徒歩約4分
営業時間:ショッピング/10:00〜21:00、レストラン/11:00〜23:00(一部ショップは異なる)、サービス/10:00〜21:00(一部ショップは異なる)
ともみん。
カフェラテが好きな23歳です。
お台場・豊洲×おでかけ・散歩のプラン
昆虫の世界をサーカスで表現。【シルク・ドゥ・ソレイユ  ダイハツ オーヴォ (ovo)】
昆虫の世界をサーカスで表現。【シルク・ドゥ・ソレイユ ダイハツ オーヴォ (ovo)】
大阪公演7/17(木)~11/2(日) 名古屋公演11/20(木) ~ 2015/2/1(日) 福岡公演2015/2/20(金) ~ 4/5(日) ☆【東京・大阪公演は終了しています】☆ 2014年2月12日(水) ~ 4月13日(日) <東京追加公演> 2014年4月22日(火) ~ 5月11日(日) <東京最終公演> 2014年5月12日(月) ~ 6月29日(日) フジテレビよりご招待いただき 2014年2月12日(水)から お台場ビックトップで公演されていた ダイハツ オーヴォ 日本公演のゲネプロに行ってきました。 【OVO (オーヴォ)】の舞台となるのは 草木の下の世界に生きる昆虫たちの1日。 ふらりと現れた見慣れない青年=フォリナーが 大きな卵を大事そうに背負って コミュニティーにやってきたところからこの物語が始まります。 今回の日本公演で特に注目を浴びているのが 主役級のキャラクター「フォリナー」を演じる谷口博教さん。 コスチュームを身に纏いメイクをしていることから私は 上演後に彼の事を知ったのですが 出演するキャラクターの中でも「フォリナー」のアクの強さは 鑑賞後もとってもインパクト大。 OVO(オーヴォ)の演目で 昆虫たちのコスチュームの精巧さもさることながら ちょっとした小物も 昆虫からみたままの大きさで作られていて まるで鑑賞している自分が 昆虫たちの仲間になったよう。
MIZUHO
MIZUHO
4590
2014/10/11
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。