リアルな遊びをプロデュース

鹿島神宮の中にあるお休み処「一休」(ひとやすみ)で、ご神水で打った蕎麦を食す!

関東屈指のパワースポットとして名高い「鹿島神宮」
勝負の神様として昔から崇められ、いまでも武闘家の間で崇拝されています。
また、多くの武闘場で鹿島大明神のお札が掲げられています。

その鹿島神宮の境内にある、茶屋「一休」(ひとやすみ)
こちらは、体の中からご利益がいただけるのですが…

さて、どういう事でしょう?

さん
更新日:
閲覧数
127
お気に入り
0

鹿島神宮

こちらは勝負の神様です!
鹿島神宮

鹿島神宮と言えば、関東屈指のパワースポットと言われ、
またご祭神が「武甕槌大神」(たけみかづちのおおかみ)という事から、勝負の神様として、たくさんの方から崇拝されております。

こちらの紹介は、また改めてするとしまして…

一休(ヒトヤスミ)

体の中からご利益をいただこう♪
一休(ヒトヤスミ)

こちらは、鹿島神宮の境内にある茶屋「一休」(ひとやすみ)

目の前には「御手洗池」があって、
また、本殿から歩いて一番奥にあるので、休憩するにはちょうどいい場所です。

一休(ヒトヤスミ)

こちらでのおすすめは、こちら!
「湧水せいろそば」 700円
お値段もかなりリーズナブル。

すぐ側にある御手洗池の”長命の湧水”で打っているという、お蕎麦。
まさに体の中からご利益がいただけるというものです♪

そば粉は常陸秋そばを使っているようで、お味もなかなか。
観光地にある茶屋のレベルではありません。

一休(ヒトヤスミ)

こちらは「湧水長命そば」 780円
上にいろいろかかった”ぶっかけ”蕎麦という感じでしょうか。
これもお安いです。観光地値段でないところが嬉しい!

お膳にそっと添えられた紫陽花の花が、なんとなくオサレな感じ。
外国人の方にも好評でしたよ♪

一休(ヒトヤスミ)

天かすや大根おろし、山菜や海藻などがのっており、
全体を混ぜて食べます。

冷たいお蕎麦は、この時期、さっぱりと食べられていいですね。

かかっているそばつゆは、関東の濃い味ですが、
私は田舎っぽいこの味が好きです( *´艸`)

一休(ヒトヤスミ)

また、こちらでは店頭で鮎やだんごも焼いてます。

お食事はしない方でも、ちょっとおやつ的な感じで食べてました。
他にも、みそおでんや”名水コーヒー”など…

前にベンチなどもあるので、休憩しながらいただくのがいいですね。

一休(ヒトヤスミ)

そうそう!
今回、お食事をした時にサービスでいただいた「古代米」
これがまた美味しかった!(*^^)v
こんな心遣いが嬉しいですね。

鹿島神宮にお詣りの際は、ぜひ、寄っていただきたいお店です。

鹿島神宮 御手洗池

ちなみに、お店の目印はこちら!
「御手洗池」
本殿を過ぎて、長い中参道を歩き、奥宮を左手に歩いてくるとあります。

その美しい様子は、インスタで世界の方から絶賛されています。
こちらも改めてご紹介させていただきますね。

今回は、鹿島神宮境内にある、「一休」(ひとやすみ)を紹介しました。
鹿島神宮参拝の際は、ぜひお立ち寄りください。

このプランのマップ

0
ライター紹介
綺麗な景色と美味しいご飯が大好物!カメラを片手にお出かけします♪ こっそりと「御朱印ガール」やってます。
Line pc bottom