リアルな遊びをプロデュース

名古屋・最狂の山『マウンテン』&謎の寺『八事山興正寺』を行く【奇食、抹茶小倉スパ、平成大仏、竹翠亭】

奇食ハンターたちが次々と遭難していく(完食できず散っていく)、喫茶『マウンテン』をついに訪問。ここは奇食界では西の横綱とも呼ばれます(東の横綱は、東京にある亜呂摩)。ついでに、名古屋にある謎のお寺『八事山興正寺(やごとやまこうしょうじ)』も散策。2つの山をめぐる、不思議の国の冒険です。

さん
更新日:
閲覧数
12119
お気に入り
0

名古屋駅

名古屋駅

仕事で名古屋に1泊2日、2日目の午前中がぽっかり空いたので、奇食界の西の横綱『マウンテン』に登ることに。

ちなみに東の横綱は、東京都にあるコーヒーラーメンの『亜呂摩』。http://play-life.jp/plans/2505

いりなか駅

いりなか駅いりなか駅いりなか駅

名古屋市営鶴舞線いりなか駅で降りました。名古屋駅からここまで、20分ちょっと。ここからマウンテンまでは、徒歩8分ほどです。閑静な住宅街をぬけて、滝川小学校の横をとおり、交差点を右に曲がると…。

マウンテン

マウンテンマウンテンマウンテンマウンテン

ありました『マウンテン』です。ロッジのような造りの建物。

入口のメニューには、『辛口ナマズ煮込みスパ』『アザラシまんま』『追っかけ娘』など、謎のメニューがひしめきあっています。

訪れたのは10時前で、店は空いていました。名古屋大の学生が1人(後に店のパソコン修理のために連行)いるのと、ちょうど店主が新聞記者に取材を受けているところ。インタビューの内容が自然と耳にとびこんで来ます……。

マウンテンマウンテン

店名の由来は、「店主が山が好き」「徳川のゆかりの山(八事山)がある」「山本さんという先輩がいた」、この3つの山がそろったため『マウンテン』という店名をつけたのだそう。

「山本さんという先輩はすごい人で、今生きていたら大変なことになった」と店主。どんな人だったのか気になる…。

気を取り直して、マウンテンの王道メニュー『抹茶小倉スパ』900円と『コーヒーフロート』500円を注文。

マウンテンマウンテンマウンテンマウンテン

最初に、『コーヒーフロート』。異常なほどの山盛りです。

しばらくして『抹茶小倉スパ』が登場。もちっとした麺は、高濃度の抹茶味、なのに甘い。トッピングも、生クリーム、缶詰モモ&さくらんぼ、アンコと全部甘い。

「そのアンコ、和菓子で使う上等のものだよ」と店主が話しかけてきて、それに記者も便乗して「どんなお味ですか?」と質問されました。苦しまぎれに自分の口から出たのは「食べたことない味」という感想。

あらゆる味の方程式を無視した甘さのカオス、味覚の新境地でした。残念ながら登頂(完食)できず遭難。複数で訪れるのが登頂の秘訣かも。

興正寺

店主が、名古屋大の学生をつれてパソコンの修理に行き、記者が『甘口いちごスパ』を食べさせられている間に、『マウンテン』を脱出。何かコントの世界に入り込んだような心持ちでした。

お次は、喫茶『マウンテン』の名前の由来のひとつでもあるお寺『八事山興正寺』を訪れます。ここは、徳川ゆかりの由緒ある仏閣。木造の五重塔は国宝です。

でも、ここは、何かがおかしい…。

興正寺

国宝の五重塔の前には、顔ハメ看板!?  しかもお坊さんの顔が抜かれています。

それに、「平成大仏」と呼ばれる、巨大な大仏を富山県で作ってるところ、2014年9月に完成するそうです。

境内には、やたらと豪華なエスカレーターが設置。乗り口の左右には、お地蔵様がずらり、シュールな世界観です。

竹翠亭

竹翠亭竹翠亭竹翠亭竹翠亭

広々した境内を歩いていると、竹翠亭(ちくすいてい)という茶室があったので、入ってみました。

こちらは岐阜にあった古い建物を移築したのだとか。室内からは、苔むす庭園が眺められ、なかなか趣あります。

興正寺

ここで抹茶とお菓子500円をいただきました。「また、抹茶か」と思ったけど、こちらはさっぱり。

渡り廊下を歩いて、散策していると、住職とすれ違い、挨拶。

このお寺、歴史があるだけでなく、いろいろと物議をかもしている、アバンギャルド(?)なお寺でもあるようです。

水の音を聞きながら瞑想できる密教の修行スペースもありました。

八事駅

八事駅八事駅八事駅八事駅

興正寺のある八事山は、自然につつまれた、なかなかよい散歩道でした。

名古屋市営鶴舞線八事駅から、名古屋駅にもどります。午前中だけで十分に行ける、名古屋のワンダーランドをめぐるプランです。

このプランのマップ

0
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom