リアルな遊びをプロデュース

韓国・ソウル 紀行作家チョン・ウンスクさんのパーソナルツアーで、鍾路3街周辺の大衆居酒屋めぐり! 

659
2018/12/30
0
韓国・ソウル 紀行作家チョン・ウンスクさんのパーソナルツアーで、鍾路3街周辺の大衆居酒屋めぐり! 

こんな人におすすめ

・飲み屋めぐりが好き
・大衆居酒屋が好き
・文化や芸術に興味がある
野口 武野口 武

今回は、ソウル在住の紀行作家チョン・ウンスクさんに案内してもらいながら、ディープなソウルの飲み屋めぐりをしました。今回は、ソウルでもっとも熱いえリアである鍾路三街(チョンノサムガ)駅周辺です。入りにくい角打ちのお店、韓国最安値の立ち飲み屋、歴史あるビアホール、若者が集うクラブ&バー、文化交流のサロン的酒場など、多様な飲み屋を紹介します!

コース
鍾路三街(チョンノサムガ)駅→楽園商街(ナグォンサンガ)→益善洞(イクソンドン)→観水洞(クァンスドン)→乙支路3街駅(ウルチロサムガ)→仁寺洞(インサドン)です。

このプランのマップ

鍾路三街駅(チョンノサムガ)→楽園商街(ナグォンサンガ)

飲み歩きの起点は、鍾路三街(チョンノサムガ)駅です。地下鉄から表に出ると、屋台がずらりとならび屋台通りに出ます。この近辺には、1階部分がトンネルで車が行き来する不思議な建物「楽園商街」があります。楽器屋さんが集まる建物で、地下には韓国発の地下市場もあり、この中や近辺には良心的な価格の飲食店が集まります。

益善洞(イクソンドン)の韓屋村

「楽園商街」のある屋台通りから北の路地に入っていくと益善洞(イクソンドン)の韓屋村(ハノンマウル)があります。ここはソウルで最も古いとされる韓屋村で、約100の韓国伝統家屋が建ち並びます。若者向けのおしゃれなカフェから、おじさんたちの憩いの酒場まで、実に多様な店が並びます。今回は行きませんが、「味 カルメギサル」(写真右下)は、ハラミやホルモンを肉を焼酎と一緒に食べられる、酒好きがこよなく愛する名店も近隣にあります。

トゥンスンネ

「楽園商街」を背にして、屋台通りをまっすぐ10分少々歩いて、突当りを右に曲がってしばらくいくと、宋廟の近くに2件の立ち飲み屋があります。お店の入り口を正面から見て左が『トゥンスンネ』(紫のひさし)、右が『ドレミジャンスルチプ』(青緑のひさし)というお店。今回は左の『トゥンスンネ』に入りました。ふくよかな気のいいお母さんが料理を作っており、テーブルの上に並ぶ10数皿のおかずは食べ放題で、爪楊枝でいただくスタイル。そして、なんとマッコリ1000ウォン(100円)と驚異的な安さ。昼間の11時くらいからおじさんたちが飲んでいるようです。10分程度滞在し、マッコリを飲み干し、つまみを少し食べたら、さくっと次へ向かいます。

住所:ソウル特別市鍾路区ソスンラキル23
電話:なし
時間:10:00頃~19:00頃

ソウル食品(シップン)

「楽園商街」のある屋台通りに戻って、この通りから南の路地に入っていくと、観水洞(クァンスドン)という金属加工工場などがあるエリアに入ります。今回は、乙支路3街駅と鍾路3街駅の中間あたりにあるお店「ソウル食品」へ。ここは『世界入りにくい居酒屋』(NHK BSプレミアム)で紹介されたお店です。その店名からもわかる通り、基本は食料雑貨店でありながら、夜は酒場になる角打ちのお店です。1階にテーブル席がひとつ、2階に広めのテーブル席がいくつか並ぶ広めのスペースがあります。

住所:ソウル特別市 鍾路区 観水洞 102-1(道路名住所:ソウル特別市 鍾路区 鍾路18キル 32)
電話:02-2267-3657
定休:日曜 ※旧正月・秋夕(チュソク)は未定
時間:13:00~22:30※ラストオーダー21:00

ソウル食品(シップン)

ソウル食品は、サーバーから注がれる生ビールも、焼酎も、生マッコリも、すべて2000ウォン(200円)という驚きの価格。しかもマッコリはの製造日が、当日工場でつめたばかりのもの。お客さんの回転がよく、鮮度のよいマッコリが飲めます。つまみは目玉焼き1000ウォンやカキのチヂミ(大)は10000ウォン(1000円)で安くて美味しい。キムチは食べ放題です。

OBベア

さらに南下して、インテリアの専門店などがある乙支路3街駅(ウルチロサムガ)へ。このエリアは、1970年代に独特のビアホール文化が生まれた場所。中でも歴史ある名店である「OBベア」へ向かいます。このあたりは観光客が多く訪れる明洞もすぐ近くのエリアです。

住所:ソウル特別市 中区 乙支路3街 95-2(道路名住所:ソウル特別市 中区 乙支路13キル 17)
電話:02-2264-1597
定休:日曜、旧正月、秋夕(チュソク)の連休
時間:11:00~24:00

OBベア

OBベアでは、席に着くと、勝手にジョッキの生3500ウォン(350円)と鱈の干物をあぶったノガリクイ1000ウォン(100円)が出されます。充分、価格は安いけれど、他の激安のお店と比べてしまうとビール一杯の値段はやや高く感じるかもしれません。しかし、ここのウリは何といってもビールへのこだわり。ビールを保存するときの温度管理や、提供するときも冷やしすぎず生ビール本来の味わいを大切にしています。そんな極上のビールと、おつまみのノガリクイとの相性も抜群です。そえてあるのはマヨネーズと激辛の唐辛子ダレはお好みで。

Seendosi(シンドシ)

お次は、OBベアから北へ5分少々歩いて、清渓川の近くにある、ソウルの若者たちが集うホットなスポットへ向かいます。アーティストが手がける、古い雑居ビルにある実験的なバー『Seendosi(シンドシ)』です。薄暗い階段をのぼって5階のドアをあけると、アーティスティックな空間が広がり、音楽を聴きながらお酒を楽しめます。ライブやDJイベントなども頻繁に行われています。どちらかというと近年の韓国のクラブシーンをリードするのは、カンナムの豪華なクラブというイメージが強かったようですが、その反動としてソウルの中心部の廃墟のような空間に、新たな若者文化の情報発信拠点ができているようです。

住所:ソウル特別市中区水標洞11-2 5階(道路名住所:ソウル特別市中区乙支路11キル31 5階)
電話:070-8631-4557
定休:日曜
時間:月~金18:00~26:00、土曜15:00~27:00※イベントにより異なる

文化空間アリラン

最後に行く場所は、乙支路3街駅(ウルチロサムガ)のあたりからは少し距離がありますが、仁寺洞(インサドン)にほど近い路地にある文化空間アリランです。歩いて30分ほど、タクシーなら10分くらいです。

文化空間アリランは、作家や演劇人、学者、新聞記者などのたまり場的な飲み屋で、日本でいえば、かつての新宿のゴールデン街のような場所といえるかもしれません。ここでの人気は、ギネスビールと韓国のKloudビールを割ったハーフ&ハーフです。

この店のママであるチェ・ウンジンさんは、1930年代の漫謡(ユーモラスな大衆歌謡)の歌手でもあり、店内にご自身がうたっている曲がかかっています。実はこのお店自体が、ホン・サンス監督の映画『ソニはご機嫌ななめ』のロケ地でもあり、映画の中でもチェ・ウンジンさんの歌声が使用されているそうです。文化の香り漂う、素敵なお店です。

住所:ソウル特別市鍾路区安国洞 107-1
電話: 02-734-1009
定休:日曜(臨時休業あり)
時間:18:00~気分次第

今回の記事で取り上げた飲み歩きは、ソウル在住の紀行作家チョン・ウンスクさんが主宰するパーソナルツアー『ソウル大衆酒場めぐり』でも体験できます。日程や料金など詳しいことは、チョンさんのTwitter( https://twitter.com/Manchuria7
をフォローの上、DMでお問い合わせください。

野口 武
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
ソウル(韓国)×旅行・観光のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。