日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース20,637
月間利用者数400万人以上

晩秋の修善寺温泉♪紅葉にはギリギリアウト?!だった「修禅寺」へ

2765
2018/12/26
晩秋の修善寺温泉♪紅葉にはギリギリアウト?!だった「修禅寺」へ

こんな人におすすめ

・神社仏閣が好きな人
・歴史が好きな人

今回は、三島・修善寺・土肥方面への1泊2日の旅です。
少し寒いですが、美しい景色が見られたらいいな♡と思ってます。

とりあえず、土曜日出発なので、
混まない時間に出かけるとしましょう!

大人気のサービスエリア「海老名SA」で朝ごはんを食べたら、
最初の目的地「三島スカイウォーク」へ。
絶景を堪能したあとは、
伊豆の観光の定番、「修善寺温泉」に向かいましょう!

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。
絶景が待ってます♪
三島大吊橋 (三島スカイウォーク)

旅の最初は、こちら!
「三島スカイウォーク」
ちょうど今年で3周年を迎える、
全長400mの、日本一長い歩行者専用吊り橋です。

こちらの見どころと言えば、
富士山が目の前に見えるというところ。

日本一の吊り橋に日本一の山。
オンリーワンのその景色を、ぜひ見に行ってみて!!

こちらの詳しい情報は…
⇒ https://play-life.jp/plans/25909

修善寺温泉のシンボルといえば…
独鈷の湯

「三島スカイウォーク」を満喫したあとは、
伊豆を代表する観光地、「修善寺温泉」に参りました。

何度も足を運んでいる修善寺ではありますが、
今回、ちょうど12月の上旬という事もあり、
まだ、ギリ紅葉に間に合うかも…?
なんて、淡い期待をしながら、
向かったのですが… (^_^;)

この景色は、もうお馴染みでしょうか。
虎渓橋から見た、「独鈷の湯」です。
桂川に突き出た東屋がソレでございます。
ここ修善寺温泉発祥の湯とされています。

大同2年(807)、修善寺を訪れた空海(弘法大師)は、
桂川で病気の父の身体を洗う少年の孝行の心に打たれ、
持っていた仏具(独鈷)で川の岩を打ち霊泉湧き出させた。
その湯につかったところ、
父親の病気はたちまち癒え、
温泉療法が広まったと伝わっています。

また、伊豆最古の温泉とも言われています。

※現在は見学のみで手や足をつけたり、入浴は不可となっております。

独鈷の湯
場所:静岡県伊豆市温泉場
アクセス:修善寺駅[出口]から徒歩約33分

虎渓橋

修善寺の中心部です。

先ほどの「独鈷の湯」を眺めたのは、ここ「虎渓橋」から。
修善寺温泉の中心部です。
ちょうど、この両側に観光スポットが点在しています。

わたしのように、車で来る方は、
この辺りに民間の駐車場があります。
ただ、それほど数は多くないので、注意が必要かな…
(この日も、停めた駐車場はラスト2台でした)

混雑する時期は、早めに行かれるのが賢明です(^_^;)

こちらが修善寺温泉の名前の由来となった場所です。
修禅寺

さて、こちらが地名の由来ともなった「修善寺」です。
なんと!ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星に輝いたところです。
こちらは、正式な呼称を
『福地山修禅萬安禅寺(ふくちざんしゅぜんばんなんぜんじ)』
略して福地山修禅寺と呼んでいます。
弘法大師に依って開創され、
真言宗、臨済宗、曹洞宗と改宗されて現在に至ります。

こちらの山門は、2014年に改修工事がされ、
その際に、指月殿にあった金剛力士像を改めて安置したそうです。

この金剛力士像二体は、像高183cm、一木彫りで、
昭和59年に解体修復された際、
全国でもまれな藤原時代の作であるという事が判明したそうです。

こちらはなんとっ!温泉、しかも…
修禅寺修禅寺修禅寺

こちらが手水舎です。
以前もご紹介してますが、
こちらはなんとっ!
「大師の湯」と掲げられた温泉でしたっ!( *´艸`)

うっかりすると、
触った瞬間、ビビります(笑)

しかも、こちらの温泉は飲む事もできるんですよ!
これまたビックリ!
「温泉利用(飲用)にあたっての注意」は、
必ず読んでからお飲みくださいね。

こちらが本堂になります。
修禅寺

本当はね、紅葉美しい本堂の様子を
すごーく期待してたんですが…
やっぱり、少し遅かったですね(>_<)

それよりも、本堂前の立派な松の木のお手入れをされており、
お正月の準備かなぁ~という感じ。
前の週まで「紅葉まつり」が行われていたので、
きっと、このタイミングがベストなんでしょう(笑)

こちらは、807年(大同2年)に空海が創建したと伝えられ、
その後の約470年間は真言宗でありました。
(その後、臨済宗、曹洞宗と改宗されていきますが…)

当時は周辺の地名が桂谷であったことから、
桂谷山寺と言われていたそうです。
その後、鎌倉時代初期に修禅寺の名称が定着し、
寺領も修禅寺と呼ばれるようになりました。

また、源頼朝の弟の源範頼と、
頼朝の息子で鎌倉幕府2代将軍の源頼家が
こちらのお寺に幽閉され、
その後この地で殺害されたことでも知られております。

修禅寺修禅寺修禅寺

本堂の立派な「修禅寺」の寺号額は、
明治三筆の一人とも言われた書家であり政治家である
副島種臣氏のものだそうです。

修禅寺御本尊は、高さ103cm、膝張り73cmのほぼ等身大で、
ヒノキの寄木造りの「大日如来像」
幻の仏師といわれた実慶の作品だそうです。
しかも、こちらの仏像の体内からは、
錦袋から謎の毛髪も発見されました。
その後、国の重要文化財に指定されました。
こちらは、年に一度、特別拝観期間がありますので、
気になる方は、ぜひ、その時にお詣りしてみてください♪

また、本堂手前右側には、
なんとなく愛嬌がある達磨さんが鎮座しておりますwww
禅寺には、必ずと言っていいほど見かけるこの子。
いろいろなパターンがあるので、
よくチェックしてみましょう。

そして、お寺を守る「空」
こちらの看板犬です♡
おっとりした子で、なでなでしてもいやがりません。
可愛がってあげてくださいね!(#^^#)

期待してたのに…
修禅寺修禅寺修禅寺修禅寺

もしかしたら…と、
淡い期待をして行った、修善寺温泉。
やっぱり、最高!という状態ではなかったけど、
ところどころ残っていた、美しいもみじ。
やっぱり日本の四季は素晴らしい!

「鐘楼堂」ともみじのコラボは
きっと綺麗だったろうと、思わずにはいられません。

苔生した灯篭や、
朱い帽子とよだれかけをかけてもらったお地蔵さん。
どこを切り取ってみても
画になるので不思議♡

修禅寺

こちらが寺務所になります。
ここで、御朱印をいただくことができます。

やはり昨今のブームからでしょうか…
この日もたくさんの方が御朱印待ちをしておられました。

御朱印を頂く際には、ちゃんとお詣りをしてから…
そして、小銭の用意も忘れずに。
(通常、御朱印は300円か500円ほどになります)
キチンとマナーを守って、
参拝の証をいただきましょう!

修禅寺
場所:静岡県伊豆市修善寺964
アクセス:修善寺駅[出口]から徒歩約34分

日枝神社

こちらも歴史のある神社です。

さて、修禅寺をお詣りしたあとは、
こちらに参ります。

こちらは、修禅寺から歩いて1分の場所にある、
「日枝神社」です。

ここも修善寺温泉では歴史ある神社でございます。

鳥居の側のもみじがとても美しく色付いてました。

こちらの詳しい様子は次回に…

nori
綺麗な景色と美味しいご飯が大好物!カメラを片手にお出かけします♪ 楽しい家族旅行とパワスポ巡りをご提案♡
熱海・沼津・伊豆半島×旅行・観光のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。