まるっと1日遊びコーデ

埼玉へレリゴー!冬の秩父で蝋梅×三十槌の氷柱×星を満喫

960
2019/02/06
3
埼玉へレリゴー!冬の秩父で蝋梅×三十槌の氷柱×星を満喫

こんな人におすすめ

・秩父へ観光しに行きたい人
・夜景が好きな人
・ドライブを予定している人

東京から車または電車で約2時間。
秩父といえばツツジや長瀞の花火、かき氷などが有名ですが、実は冬もたくさん見どころがあるんです♡

今回は2月の秩父で「冬」と「春の訪れ」を同時に感じることが出来る、とっておきのドライブプランをご紹介します。

このプランのマップ

13:30 秩父名物「味噌豚丼」で腹ごしらえ
ちんばたちんばたちんばたちんばた

東京から車で約2時間。
今回は10:30過ぎに出て、ゆっくりの出発です。

秩父に着いたらまずはエネルギーチャージ!
B級グルメ好きな人の間では有名な「ちんばた」味噌豚丼をいただきました!
厚切りジューシーなお肉が3枚乗った豚丼は、お新香、お味噌汁もついてボリューミー。1,000円以下とコスパ良し!

お店は少々山の上にあるのですが、お昼時は大変込み合うのでピークを外していきましょう。

ちんばた
場所:埼玉県秩父市大宮5919
アクセス:秩父駅から855m
営業時間:11:00〜14:30 17:30〜23:00 ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
15:00 標高497mにある蝋梅園でハイキング
宝登山麓駅(宝登山ロープウェイ)宝登山麓駅(宝登山ロープウェイ)宝登山麓駅(宝登山ロープウェイ)

そこから車で30分ほどで、蝋梅や梅、桜が綺麗な宝登山へ。
山頂へはロープウェイを使って登りましょう。
そこから軽い坂道を昇り降りしながら蝋梅園を巡るので、軽い運動が出来て体がポカポカしてきますよ!

15:30 太陽に照らされた蝋梅を見て春の訪れを感じよう
宝登山宝登山宝登山宝登山

2月上旬、この日はお天気も良く、蝋梅は七部咲でした。
蝋梅の木の数はなんと3000本にも及ぶのだとか。
そして、登っていく途中には秩父のシンボル「武甲山」や、鋸状の山容をした「両神山」などを見ることができます。

ちょこっと咲いた梅も発見。
一部でしたが、可愛らしい写真が撮れました。

★カメラを使った花の撮影のコツ★
・望遠レンズ(35mm換算で80mm〜300mmぐらい)があると背景がボケるので良し◎
・F値(絞り)は1.2〜2ぐらいと、低い方が明るく綺麗に映るのでベスト。(この写真はF4.5ぐらいですが、写真編集で明るくしました!)
・SS(シャッタースピード)は1/60秒、ISO感度は200ぐらいで撮影しました。
・お花を真ん中に持ってくるより、左上に持ってきたりと画角を工夫するとプロっぽい写真に、、?
・色温度は高めにすると、春の暖かな感じが表現できます。

蝋梅をついばむ可愛い野鳥を発見
宝登山

途中で、ジョウビタキというスズメのような野鳥を発見。
動きが早いので、写真に収めるのは難しいのですが、運良く蝋梅の木に止まってくれたのですかさずパシャリ!

宝登山
場所:埼玉県秩父郡長瀞町大字長瀞
アクセス:長瀞駅[出口2]から徒歩約46分
16:00 パワースポットとしても知られる神社でお参り
宝登山神社宝登山神社

山頂には宝登山神社の奥宮があります。
非常に小さな神社ですが、火災盗難除け商売繁盛などのご利益があるのだとか。
ついでに寄ってお参りしていきましょう!

宝登山神社
場所:埼玉県秩父郡長瀞町大字長瀞1827
アクセス:長瀞駅[出口2]から徒歩約10分
営業時間:10:00〜17:00
17:30 秩父の三大氷柱で冬の芸術を鑑賞
三十槌の氷柱三十槌の氷柱三十槌の氷柱

秩父の冬を満喫すると言えば、代表的な観光スポットが「三十槌の氷柱」
「芦ヶ久保の氷柱」「尾ノ内渓谷の氷柱」と合わせて、三大氷柱とも言われています。

初めて見る人は、高さ8m、幅約30mにもなる巨大な氷の芸術に圧倒されるはずです!

【ライトアップ期間】
2019年1月12日(土)~ 2月11日(月)平日19:00まで、土日祝祭日は21:00まで

レインボーの氷柱を狙って写真を撮ろう
三十槌の氷柱三十槌の氷柱三十槌の氷柱

赤や青、そして時間差でレインボーに光る氷柱。
頭上では星が輝いており、まさに幻想的な世界でした。
ア○と雪の女王を思い出して急遽歌いたく…なる(笑)。

★カメラを使った花の撮影のコツ★
・広角レンズ(35mm換算で15mmぐらい)があると、鑑賞する人や氷柱の全体像が入るのでベスト。
・F値(絞り)は2、SS(シャッタースピード)は1/2秒、ISO感度は500ぐらいで撮影しました。
※ISO感度を上げすぎると写真の画質が荒くなるので注意!
※暗いので、手ブレしやすくなります。本格的な撮影をしたい人は、三脚を持っていく方が良いでしょう。

三十槌の氷柱

写真は20分ぐらい、星を撮影した時のものです。
30秒間シャッターを開け続け、それらを合成すると上の写真のように、なります!

気温は-2度ぐらいでしたが、雪が積もっており、風がない日であれば寒くないですよ。

体が冷えても大丈夫。近くの休憩所でまったり
三十槌の氷柱三十槌の氷柱

とは言え、冬なので全く寒さを感じないことはありません(笑)!

三十槌の氷柱を鑑賞し終えた後は、近くの休憩所で甘酒や味噌ポテトを食べて暖まりましょう。
ちなみに、三十槌の氷柱を見るためには200円のチケットを購入するのですが、それを提示すると甘酒が50円引きになったりします。

19:30 もっと星を鑑賞したい人はこちらも
栃本広場栃本広場

そこから車を走らせること20分、もっと山道を登っていくと、栃本広場という無人の星が綺麗な撮影スポットに辿り着きます!

せっかくなので時間がある人はゆっくり星空鑑賞をしていきましょう!
あまり知られていないせいか、人もいなくて落ち着いて鑑賞出来ますよ。
★カメラを使った花の撮影のコツ★
・F値(絞り)は2(3.5以下で、明るい方がベスト)
SS(シャッタースピード)は40秒、ISO感度は200ぐらいで撮影しました。
※ISO感度を上げすぎると写真の画質が荒くなるので注意!
※30秒も空けていると、手持ちは不可です。
三脚は必須です!

冬の秩父で出逢える、氷の芸術を見に行こう。

日帰りで冬の秩父と春の先所取りをするプランはいかがでしたか?

朝早く出発しなくても、車を使えば終電を気にせず様々な角度から秩父の観光スポットを楽しめますよ。

蝋梅に氷柱、星、どれもオススメです。
寒さも吹き飛ぶドライブ、是非参考にしてみてくださいね♡

山本まひる / 週5でタピオカ飲み歩く写真家
ひねくれた遊び人。別の名をまひるん、爆食王。 好きなもの→廃墟、珍スポット、妖怪、猫、カメラ、三度の飯よりタピオカ Instagram→@mahirunruuun
秩父×ドライブのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。