日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース22,043
月間利用者数400万人以上

「かつて…」がたくさん!の~んびりぶらぶら札幌市豊平エリアを朝散歩!

2082
2020/06/20
「かつて…」がたくさん!の~んびりぶらぶら札幌市豊平エリアを朝散歩!

こんな人におすすめ

・早起きが得意な人!
・歩いてゆっくり地元めぐりをしたい人!
・歴史が好きな人!

今回散歩するエリアは今でこそ大都市札幌の一部ですが、かつてはひとつの町「豊平町」の中心として賑わっていたエリア。そこに点在する歴史遺産を中心に、当時の賑わいを想像しつつ栄枯盛衰を感じる、そんなノスタルジックな朝散歩のプランです。

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。
札幌で安く快適に泊まるならココ!
札幌国際ユースホステル札幌国際ユースホステル札幌国際ユースホステル

札幌(豊平エリア)でリーズナブルに泊まれる穴場的なホテル。時期にもよりますが、1泊1人3,000円程度で泊まれます。
安い上に大浴場も完備され、和室もあるという充実っぷり。浴衣やアメニティなどはありませんが、トイレや洗面所も清潔で快適に過ごせます。
しかも、米津玄師や安室奈美恵などのライブ会場にもなっている「きたえーる(北海道立総合体育センター)」も徒歩圏内
今回はここを拠点に、朝散歩に出かけてみましょう!

札幌国際ユースホステルは下の赤いボタンから予約できます。
札幌国際ユースホステル
場所:北海道札幌市豊平区豊平6条6-5-35
アクセス:学園前駅(札幌)から100m
営業時間:チェックイン15:00 チェックアウト翌10:00
かつてここは現役の石倉だった…
宮越屋珈琲 豊平店宮越屋珈琲 豊平店宮越屋珈琲 豊平店

国道36号線沿いにあるおしゃれなカフェ。北海道を中心に展開しているコーヒーチェーン「宮越屋珈琲」(本店は円山にあります)の豊平店です。
この店、かつての収穫した雑穀を保管していた石倉を再利用しており、有名な小樽運河の石倉と同じ札幌軟石でできています。
早朝だったのでまだ開店していません(開店は10時)でしたが、石倉で当時をしのびながらのコーヒー…きっと落ち着いた雰囲気でゆったりコーヒーを味わえるはず。

宮越屋珈琲 豊平店
場所:北海道札幌市豊平区豊平4条5丁目1-15
アクセス:学園前駅(札幌)から437m
営業時間:10:00〜01:00

旧豊平町役場跡

かつてここにひとつの町の役場があった…

1961(昭和36)年に札幌市に統合されるまで豊平(とよひら)町という町が存在していました。
その豊平町の役場がここにあり、今はひっそりと記念碑と記念プレート、そして店を残すのみ。(ちなみに、この店では何を売っているのでしょう?早朝だったのでまだ開店していませんでした。)
かつてここが豊平町というひとつの町の中心地だったという雰囲気は、お世辞にも感じられません。
時代が過ぎていくと、中心地も大都市のほんの一部と変わっていくものなんですね。

北海道がまだ開拓時代のときに開校した学校
札幌市立小学校 豊平小学校札幌市立小学校 豊平小学校札幌市立小学校 豊平小学校

明治14年に始まった豊平小学校。ゆうに100年を超える歴史のある小学校です。
しかし、上には上があり、北海道で一番歴史がある小学校はすすきの近郊にある資生館小学校で、豊平小学校よりもなんと10年早い明治4年に開校!
当時、開拓使、屯田兵と呼ばれる人たちが北海道を開拓していた時代に始まった学校です。歴史を感じますね。
二宮金次郎の銅像も健在です。

札幌市立小学校 豊平小学校
場所:北海道札幌市豊平区豊平5条7丁目
アクセス:学園前(北海道)駅[2]から徒歩約5分

豊平横断歩道橋跡

かつてここに北海道最古の歩道橋があった…

今は国道36号線を突っ切るものはなにもありませんが、かつてここには北海道最古、つまり北海道初の歩道橋がありました。
1967(昭和42)年に設置されたこの歩道橋、2015(平成27)年に、およそ半世紀にわたる役目を終え、撤去されました。
訪問当時(平成30年)のGoogle Map(画像参照)にまだ撤去されたはずの歩道橋がありましたが、現在はもうありません。
周りには記念碑も何もなく、痕跡は確実に消えていっているようです…。

定山渓鉄道豊平駅跡

かつてここから定山渓温泉まで鉄道が走っていた…

大正7年~昭和44年まで、ここから札幌の奥座敷と呼ばれる定山渓(じょうざんけい)温泉まで鉄道が走っていました
廃止されてからも、じょうてつ(定山渓鉄道から名称変更)の本社として使用され、ホームもあったようですが、今はご覧の通り、当時をしのぶものは潔いくらいに何もありません…。
ちなみに、すぐ北側には札幌市電の豊平駅もありました(ここには記念碑があります)。
かつては乗り降りする人で相当賑っていたのでしょうね。

なんと大学と地下鉄が直結!
学園前駅(北海道)学園前駅(北海道)学園前駅(北海道)

ここの駅は北海学園大学の最寄り駅。というか、もうこれは玄関!?
階段を下って駅に向かう途中に大学への入り口が出現します。
ちなみに北海学園は大学だけではなく、北海高校も併設。野球部は甲子園にも出場経験ありの強豪校です。
この駅は地下鉄東豊線の駅で札幌駅はもちろん、すすきの(豊水すすきの駅)や大通公園札幌ドームなどに行くときにも便利ですよ。

4号用水路跡

かつてここに用水路があった…

本日最後の「かつて…」は用水路跡。ここはかつて水田地帯として栄えていたそうです。
作物を作るためだけではなく、生活用水の確保として数々の用水路が引かれ、ここはそのひとつの跡。
今でこそ蛇口をひねると出てくる水の確保も、開拓当時は多くの時間と労力を必要としたのでしょう。
そんな当時の苦労をしのびながら、いよいよ朝散歩も終わりに近づいてきました。

汗をかいたらひとっ風呂浴びるもよし!
札幌国際ユースホステル

スタート地点のユースホステルに戻り、朝散歩もゴールです!
大浴場は8時まで入れますので、汗を流してさっぱりするのもいいですね。(ちなみに、8時以降でもチェックアウトまではシャワーが使えるので安心!)
チェックアウトは10時ですので、散歩後もゆっくり休めるのがありがたいです。

温故知新が入り混じる豊平エリア
札幌国際ユースホステル

北海道を代表する札幌も、今や日本の代表都市のひとつと数えられるくらいに発展してきました。
その発展はいろいろな歴史が重ねられた結果。「かつて…」はいまはもう存在しないのですが、形を変えて今に繋がっています
そう考えれば、今回の朝散歩はさみしさだけではなく、これからにもつながっていく、そんな希望も感じられますよ。早起きして、Let's walking!!

札幌国際ユースホステルは下の赤いボタンから予約できます。
札幌国際ユースホステル
場所:北海道札幌市豊平区豊平6条6-5-35
アクセス:学園前駅(札幌)から100m
営業時間:チェックイン15:00 チェックアウト翌10:00
Masato Takahashi / アウトドアトラベルライター
高校・小学校教員を経て、現在はフリーの翻訳家。学生時代に旅行で47都道府県を制覇し、一番気に入った北海道に移住。現在は主に北海道の自然を満喫中だが、たまにふらっと道外や海外にも出没。登山、キャンプ、温泉、ドライブ、食べ歩き、英会話が大好きな元関西人。
札幌市内(市街地)×おでかけ・散歩のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。