リアルな遊びをプロデュース

高野山 宿坊に泊まって仏教体験。仏像を見て、精進料理に大満足!【奥の院、一乗院、金剛峯寺、根本大塔】

和歌山県にある高野山の宿坊に泊まって、精進料理をいただき、仏教体験をするプランです。高野山は、平安時代819(弘仁10)年頃より、弘法大師空海が修行の場として開いた日本仏教の聖地。究極のパワースポットとも呼べる場所です。世界遺産にも登録される世界に誇る宗教都市で、非日常体験を味わいましょう。

さん
更新日:
閲覧数
9918
お気に入り
0

高野山駅

高野山駅高野山駅高野山駅高野山駅

東京駅から新幹線で新大阪駅へ。そこから電車を乗り継いで、南海高野線の極楽寺駅まで、約5時間。高野山の入口が「極楽」というのも面白いです。

そこからケーブルカーにのって7分ほどで高野山駅に到着。はるばるやってきたという感じです。駅からはバスに乗ります。

女人堂

途中「女人堂」があります。バスからも見ることができます。ここでバスを降りて、歩いていくのもおすすめです。

かつて高野山は女人禁制で、ここは女性が祈願する場所でした。

徳川家霊台

徳川家霊台

さらに進むと、徳川家霊廟があります。1643(寛永20)年に、三代将軍・家光が建てたものです。入場は200円。

出典:http://高野山観光.com/tokugawakereidai/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E9%9C%8A%E5%8F%B0.html

一乗院

一乗院一乗院一乗院一乗院

千手院橋バス停で降りて、バスが来た道をすこしもどると、お宿に到着。一乗院というお寺の宿坊に泊まります。お庭と池を楽しめる、素敵な部屋でした。

高野山には、真言宗の総本山である金剛峯寺をはじめ117の寺があり、その約半数が宿坊で、泊まることができます。

一乗院一乗院一乗院一乗院

夕食は、とても立派な精進料理です。いろいろな工夫や、手間暇が感じられます。

ひとつひとつじっくり味わい、感謝の気持ちでいただき、心まで満たされます。

食事のあとは、夜の散歩へ。

食べログhttp://tabelog.com/wakayama/A3001/A300103/30003818/

高野山

高野山高野山高野山高野山

夜の高野山は、人通りも少なく、凛とはりつめた、なんとも神秘的な雰囲気があります。高野山のシンボル、根本中堂は、ライトアップされて綺麗。金剛峯寺は、固く門が閉ざされています。

高野山の町には、何もないと思っていましたが、銀行や消防署、スナックどんぐりなど、結構いろいろな店がありました。

宿坊の門限が21時までだったので、それまえに戻ります。

一乗院

一乗院一乗院一乗院一乗院

朝6時半、一乗院の本堂で、お勤めが始まります。お坊さんがお経を唱える様子を見学し、最後には般若心経を読みました。

一乗院の本堂は、高野山でもっとも美しいといわれるそうです。

お勤めの後は、朝食になります。豆腐や野菜などの精進料理です。

奥之院

奥之院奥之院奥之院奥之院

千手院橋バス停から奥の院行きに乗ります。バスの本数はあまりないので、事前に調べておきましょう。

奥の院には、弘法大師が入定した「弘法大師御廟」があります。生きたまま断食をし即身仏(ミイラ)となった弘法大師は、現在も瞑想を続けているとされています。ただならぬ気配が漂うパワースポットです。

ここには戦国武将から現在人まで、無数のお墓がひしめいている霊場。巨大なお墓から無縁仏の墓、ロケット形の墓、シロアリの供養塔など、ありとあらゆるお墓を見ながら歩きます。

高野山金剛峯寺

高野山金剛峯寺高野山金剛峯寺高野山金剛峯寺高野山金剛峯寺

高野山の中心地に、バスで戻ってきました。真言宗の総本山・金剛峯寺でお参りします。

ここでは事前予約なしで阿字観体験(瞑想)ができます。1日4回実施(所要時間約1時間)9:30、11:30、13:30、15:30。各会定員20名。参加費1500円です。当日の先着順。

これまでのこと、これからのこと、自然と考えてしまいます。

出典:http://www.koyasan.or.jp/index.html

高野山 霊宝館

お次は高野山霊宝館へ。ここでは、素晴らしい仏像や曼荼羅などを鑑賞できます。

個人的にグッときたのは、深沙大将立像(じんじゃだいしょうりつぞう)。ドクロのネックレスと、おへそにある顔がたまりません。ロックですね。

入館料は600円、営業8:30~17:30(冬期~17:00)出典:http://www.reihokan.or.jp/

根本大塔

根本大塔根本大塔根本大塔根本大塔

根本大塔へ再びやってきました。200円で中にも入れます。816年から70年の歳月をかけて完成したと伝わる、高野山のシンボルです。

すこしいったところに、弘法大師ゆかりの「三鈷の松」もあります。

花菱

花菱花菱花菱花菱

お昼は『高野山料理 花菱』で、精進料理を。三鈷膳2160円です。メインディシュは「なす」。

立て続けに精進料理で、身も心も清らかになったような心持ちです(気のせい?)。

バスで高野山駅まで行き、ケーブルカーで山を降りて、5時間かけて東京へ帰ります。長い電車の旅路も、いろいろと考え事をするにはよい時間。「人生をイチから考え直す旅」になるかもしれません。

このプランのマップ

0
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom