日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,022
月間利用者数400万人以上

バスツアーで行く「ムーミンバレーパーク」1万円以下で楽しむ北欧気分!

1702
2019/04/30
0
バスツアーで行く「ムーミンバレーパーク」1万円以下で楽しむ北欧気分!

こんな人におすすめ

・北欧がお好きな方
・ムーミンバレーパークに行きたい方
・ムーミンがお好きな方

1万円以下で北欧旅行気分を味わえるおすすめスポット。埼玉県に2019年3月オープン、メッツァビレッジの「ムーミンバレーパーク」へ行ってきました。ムーミンの物語を主題としたテーマパークで、バスツアー(VIPツアー)に参加で楽ちんアクセス♪施設内にある4つのエリアを回りながらムーミン達と一緒に楽しめるフォトスポット、ムーミングッズなどを紹介していきます♡

バス車内

神出鬼没のErikaです(#^.^#)♡
今回は国内の北欧⁉ムーミンバレーパークへ行ってきました。

VIPツアーに参加し、
朝一からムーミンの世界観を楽しんできました。

ムーミンバレーに行くツアーで(食事なし)
7,000千円ほどでした♪

①「はじまりの入り江」
 ムーミンバレーパーク

車を走らせ2~3時間ほど、ムーミンバレーパークに到着♡
こちらがエントランス、ムーミンとスナフキンがお出迎えです。
かわいー♡

施設内は4つのエリア、
「はじまりの入り江」
「KOKEMUS(コケムス)」
「おさびし山」
「ムーミン谷」

で、構成されておりこちらは1つ目の「はじまりの入り江」です。

POUKAMA はじまりの入り江

4つのゲートにいるのは、メインキャラクターでもあるムーミン&スノークのおじょうさん、
スナフキン&リトルミイ、
ムーミンママ&トフスラン・ビフスラン、
ムーミンパパとニョロニョロのコンビネーション(∩´∀`)∩

さあ、本をくぐり抜けて物語の世界へ!

Alku kauppa(アルク カウッパ)

エントランスに一番近いお土産ショップ

「Alku kauppa(アルク カウッパ)」
ムーミンバレーパークのエントランスに最も近いグッズショップです‼

ムーミンのグッズの品揃えに感動。
可愛いタオルは家に欲しくなっちゃう!

MUUMILAAKSO ムーミン谷

②「ムーミン谷」

こちらは「MUUMILAAKSO ムーミン谷」
ムーミンバレーパークのメインエリア。

ムーミン谷では、
ライブエンターテイメントが楽しめる「エンマの劇場」や、
シンボルである「ムーミン屋敷」、
ムーミン達と撮影が楽しめる「ムイック フォト」、
「ウイマフオネ」という水浴び小屋があります。

こちらは劇場!1日に3回公演♪大人気です。
劇を楽しんだ後はムーミンの家の前で撮影★

MUUMILAAKSO ムーミン谷

ムーミンの家を通って更にパークの奥へ。
冬の間、トゥーティッキ(おしゃまさん)が暮らす「水浴び小屋」
にたどり着きました。

せっかくなら中を覗いてみて。

トゥーティッキは、一見男の子に見えるけど実は女の子。
横縞の服を着てズボンに入っている金色の髪を持つ女の子なんですよん♡

KOKEMUS コケムス

③「KOKEMUS(コケムス)」

「KOKEMUS コケムス」は、ムーミンの家のお隣にあります。

コケムスはフィンランド語で「体験」を意味。
3階建ての展示施設となっており、見どころ満載の施設。
8mを超える世界最大のムーミン谷の巨大ジオラマは
みんな注目のフォトスポット‼

レストランやカフェ、ショップも入っています。

YKSINÄISET VUORET おさびし山

④「おさびし山」

4つ目のエリア、「YKSINÄISET VUORET おさびし山」へ。

小説『ムーミンパパ海へ行く』に登場する灯台「マヤッカ」を見ることができます。
おさびし山のランドマークですね‼

ここでは子どもたちが自然の中で、
のびのびと気持ちよく遊ぶことのできる空間。

YKSINÄISET VUORET おさびし山

ヘムレンさんの遊園地

ヘムレンさんの遊園地には沢山の子供たち、そして笑い声♡
小説『ムーミン谷の仲間たち』に登場する、
しずかなのが好きなヘムレンさんが自ら作ってしまった遊園地をイメージしたんだそうですよ!
楽しいアスレチックツリーハウスです。

可愛いグッズもたくさん手に入れてね
メッツァビレッジ(metsä village)メッツァビレッジ(metsä village)メッツァビレッジ(metsä village)

パーク内では有料アトラクションもあります。
事前予約ができるので気になる方は予約をしましょう♡
当日混雑していても、そんなに待たずに入ることができますよ!

可愛いグッズにも注目!
パーク限定品も多くあるのでチェックしてみてね♪

ムーミンバレーパークについての詳細はこちら

インスタグラム♡Follow Me♡

Erika Anne Nagaoke 〜 Luxury Traveller Ameba オフィシャルブログ

メッツァビレッジ(metsä village)
場所:〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
アクセス:池袋から飯能駅まで約50分 東京駅から飯能駅まで約70分 八王子駅から飯能駅まで約35分 川越駅から飯能駅まで約25分 飯能駅からバスで15分ほど。
営業時間:平日10:00~21:00 土日祝日10:00~21:00
Erika Anne Nagaoke / フリーランスライター
シンガポール生まれ東京育ち、オーストラリア在住のErikaです!年間30回以上✈、親戚は日本・アメリカ・オーストラリア・香港・シンガポールに居て、インスタグラムやブログで帰省中・旅行中の様子を発信中。
所沢・入間×日帰り・プチ旅行のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。