まるっと1日遊びコーデ

広島で話題の新スポット!神勝寺 禅と庭のミュージアムで超絶スペクタクルな禅の世界を体感しよう!

234
2019/05/22
0
広島で話題の新スポット!神勝寺 禅と庭のミュージアムで超絶スペクタクルな禅の世界を体感しよう!

こんな人におすすめ

・神勝寺 禅と庭のミュージアムに興味がある人
・広島福で話題の新名所が知りたい人
・五感を磨く特別な体験をしたい人

本日ご紹介するのは広島 福山にある「神勝寺 禅と庭のミュージアム」。
福山市の山間に位置するここは様々なジャンルのトップクリエリター達によって表現された作品を通じて禅を体験する話題の新スポット。
自然に囲まれた東京ドーム約1.5個分の広大な敷地内で、都会の喧騒を忘れ五感をフルに使って「禅」を感じることができますよ。

このプランのマップ

福山西インター

福山市内からは車で30分ほど。

本日は広島福山市内から車を走らせること約30分。
静かな山間部にやって来ました。
近くには3世代テーマパークみろくの里もありますよ。

一見普通のお寺だよね。
神勝寺 禅と庭のミュージアム

こちらが神勝寺 禅と庭のミュージアムの入り口です。
一見、一般的なお寺にしか見えませんよね。
総門から入り、まずは受付を済ませましょう。

広がる想像の斜め上をゆく光景!
神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

総門か敷地内へ入ると左手に三角形の帽子をかぶったような建物「松堂」が見えて来ます。
こちらで拝観料(1,200円)を支払います。
ちなみに境内には食事処やお茶処、温泉などがあり、そちらとセットになったお得なチケットも購入することができます。
当たり前ですが、絵馬を発見。なぜだかとてつもない違和感を感じる...。笑

東京ドーム1.5個分って...。
神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

約7万坪もあり、東京ドームに換算すると約1.5個分!
広大な敷地内は驚くほど手入れがされており、ただただ美しい。
たくさんの自然に囲まれた中に移築された歴史ある建築物や建築家による作品が点在しています。

禅と深く関わる風情豊かな景色
神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

まずは敷地内を散策。
境内には池もあり、中央には道場奥にある「大徹堂」へと繋がるアーチ状の橋がかかっています。
大徹堂は非公開ですが、修行を行う場であり、坐禅をする場所である「単」が四方にわかれた、国内でも数例しかない配置となっています。

神勝寺 禅と庭のミュージアム

また「起きて(坐禅をする時)半畳、寝て一畳」という言葉があるように、修行道場で修行者に与えられるスペースは一畳に限られています。
神勝寺は建物や習慣から禅への意識を深める場所であり、実際に修行僧の体験をすることができる場所でもあります。

神勝寺 禅と庭のミュージアム
場所:広島県福山市沼隈町大字上山南91
アクセス:山陽自動車道:福山西インターより25分
営業時間:9:00−17:00(最終受付は16:30まで)
修行僧体験もできちゃう!
神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂

実際に修行僧の体験ができる場所がこちらの「五観堂」。
修行僧の食事作法で「神勝寺うどん」(1,200円)をいただける場所です。
建物周囲はたくさんの緑に囲まれとても静か。耳を済ませすと風で草木が揺れる音と川のせせらぎが静かに聞こえて来ます。

まずは食事の作法から
神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂

名物「神勝寺うどん」を頂く前に独特の作法を学ぶことからスタート。
3枚に重なった器と太くて長い「雲水箸」の使い方を教えていただきます。
もちろん強制ではないので、自由に食べていただいてOK。

豪快に登場!
神勝禅寺 五観堂

そして約20分ほどで運ばれて来たのが大きな桶に入った「神勝寺うどん」。
うどんの日はおかわりも自由で修行僧にとっては一番のご馳走なのだそう。
※こちらはお代わり不可。

シンプルで美味しい!
神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂

箸にかなり違和感がありますが、太いうどんは食べ応え抜群!
修行中の身なのでめちゃくちゃ質素かと思いきや、薬味や旬の一皿もついています。

シメもいただけちゃいます!
神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂神勝禅寺 五観堂

さらに締めのご飯付き!
うどんを食べた後のつゆに浸して頂きます。
薄まったつゆがちょうど良い濃さになり、食べやすい!
最後はたくわんでお椀を拭いて元の状態に片付けて終了です。

神勝禅寺 五観堂
場所:広島県福山市沼隈町大字上山南91
営業時間:11:00~14:30
食事処の他に茶屋もあるよ!
神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

五観堂を出た先には茶屋があり、コーヒーやソフトクリームなど喫茶メニューを楽しむこともできます。
お抹茶と和菓子がいただける「秀路軒」や休憩処もあります。

間違ってもサンダルで来ないように...。
神勝寺 禅と庭のミュージアム

ちなみに境内の道は舗装はされていますが、砂利道だったり起伏があったりと決して足場が良いとは言えないので、スニーカーがおすすめです。
どこぞのちんちくりんのように「境内だから平坦でしょ〜。」と油断してサンダルで来てはなりません。

利休の世界も感じよう!
神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

いよいよ山の中へ突入した頃に現れたのが「一来亭」。
こちらは利休が「極限の茶室」として1畳台目の茶室を営んだ建物を復元したもの。
写真2枚目、長方形の小さな入り口から一畳台目の茶室を確認することができます。

まさか一休さんに会えるなんて!
神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

茶室を後にして道を進むと突然現れた広場。
ここにはロバが一匹います。その名も「一休」。
お寺の境内にロバがいるのは、ここ神勝寺だけではないだろうか...。笑

無名院へ
神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

そして見えて来たのが、神勝寺の見どころの一つでもある「無名院」。
こちらに併設された「荘厳堂」では達磨でお馴染み、江戸時代中期の禅僧、白隠慧鶴(はくいんえかく)のコレクションが展示されています。

迫力を感じる白隠の世界!
神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

こちらでは国内で約200点の規模を有すコレクションを随時入れ替え展示しているため、何度訪れても楽しめるようになっています。
水墨画で描かれた凄まじい迫力とユーモアを感じる作風は人々を惹きつける魅力を感じます。

神勝寺 禅と庭のミュージアム

展示室は小規模ながら観賞用のベンチが設置されている他、
腰を下ろしてゆっくりと作品を鑑賞することができる広場もあるので、思う存分白隠の作品を堪能することができますよ。

Gmottoも飲んでみて!
神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

こちらにもちょっとした休憩処があり、広島の特産物であるレモンを使用したレモンサイダーGmotto(地元)をいただきました。
本堂のある無名院は境内の最も高い場所に位置しているため眺めも最高です。

見事な枯山水庭園
神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

本堂へ向かう前に庭へ目を向けると見事な枯山水庭園が広がります。
こちらの作品は造園家・作庭家である中根金作の作品であり、これほど規模の大きなものは国内有数なのだそう。
一休さんが雑巾掛けをしている光景を想像しながら、磨かれた廊下を歩き、本堂へ。

心が穏やかに...。
神勝寺 禅と庭のミュージアム

ひんやりとした建物内の奥、本尊には浜田泰三作の弥勒菩薩像を安置されています。
めちゃんこ神々しい!というよりは清らかな空気が漂い心がすっと軽くなるような雰囲気でした。
また300畳を超える本堂内では自己の研鑽の場として写経や座禅などを体験することが可能です。

神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

実は境内の山道は2パターンあり、こちらの階段から登って無名院を訪れることも可能です。
今回は左回りに参拝したので、降る形となりました。
手水舎の斜め向かいにある「鐘楼門」には鐘がつるされており、誰でも自由に鐘をつくことが可能です。
鐘の音を聞くことで、心の安らぎと心地よい緊張感を感じることができますよ。

神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

山頂から下り戻って来たところで池のほとりで蛇の求愛を発見。
なんだかご利益をいただけそう。笑

まさか、お風呂があるなんて!?
神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

驚くことに神勝寺には浴室があり、800円で入浴することが可能です。
浴室は修行道場の必須とされる七堂伽藍建築(山門・法堂・仏殿・禅堂・庫裡・東司・浴室)の一つで、建物内には跋陀婆羅菩薩も祀っています。

神勝寺 禅と庭のミュージアム
場所:広島県福山市沼隈町大字上山南91
アクセス:山陽自動車道:福山西インターより25分
営業時間:9:00−17:00(最終受付は16:30まで)
圧巻の茅葺屋根!
茶房 含空院茶房 含空院茶房 含空院茶房 含空院

たくさん歩いたので休憩に茶屋へ。
浴室隣にある「含空院」は築350年以上が経過した茅葺の茶屋。
ライブラリーも併設され、書籍やパンフレットは自由に閲覧することができます。

絶景を眺めながら一息
茶房 含空院茶房 含空院茶房 含空院

畳の広がる和室でいただくのは煎茶粟餅セット(800円)。
濃厚なあんことほんのり甘いきな粉がまぶされた粟餅はたくさん歩いた疲れを吹き飛ばしてくれますよ。

禅の心を忘れずに
茶房 含空院茶房 含空院

こちらでもちょっとした禅の体験をすることができます。
煎茶のおかわりは釜に入ったお湯を急須に移すことから。
こぼさぬよう精神統一しながらいただきましょう。

茶房 含空院
場所:広島県福山市沼隈町大字上山南91 神勝禅寺
営業時間:10:00~16:00
最後はメインスポットへ!
神勝寺 禅と庭のミュージアム

さぁ最後は神勝寺のメインとなるアート作品である「洸庭」へ向かいましょう。
こちら内部の拝見は時間が決まっており、毎時00分と30分に一度の入れ替え制ですので、時間を間違えぬよう注意が必要です。
境内にかかる専用通路から道路をまたいで3分ほどで到着です。

忽然と現れた方舟
神勝寺 禅と庭のミュージアム

現れたのは全長46mの巨大な木製の方舟。
とにかくその迫力がすごい!庭園の中央に浮かぶように建つ「洸庭」はまるでノアの方舟のよう。
作品は彫刻家である名和晃平氏が率いるクリエイティブ・プラットフォーム「SANDWICH」が企画、設計したもの。

神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

周囲は緑豊かな自然に囲まれており、ぐるっと見渡すことができます。
見渡している際、地面から伸びるチンアナゴを発見。
その正体はソテツワラビ。こちらも作品の一部です。

言葉では言い表せれない禅の体験を!
神勝寺 禅と庭のミュージアム

時間が来たので内部へ潜入!内部は撮影録画はNG。
お伝えできないのが残念ですが、船の内部は海原が広がり静かに波の音も聞こえて来ます。
そこから光と波が変化を繰り返し、言葉では表現できない奥深い禅の体験をすることができました。
私個人は「(暗闇のため)私は何を見ているんだ...」という戸惑いから、
いつしか無心にその景色を見つめ、五感で感じとるという、今までになり初めての経験でした!

お土産もゲットできる!
神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム神勝寺 禅と庭のミュージアム

神勝寺を後にする前に「松堂」にて土産物を見ることに。
こちらにはお守りを始め、ポストカードや白隠慧鶴に関するグッズも販売されています。
季節のよっても様々な顔を見せてくれる神勝寺、お寺の方のイチオシは真っ赤に染まった紅葉に囲まれる秋なのだそう!

終わりに
神勝寺 禅と庭のミュージアム

神勝寺は美術や芸術が好きな方だけでなく、自然に触れたい方やちょっとしたドライブを楽しみたい方にもおすすめ。
話題の神勝寺 禅と庭のミュージアムで禅の世界を堪能してみてはいかがでしょう。

神勝寺 禅と庭のミュージアム
場所:広島県福山市沼隈町大字上山南91
アクセス:山陽自動車道:福山西インターより25分
営業時間:9:00−17:00(最終受付は16:30まで)
高井里美
大阪在住歴4年目 関西をお庭にする計画実行中 よく海外へふらっと行きます 一人行動が好きだけど孤独は嫌いなちんちくりん。
福山・尾道・三原×おでかけ・散歩のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。