まるっと1日遊びコーデ

福岡から船で10分!福岡の離島「能古島」は夏の青春デートにぴったり★

339
2019/06/30
0
福岡から船で10分!福岡の離島「能古島」は夏の青春デートにぴったり★

能古島は福岡の姪の浜にある渡船場から10分で渡れる島。
海外の観光客が増えている島でもありますが、島ののんびりした雰囲気が残っている島でもあります。
天神から渡船場までバスも出ているので、かなりアクセス良好な離島です。
能古島で楽しむ夏の青春デート編をどうぞ!

能古島ってどんな島?
能古島

能古島は、福岡市西区に属する離島です。
博多湾の中央に浮かんでおり、都会のすぐ近くにありながら、都会の喧騒を忘れることができる観光地・行楽地として親しまれています。
渡船場からわずか10分で到着するほど、近い島で、最近は移住者もどんどん増えているという話も聞いています!

こんなに都会に近いのに、島のゆったりした雰囲気が残っていて、ほのぼのと過ごすことができます。

能古島のオススメポイント①

天神・博多からめっちゃ近い!!

びっくりするほどアクセスが良好な島です。
島旅と言えば、フェリー乗り場まで行って〜船に乗って〜船から降りたらレンタカー借りて〜と、
結構行くだけで手間と時間がかかって、足が遠のく人が多いイメージです。

でも、能古島は都会の中心から渡船場に行くまでの時間も短いし、
渡船場から出ている船の本数も多いし、
観光バスも島内にあります。

島に行くまでも、島に着いてからも、アクセス面がめちゃめちゃいいのです!
オススメポイント、一つ目ですね。

能古島のオススメポイント②

能古島アイランドパークで、風景も島グルメもインスタ映えもいいとこ取り!!

のこのしまアイランドパークでは、能古島の豊かな自然を利用した花園や、頂上から見下ろす福岡の風景、海、
そして、能古島名物の「のこうどん」が楽しめる、能古島の良いところが凝縮された公園なんです!
インスタ映えも美味しいご飯も風景も全部が全部いいとこ取り♩

能古島のオススメポイント③

港前の直売所で島の名物が食べれる!買える!

港横の直売所では、能古島ならではのものがたくさん売ってあります。

のこサイダー、能古島作られている「落花生もやし」やその他のお野菜、
島のおばちゃんが作る温かいほっこり手料理や、名物ハンバーガーなど、
ここに能古島が凝縮されていると言っても過言ではありません。
ぜひお土産にいかがでしょうか。

バスは天神からも出ております
能古渡船場/西鉄バス

では早速、能古島へ向かいましょう!!
福岡の中心・天神からもバスで一本で渡船場まで向かうことができるので、アクセスはかなり良好です。
海が近くなる、島旅ならではのワクワク感はたまりません!

船のチケットは渡船場の中に売り場がありまして、そちらで購入ができます。
船に乗る直前に買うのは、混み合う場合があるのであまりオススメはしません。
往復チケットの購入しかできないので、帰り道のチケットをなくさないように保管には注意です。

能古渡船場/西鉄バス
場所:福岡県福岡市西区愛宕浜
アクセス:姪浜駅[北口]から徒歩約23分
到着〜〜〜〜
能古島能古島能古島

せっかく船に乗るんだから、船の上から見える景色も楽しんで♩

平日に来ましたが、海外からの観光客の皆さんでぎっしり!
土日はもっと混み合いそうですね〜〜〜
早めに渡船場に到着して並ぶのをオススメします!

のこのしまアイランドパークへ向かうバスに乗ろう!
能古島

のこのしまを散策する方法は三つあります。
⑴徒歩:徒歩でしか行けなさそうな路地や風景をゆっくり満喫できます。
⑵自転車:港前の直売所で貸し出しを行っています。もちろん電動チャリ!急勾配が多い島なので、水分補給や体調管理はしっかり行いましょう!
⑶観光バス:のこのしまアイランドパークを終点に、能古博物館や古墳で降りることができるバスです。

今回は、のこのしまアイランドパークを目指します!!
ということで、バスにめがけてダッシュ〜〜〜!
たまに臨時便が出ることもありますが、このバスに乗り遅れると次のバスまで1時間待たなきゃいけない時間帯もあります・・
島での時間管理はとっても大事!
あらかじめしっかり調べておきましょう♩

能古島の風景、グルメ、花園などが楽しめるパーク!
のこのしまアイランドパークのこのしまアイランドパークのこのしまアイランドパークのこのしまアイランドパーク

のこのしまアイランドパークへやってきました。
港からバスに乗ること約15分。
急な坂をバスが上って到着します。

こちらでは能古島の豊かな自然を利用した花園や、頂上から見下ろす福岡の風景、海、
そして、能古島名物の「のこうどん」が楽しめる、能古島の良いところが凝縮された公園なんです!

入場料はかかりますので、調べておきましょう!

能古島名物「能古うどん」を食べよう
のこのしまアイランドパークのこのしまアイランドパークのこのしまアイランドパーク

パーク内はいろんなルートでいろんなことを楽しむことができます。
お腹もすいたので、早速お昼ご飯を♩
今回は能古島名物の「能古うどん」をいただきます。
港の直売所などでも乾麺のうどんが購入できるので、気に入った方はぜひお土産にもどうぞ!

広大な海と、島の自然と
のこのしまアイランドパーク

のこのしまアイランドパークの一番素敵だな〜と思うところは、
標高の高いところから福岡の風景や海が一望できるところ♩

大体の島は頂上に行くまでに登山やハイキングをしなければならないのですが、
ここまで環境や道が整えられている島はなかなかありません!

たまにお花を楽しみながらゆ〜ったりと過ごしましょう♩

のこのしまアイランドパーク
場所:福岡県福岡市西区能古1624
アクセス:福岡市営地下鉄空港線 姪浜駅下車→西鉄バス「姪浜駅北口」より「能古渡船場」下車 西鉄バス「博多駅前A」より「能古渡船場」下車
営業時間:平日/9:00〜17:30、日祝/9:00〜18:30
港前の島気分カフェ
noconico cafe

のこのしまアイランドパークから戻ってきました!
いっぱい遊んだな〜歩いたな〜疲れたな〜と思うときは、港すぐ近くにある「noconico cafe」を利用してみてください♩
能古島でとれる柑橘を使った涼しげなドリンクメニューがとっても美味しい!

noconico cafe
場所:福岡県福岡市西区能古457-1
アクセス:姪浜の能古渡船場からフェリーで10分 下山門駅から3,444m
営業時間:11:00〜19:00
お土産はいかがでしょうか
能古島案内所能古島案内所能古島案内所能古島案内所

そろそろ本土に戻ろうかな〜とフェリーを待っている間に、ぜひ行って欲しいところが港横の直売所。
能古島で作られている野菜や名物サイダー、のこバーガーなどが販売してあります。
気になるものがありましたか?

白髭神社

秋の行事“おくんち”は、福岡市の無形民俗文化財の神社

港から歩いて10分ほどの場所にある「白髭神社」。

実は「能古島」という島の名前は、この神社に祀っている祭神「神功皇后」のエピソードから由来します。
10月9日に行われる例祭は「おくんち」と呼ばれ、「おくんち」は福岡市の無形民俗文化財に指定されているそうです。

能古島の旅、いかがでしたか?

今回は結構テンプレートな能古島の旅でしたが・・

今回の能古島旅は誰もがゆくルートで行ってみました!
開館曜日が限られている能古博物館に行ってみるとか、古墳を求めて早田古墳とか、ちょっと港から外れたところを歩いてみるとか、もっと能古島を楽しむことができる場所はたくさんあります!
次回はアイランドパークだけでなく、能古島とはなんぞや?というところを求める旅も絶対に楽しいですよ!

木下 愛
離島、お祭り、カメラ、洋画のラブストーリー、旅行が大好き。
福岡市内(市街地)×デートのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。