日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,832
月間利用者数400万人以上

東京で唯一のレーシングカート体験を!初心者でも楽しめるバヅクリの「カート部」in北千住

3190
2020/06/24
東京で唯一のレーシングカート体験を!初心者でも楽しめるバヅクリの「カート部」in北千住

こんな人におすすめ

・レーシングカートを体験したい方
・カートが好きな方
・刺激が足りていない方

初心者でも簡単に都内でレーシングカート体験出来るのを知っていますか?京成関屋駅にある「シティカート」は駅かえあ徒歩5分と利便性抜群な上に、個人利用はもちろん団体利用も可能です。今回は、バヅクリの「カート部」で「シティカート」に遊びに行き、団体でフリー走行やレースに挑戦してみました!レーシングカートが趣味な方はもちろん初心者の方でも楽しめる記事になります。ぜひ、最後までご覧下さい。

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。

レーシングカートを楽しみたいけれど、初心者でも出来るの?

東京にある「シティカート」なら気軽にアクセス

皆さん、レーシングカートをしたことはありますか?
レーシングカートとは老若男女問わず楽しめるモータースポーツのこと。子供から大人まで楽しめ、自動車の運転免許は必要なし!
遊園地によくあるゴーカートよりスピードが出るので、気軽に気分転換が出来ますよ!
知ってはいるしテレビではよく見るけれど、初心者が挑戦するのは難しそうだし、どこで楽しめるのかイマイチ分からない…
そんな人におすすめなのが、京成関屋駅、東武伊勢崎線牛田駅より徒歩5分のところある「シティカート」

こちらの「シティカート」は、アメージングスクエアという総合スポーツ施設内にあり、個人や団体が羽を伸ばしてレーシングカートに打ち込めるカート場です!
写真のようなコースがあり、そちらのコースをレーシングカートで走る体験ができます。
免許は不要なので初心者でもオッケーで、小学生から楽しめちゃいます♡
東京にこんなレーシングカートが体験できるスポットがあるのは驚きですよね!

バヅクリの「カート部」に参加!

初心者でもみんなが楽しめる

今回は、バヅクリが主催しているカート部に参加してレーシングカートを楽しむことに。

ちなみにバヅクリとは「遊び、学び、つながる」をテーマにした月額会員制の遊びのコミュニティ。
さまざまな体験のプロである「部長」が中心となって、毎月10回以上のオンライン参加型のアソビ・学び・つながるイベントを開催、そしてコロナと戦うみなさんの生活に彩りと豊かさをもたらしてくれるサービスです。
子供から大人まで参加OK、部員でない方も一般・体験参加枠として参加できます。

カート部の部長は、中川 亮さん。F1、ダンス、旅行、スノボなど多趣味な方で、イベントを盛り上げてくれます!

「カート部」に参加するメリット
・初心者の方にも、カートの乗り方から、走行時のルール、速く走るためのコツなど、しっかり教えてくれる
・自分がレースに参加している様子をドローンの空撮で観られる
・ほかにレーシングカートに興味がある人とワイワイ盛り上がれる

etc...

「シティカート」はこんな様子!

「シティカート」のコートレイアウトは、
全長403m、コース幅4〜5m、最大直線距離60mなので初心者の方でも走りやすいレーシングカートコースになっています。
また、「シティカート」は、ヘルメットや手袋などの装備は無料レンタルできるので気軽にレーシングカート体験を楽しめます。

①「シティカート」を貸し切ってレーシングバトル

まず、カート部のイベントの流れとしては、
「予選→チームで本戦」という形で行なわれます。
初心者で遅れを取らないか心配な方も、予選のタイムでチームを組むので安心ですよ!

気になる方はバヅクリのHPからチェックして下さい!

②初心者でも安心!カートの説明からスタート♡

自己紹介タイムもあるので打ちとけられる

予選が行なわれる前に、事前にカートを操縦するにあたってのルールや操縦の仕方を説明してもらえます!
「右足がアクセル、左足がブレーキで、アクセルを踏みながらハンドルをきるとスピンします…また、、」
↑こんな感じで分かりやすい説明が初めにあるので、安心ですね♡
私はカートレース初心者なので、真面目にお話を聞いてお勉強しました(笑)。

その後、自己紹介とレース経験の有無を話しましたが、今回は初心者が少なく、参加者は男性が多い印象でした。

③いよいよ、シティカートを貸し切ってレーシングカート体験!

「百聞は一見にしかず」ということで、まずはチャレンジ!!
予選は、1人7分でカートレースをします。
こちらは、チーム戦ではなく個人戦。
予選の結果でチームが決まります。

自分が乗車するカートの番号を覚えて、いざレースへ。
1周のコースタイムがモニターに表示されます。

1番早い人は、コースを1周するのに30秒だそう…!
平均タイムは、30秒後半から40秒前半でした。
男性と女性ではやっぱりタイムに差が出そう〜と思いましたが、意外と女性も男性に負けないくらい早かったです。

④途中でドローン隊が出動!

刺激的なレースは、ドローンが撮影♡
なかなかドローンが撮影してくれる機会なんてないですが、この臨場感溢れる光景が楽しめるのも「バヅクリ」ならではの特徴。
ドローンならではの動画撮影を見られるので、刺激的で面白いですよ!
気になる方は下記リンクからチェックして見てください。
ドローンでー撮影した「カート部」の様子

⑤自分の出番までリラックスタイム♡

自分の番が回ってくるまで、みんなリラックス♡
この時間に、各自昼食をとったり他の参加者との交流があります。
「カート部」には、幅広い年代の、普段なら関わることのない多種多様な方々が集まっていて、私だけ大学生だったので心配でしたが、皆が仲良く話せる雰囲気だったので、アウェイ感が無く安心できました。

⑥緊張の本番!50分間の耐久チームレースがスタート

本選では、みんな優勝目指して本気な様子。
体感速度200km/hと、F1並みの迫力があるレースが楽しめます。
予選とは違い、写真からもかなりのスピード感が伝わってきますよね(笑)

50分間の耐久レースなので、チームごとで作戦を練ってコースを走りました。カートレースは、思った以上に重力がかかりとても体力を使うので、メンバー交代が大切です。

⑦最後は、レーシングカートバトルの表彰式♡

最後に本選の結果を発表!
3位以内に入ったチームが表彰台で表彰され、1位のグループはなんと次回から使える「カート部への参加無料チケット」が手に入ります♡
これは嬉しい♪

「カート部」は、年齢、性別関係なく、チーム意識を持ち目標に向かって頑張る仲間ができます。
皆さんも1位を狙って頑張りましょう。

スリルを味わいたい方におすすめな「カート部」

一度はやってみたいレアな「レーシングカート」体験が東京で、できるのが「バヅクリ」です。
私はレーシングカート初心者でしたが、プロの方が丁寧に教えてくれるので、安心してた体験出来ました。なによりスピード感がゴーカートとは全然違って楽しい!

今回は、「シティカート」でのレーシングカート体験でしたが、今後も関東近辺のレース場を貸し切って、上記のようなイベントを開催していきますよ。

他ではできない、遊びと学びが「バヅクリ」では体験できます。

バヅクリでは他にもBBQ部や図工部、クイズ部など色々なイベントが開催中!
人気のイベントはすぐに枠が埋まってしまうので、こちらのリンクからチェックしてみてくださいね!

mari / 女子大生WEBライター
✒︎♡WEBライター4年目/🍓いちごアソシエイツ2020/デートコースがイマイチな男子を撲滅させます😊デートプラン/女子会スポット
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。