リアルな遊びをプロデュース

新宿・四谷 東京おもちゃ美術館で遊び、肉とワインを優雅に楽しむ【東京おもちゃ美術館、カルネヴィーノ】

遊びのパラダイス『東京おもちゃ美術館』で子どもをしっかり遊ばせて、肉とワインを楽しめるレストラン『カルネヴィーノ』で大人も最高の週末を楽しむ、そんな一度に二兎を追うわがままなプランです。

さん
更新日:
閲覧数
6813
お気に入り
1

四谷三丁目駅

四谷三丁目駅

新宿と四谷の間にある丸ノ内線四谷三丁目で降ります。
新宿や四谷近くは開拓してみると結構穴場があるので散策してみると面白いですよ。

東京おもちゃ美術館

東京おもちゃ美術館東京おもちゃ美術館東京おもちゃ美術館東京おもちゃ美術館

東京おもちゃ美術館までは、2番出口から徒歩7分ほどです。

小学校を改築して作られた美術館です。校庭にある公園で遊ぶこともできます。こちらは無料。

営業:10:00~16:00、定休:木曜、料金:子ども500円※2歳以下は無料、おとな700円 (中学生以上) 。※ペア券は1000円

東京おもちゃ美術館東京おもちゃ美術館東京おもちゃ美術館東京おもちゃ美術館

1階には0・1・2歳専用のお赤ちゃん木育ひろばがあります。

ミュージアムショップでは、いろんなおもちゃをお土産に購入できます。

日本グッド・トイ委員会が選定した良質なグッド・トイを紹介する部屋もあります。

出典:http://www.goodtoy.org/ttm/index.html

東京おもちゃ美術館東京おもちゃ美術館東京おもちゃ美術館東京おもちゃ美術館

靴を脱いで遊ぶ「おもちゃのもり」、自分で作って遊ぶ「おもちゃ工房」、いろんなゲームがある「ゲームのへや」など、子どもが一日中遊べる施設です。

お昼になったら、子どもを何とかなだめすかして、料理を食べに行きましょう。※当日再入場できます。

カルネヴィーノ

カルネヴィーノカルネヴィーノカルネヴィーノカルネヴィーノ

東京おもちゃ美術館のすぐ裏手にある、イタリアンレストラン『カルネヴィーノ』。

二階に入口があり、一見すると住宅のような隠れ家的なお店です。ここは必ず予約をし、子どもがいる旨も伝えておきましょう。

10人までOKの半個室や、8人まで行ける1階の部屋もあります。

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13009833/

カルネヴィーノカルネヴィーノカルネヴィーノ

ただし、ここはワインとお肉を、贅沢に楽しむお店。子どもメニューは特にありません。

料理に合わせてグラスワインのおすすめをお願いしました。800円くらい。

平日は1200円のランチがあります。その他、2000円、3000円、4500円のコースです。

肉にこだわる店だけに、肉用ナイフは、ソムリエナイフで有名なシャトーラギオール。ミツバチのシンボルマークがついています。

カルネヴィーノカルネヴィーノカルネヴィーノカルネヴィーノ

こちらは4500円のコース(ドルチェ付き)。前菜は2種類のカマンベールチーズと、ホタテのグリル。パスタは大山鳥のパスタ。メインのお肉は、ジャージー牛でした。

コースは2時間くらい。美味しいワインと料理で、ゆったりとした、週末の優雅なひと時を過ごせます。

カルネヴィーノカルネヴィーノカルネヴィーノ

デザート(ドルチェ)でたのんだのは「赤パプリカのカタラーナ」(クレームブリュレのアイスのようなもの)。こちら男性人気ナンバー1のメニューらしいです。病みつきになる味わい。

さて、食後は、東京おもちゃ美術館でもうひと遊び。

入場無料の消防博物館に行くのもおすすめです。http://play-life.jp/plans/3016 

あるいは、新宿御苑まで、ふらっとお散歩もいいかもです。

このプランのマップ

1
ライター紹介
編集者・ライター。1977年7月1日生まれ。大学時代にバックパッカーとして旅する。出版社に勤務し、ガイドブックなどを制作。現在、編集プロダクションJETならびに出版社まる出版に所属し、児童書を中心に多岐にわたる本を制作する。著書に『タオルの絆』(コープ出版)、『うごかすえほん はたらくくるまとまちをつくろう!』(まる出版)がある。
Line pc bottom