日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース21,782
月間利用者数400万人以上

自粛中も自然を取り入れてリフレッシュ!トロピカルな空間でエネルギーチャージ

230
2020/05/22
自粛中も自然を取り入れてリフレッシュ!トロピカルな空間でエネルギーチャージ

こんな人におすすめ

・自然が好きな人
・いつも変わらない室内の景色に飽きた人
・お家の雰囲気をフレッシュにしたい人

自粛期間が長引いて心も体疲れてしまった。そんな方も、多いのではないでしょうか。定期的に外で自然に触れている方が心も体も健康的な気分で過ごせますよね。今日はそんなあなたにおすすめしたいお家の中で自然を楽しみ、心を生き生きさせながら過ごす方法を紹介します。

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。

自然が恋しくなってくる..,

おうち時間をずっと過ごしていると心からも、体からも...フレッシュさがなくなっていくのが難点ですよね。

普段の生活なら、外に出ればペットを散歩させている人や、公園の自然など、都会であろうとローカルな場所であろうと、フレッシュさは常に感じることができます。
しかし、おうち時間で自然を感じるには一工夫必要。

そこで今回は、おうちの中に居ながらも自然を感じられるコツをご紹介します。
♡ライタープロフィール♡
インスタブログツイッター

その①:お部屋に自然を感じられる雑貨・写真を置く

眺めるだけで癒しタイムに変わる♡

例えば、小さい木を買ってベッド脇に置いてあげたりするだけで、部屋が生き生きとしてきたりします。
最近は100均にも種類豊富な造花や観葉植物が売られているので、簡単に手に入ります!

木というと大きくて育てるのが大変...そんなイメージを持っている方も多いと思いますが、実際は、小さくて育てやすい木もあるんですよ♡
気が向いた時にお水をあげるだけでいいので、育てるのも簡単です。

その①:お部屋に自然を感じられる雑貨・写真を置く

ミニチュアサイズのミニサボテンもおすすめ

花を咲かせることもあるという植物、サボテン。こちらの水やりも1週間に2、3回で済むので忙しい方にもおすすめです。
写真のサボテンは触っても痛くないので、小さい子供やペットがいる家でも安心です。

その①:お部屋に自然を感じられる雑貨・写真を置く

フレッシュさをいたるところにプラス!

ベッドやテーブル以外にも、いたるところに「あ、フレッシュだな」と思えるようなものを置きます。
写真の黄色いおお花はフランフランで購入しました。
枯れないお花ですが、リアルな生花に見えるので、元気がもらえます♪

その②:綺麗な風景の写真を飾ろう

写真からも自然を感じて

植物だけでなく、写真も自然を感じられるようなものを飾ってあげるといいですよ♡

この写真は、宮崎県のとある場所からの朝日の写真。目に入るだけでフレッシュな気持ちになれるんですよね♪

そして温かみのあるウッディ調の写真フレームはまさかの100均◎ 軽いので両面テープで壁にペタっと貼るだけでOKです!

その③:ベランダでもフレッシュな時間を

お部屋に置けない植物も育てられる

コンパクトなお家に住まれている方はベランダにとくにこだわりがないという方も多いと思います。
ですが、ベランダでゆっくり時間を過ごせる時間が増える自粛期間中に、ベランダ空間を軽くリメイクしてみると、雰囲気がガラッと変わります!

その③:ベランダでもフレッシュな時間を

お花とともにカフェ気分を味わおう

お花だけではなく、屋外のBBQで使うような小さな椅子をベランダに置いてみたりするだけで、リラックス空間の完成です。
最近では、ベランダでご飯やカフェ、BBQを楽しむ人も増えているみたいです♪

おうち時間も自然に囲まれてのびのびと♡

おうち時間をリラックスできるものにするために、お花や観葉植物を置くだけで心も体もリフレッシュ〜♡
のびのび出来て最高です。

今回ご紹介したコツは、100均などで揃えられるものがほとんどで、お金もかからないので、おうちの中で植物を育ててみてくださいね。

SNSでもお出かけ・美容情報発信中!♡
インスタ
ブログ
ツイッター

チェックしてみてください◎

黒木莉紗 / フリーランスライター
日本×スイス/美容・お出かけライター/モデル ライター>>GODMake.Feely,lamire...etcで執筆中。 モデル>> Wild Flower Management 所属
渋谷×デートのプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。