日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース22,079
月間利用者数400万人以上

加計呂麻島の歴史「安脚場戦跡公園」と島の絶景をゆったり楽しむドライブ&散策旅

1946
2021/02/24
加計呂麻島の歴史「安脚場戦跡公園」と島の絶景をゆったり楽しむドライブ&散策旅

今回は、鹿児島県の離島・奄美群島のひとつ"加計呂麻島"へドライブ旅にやってきました。加計呂麻島は奄美大島からフェリーで渡るプチ冒険溢れる小さな有人島です。
シュノーケルやダイビングなどマリンアクティビティや、何もない素朴さが人気の島ですが、今回は島の東側エリアを中心に、島の絶景と歴史をゆったりと楽しむ車旅プランをご紹介していきます。

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。
古仁屋港

加計呂麻島に行くには、古仁屋港からフェリーに乗ることが絶対条件です。
フェリーに乗る際にいくつか知っておいた方がいい点をご紹介します。

フェリー情報① 加計呂麻島には港が2つある!?
古仁屋港

加計呂麻島には、実は港が2つあります。
「生間(いけま)港」「瀬相(せそう)港」の2つで、古仁屋港からどちらの港にもアクセスすることができます。

加計呂麻島は奄美大島に比べると小さな島ですが、車で走ると港と港の間でも車で約40分はかかってしまうほど、意外と移動に時間を要します。

目的地までのアクセス方法や所要時間をしっかり調べて行くことをオススメします。

フェリー情報② 往復チケットは往復で出発港が違っても問題なし!
古仁屋港

「時間の都合上、こっちからの港からは乗れるけどあっちの港には間に合わない・・!」
なんてトラブルに陥ってしまう人も中にはいるかと思います。
往復チケットは、往復で出発港が違っても問題なし!と港のスタッフさんに聞きました。
近くの港からサクサク帰りましょう。

フェリー情報③ 奄美大島で借りたレンタカーはフェリーに乗せられない!
古仁屋港

フェリーは車を積んで移動できるところが利点ですが、なんと奄美大島で借りたレンタカーはフェリーに乗せることができません。
先述した通り、加計呂麻島は地図で見るよりも体感的に大きな島なので、加計呂麻島側のレンタカーをあらかじめ手配しておくことをオススメします。
奄美大島に比べてレンタカー屋さんが少ないので、早めに予約をしておきましょう。

フェリーに乗り遅れた!? いざとなったら・・
古仁屋港

もしフェリーに乗り遅れた時はどうしたら良いでしょう?

そんな時は、最終便にさえ間に合えば、「海上タクシー」という手があるので安心を。

フェリーと違い、島人が個人船を運転して送り届けてくれます。
海上タクシーは価格が高いイメージがありましたが、加計呂麻島の海上タクシーはフェリーの金額とあまり変わらないリーズナブル。
定員が少ない&船の揺れやにおいに旅の情緒が溢れ出る特別感は、エモさを感じます。

古仁屋港
場所:鹿児島県大島郡瀬戸内町大字古仁屋
今回は島の東エリアを旅するので、生間港で降ります
生間港

生間港に到着です!
こじんまりとした港を見ると、冒険心が膨らみます。
港近くにあるレンタカー屋で車を借りて、早速旅を始めましょう!

生間港
場所:鹿児島県大島郡瀬戸内町大字生間

諸鈍長浜

島に来たら? まずは海でしょ!

まずは、生間港から一番近い集落「諸鈍集落」へやってきました。
『諸鈍シバヤ』という集落行事が有名な集落ですが、浜の綺麗さもまた有名です。
寅さんのロケ地にもなった場所で、隣にある公園には記念碑が建てられています。

諸鈍デイゴ並木

海辺にたたずむデイゴの並木道を散歩する

諸鈍長浜からテクテク歩くと、集落の横に広がるデイゴ並木に出会います。
デイゴは春〜初夏にかけて咲く花が有名ですが、数年に一度しか咲かない気分屋さんな花で、この時期に見ることができた人はとても幸運。
花が咲いてなくとも、木漏れ日や波の音、ゆったりとした時間に癒されるので、ぜひ晴れた日に散歩をして欲しいスポットのひとつです。
堤防や砂浜で買ってきたお弁当を広げて食べるのも、オススメの楽しみ方です。

加計呂麻島の苦い歴史を知る
安脚場戦跡公園安脚場戦跡公園安脚場戦跡公園安脚場戦跡公園

諸鈍集落で島っぽさを楽しんだら、次は島の歴史を知りながら、島の自然の豊かさを感じることができる「安脚場戦跡公園」へ。

東端にある安脚場(あんきゃば)集落には、大島海峡内の連合艦隊の泊地を防衛するために軍事施設が置かれていました。
今でも弾薬庫や金子手崎防備衛所の建物跡がしっかり残っている跡地で、現在は公園として整備されています。

当時この場所がどんな場所だったか、どんな歴史を持つ場所か、説明書きや跡地を目にしながら体感することができます。

登ったり下ったりプチ運動になる
安脚場戦跡公園

公園内は坂が多く、登ったり下ったりと割とプチ運動になります。
ヒールの高い靴や不安定な靴は控えることをオススメします。

ところどころ現れる壮大な絶景に惚れ惚れ
安脚場戦跡公園安脚場戦跡公園安脚場戦跡公園安脚場戦跡公園

この公園は、昔から変わらない島の壮大で厳しい自然と、昔の島の歴史を伝える跡地があり、その相対的な要素から、加計呂麻島を体感できるポイントが魅力的な場所です。
ぜひ天気の良い日に、満足するまでじっくり公園や自然を散策し尽くすことをオススメします。

安脚場戦跡公園
場所:鹿児島県大島郡瀬戸内町安脚場
アクセス:生間港から車で約20分
生間港

島の東側エリアを散策する人は、帰りも同じく生間港から帰りましょう。
レンタカーを返却する時間を考えながら、ゆとりを持って港へ向かいましょう。

生間港
場所:鹿児島県大島郡瀬戸内町大字生間

今回のプランはいかがでしたか?

今回は、加計呂麻島の大自然が中心の散策プランを紹介しました。
加計呂麻島は秘境感が強い島で、何度も訪れる人がいるほどファンになってしまったら、なかなかその魅力から抜け出せない島です。
ぜひ今の世の中が落ち着いたら、島民の知り合いをつくってみるのもアリかもしれません。

木下 愛
離島、お祭り、カメラ、洋画のラブストーリー、旅行が大好き。
諸島・列島×旅行・観光のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。