日本最大級!遊びプラン投稿メディア
モデルコース22,081
月間利用者数400万人以上

昭和2年創業だと!?秩父「パリー食堂」は"レトロ"という言葉では片付けられない佇まい

944
2021/04/21
昭和2年創業だと!?秩父「パリー食堂」は"レトロ"という言葉では片付けられない佇まい

こんな人におすすめ

・レトロな街並みが好きな人
・ちょろっと遠出したい人

埼玉県屈指の観光地である秩父。車でアクセスしやすいうえ秩父鉄道も通っていて、その駅周辺には古い建物が残るレトロで素敵な商店街が存在します。とある駅の商店街にある「パリー食堂」は昭和2年創業で、有形文化財になっているという、他ではなかなか見ることのできない激アツスポット!今回はそんなレトロでエモエモなパリー食堂を起点とした、秩父1泊2日の旅行プランをご紹介。

新型コロナウイルスの影響で日々状況が変化していますので、最新情報については各施設のHPをご確認ください。
また、外出自粛要請の出ている地域において、不要不急の外出はお控えください。
感染症の予防および拡散防止のために、咳エチケット・手洗い・アルコール消毒・マスク着用などを心がけるようお願いいたします。
レトロなお店が立ち並ぶ商店街
番場商店街番場商店街番場商店街番場商店街番場商店街番場商店街

車を飛ばしてやってきました番場商店街。
商店街の無料駐車場とコインパーキング(格安)があるので、車で行っても不自由はしません。

この写真を見ただけで、「うおお!」となった人もいるのではないでしょうか?

番場商店街
場所:秩父市番場町
アクセス:秩父鉄道「御花畑駅」すぐ
最寄駅は御花畑駅!(芝桜駅)
御花畑駅御花畑駅御花畑駅御花畑駅

電車でアクセスする場合は秩父鉄道の御花畑駅で降りればOK!
駅もローカル感があって素敵。

ちなみに、駅からこの番場商店街を抜けると、メジャー観光スポットである秩父神社が見えてきます。

他のレトロなお店とは一線を画している
パリー食堂

商店街の途中の路地に入ってすぐに見えてくる、風情ありすぎる建物。

どうです?これがパリー食堂です。
さっきの「うおお!」の30倍「うおお!」じゃないですか?

全てが反則級にレトロでエモい!
もはや"レトロ"なんて言葉が安っぽく感じるほどの佇まい。

素敵フォント
パリー食堂

外観から溢れ出る素敵ポイント①
パリーのフォントや文字色、窓の上の模様。

ーリパ
パリー食堂

外観から溢れ出る素敵ポイント②
右から左に読むのれんとアサヒビールの看板。

立派な有形文化財です!
パリー食堂パリー食堂

食品サンプルも昭和の食堂感が万歳で良い!
ちなみに有形文化財とは築50年以上で、歴史的景観や造形に優れ、再現が容易ではない物のことで、都市開発により消滅が危ぶまれる建造物を、後世に継承していくために作られたものだそう。

昭和の食堂感溢れる店内
パリー食堂

やってるのかやってないのか、ちょっと不安になるような扉をガラガラと開けて入店。
店内は昔ながらのアットホームな食堂っぽさに溢れています。

ネコがお出迎え
パリー食堂

開店時間とほぼ同時に入ったので一番乗り〜!と思いましたが、ストーブで温まっている先客が。

僕が食事を済ませてお店を出るまでの間、一切動きませんでした(笑)

メニューはこんな感じ
パリー食堂

メニューのラインナップも昭和の食堂って感じがしてワクワクします。

オムライス、ソースかつ丼あたりが人気メニューだそうですが、今回ははオムライス(800円)で!

注文してから待っている間、サクサク野菜を切る音やライスを炒める音が聞こえてきます。
待ちきれない〜!

じゃじゃーん!
パリー食堂

これがパリー食堂のオムライス!
サラダもフルーツも、全部一緒に乗っています。

当時はこういうスタイルで出すお店が多かったらしいですが、初めて見ました!
そしてスプーンは水の入ったコップに入って出てきます。
これはオムライスの後にフルーツを食べるとき、味が混ざらないようにという配慮ですね!

いただきます!
パリー食堂

しっかりとした焼き具合の卵、絶妙な量のケチャップ、大きめで荒めの玉ねぎ、味が染み渡るチキンライス…
お、美味しい!
これが昭和のオムライスってやつでしょうか。

サラダ、フルーツも美味しく、お腹いっぱいになりました。

パリー食堂
場所:埼玉県秩父市番場町19-8
アクセス:秩父線御花畑駅から徒歩約3分。西武秩父駅から徒歩約6分。秩父線秩父駅徒歩約6分。 御花畑駅から203m
営業時間:ランチ営業、日曜営業
これまたレトロな建造物
小池煙草店

パリー食堂のすぐ近くには、こんな場所も。
映画でしか見たことないようなタバコ屋さん。

こちらも有形文化財
小池煙草店小池煙草店

パリー食堂と違って現役ではないですが、こちらも有形文化財に登録されています。
こんな雰囲気のスポットがわんさか目に飛び込んでくるなんて、秩父最高かよ!

さて、商店街をあとに、あの有名な公園へ移動します。

小池煙草店
場所:埼玉県秩父市番場町17−10
アクセス:御花畑駅[西口]から徒歩約3分
芝桜で有名な公園、実は桜もすごいんだぜ!
羊山公園

一面に咲く芝桜が有名で、GWあたりは多くの人で賑わう羊山公園。
実は、普通の桜もすごいんです!

絶好のピクニックスポット
羊山公園羊山公園羊山公園

桜があるエリアは芝生の広場になっているので、ピクニックやお花見に最適。
さらには遊具もあるので、子連れでも安心です!

4月上旬、芝桜はまだ咲き始め…
羊山公園羊山公園羊山公園

芝桜のあるエリアにも行ってみましたが、このときはまだ咲き始め(4月上旬)
ちょうど今くらいが見頃なんじゃないでしょうか?

羊山公園
場所:埼玉県秩父市野坂町
アクセス:西武秩父駅[出口]から徒歩約11分
駅前にしてはクオリティ高すぎない?
西武秩父駅前温泉 祭の湯

西武秩父駅にやってきました。
なんと、西武秩父駅、駅前に温泉があります!
露天風呂や岩盤浴もあり、駅前にある温泉にしてはクオリティが高すぎです。

先程の商店街からも徒歩圏内なので、車、電車問わずアクセスしやすいです。

温泉以外も充実
西武秩父駅前温泉 祭の湯

しかも、ここの魅力は温泉だけじゃないんです!
お祭りをコンセプトにした複合施設になっていて、温泉以外にもお土産屋さん、フードコートがあります。
めちゃくちゃ綺麗だし、本当に駅前にあるクオリティじゃない!

女子力高そうな物販エリアも
西武秩父駅前温泉 祭の湯

秩父美人という、女子力が高そうな物販エリアもありました。
彼女へのお土産は、ここで買えば間違いなさそうです。

西武秩父駅前温泉 祭の湯
場所:埼玉県秩父市野坂町1-16-15
アクセス:西武秩父線 「西武秩父」駅前 秩父鉄道「御花畑駅」徒歩5分
宿もレトロな建物で
秩父七湯「御代の湯」 新木鉱泉旅館

今回は1泊2日旅行ということで、泊まるお宿はこちら!

江戸時代から続くお宿で、(写真撮り忘れましたが)内装がものすごくレトロでこれまた素敵。
ホスピタリティも素晴らしい!

シンプルで温かみのある和室
秩父七湯「御代の湯」 新木鉱泉旅館

お部屋はシンプルですが温かみがあります。
部屋のど真ん中にこたつがあるので、ついついこもっちゃいます。

また温泉ですが、とにかく泉質が良い!
男の僕でも違いがわかるくらい、入ったあと肌がすべすべに!

豪華な朝食!
秩父七湯「御代の湯」 新木鉱泉旅館

こちらは朝食。
どれも素材の味が活きた味付けで、朝から大満足!
また泊まりたいと思えるようなお宿でした。

(今回は朝食のみのプラン。夕食付きのプランにすれば良かったー!)

秩父七湯「御代の湯」 新木鉱泉旅館は下の赤いボタンから予約できます。
秩父七湯「御代の湯」 新木鉱泉旅館
場所:埼玉県秩父市山田1538
アクセス:大野原駅から1,726m
営業時間:チェックイン15:00 チェックアウト翌10:00
〇〇が人気のお寺
清雲寺

宿を出て、清雲寺というお寺へ。
こちらは秩父三十四箇所の札所…ではないんですが、とあることが理由で人気観光スポットとなっています。

その理由とは…

約40本のシダレザクラ!
清雲寺

ここはシダレザクラが有名なんです!
役40本あり、秩父屈指の桜スポットなんだとか。

樹齢600年になる木も
清雲寺清雲寺清雲寺

天然記念物に指定されている樹齢600年の木もあります。
夜はライトアップが行われているそう。
泊まりで行く場合は、昼と夜で2回行くのもアリですね!

清雲寺
場所:埼玉県秩父市荒川上田野690
アクセス:武州中川駅[出口]から徒歩約15分
道の駅へ寄ってから帰ろう
道の駅 ちちぶ道の駅 ちちぶ

帰る前に、道の駅に立ち寄りましょう。
この道の駅ちちぶは、秩父の中心地にあり、アクセスしやすい道の駅です。
秩父の名物土産がたくさんあります。

道の駅 ちちぶ

外にある露店「ごじゅうはん本舗」で、団子をチョコでコーティングしたチョコマントなるものを購入!
甘くて弾力があって、めちゃくちゃ美味しかった!

この先もずっとあり続けてほしい
パリー食堂

今回の旅はこれにて終了。
いかがだったでしょうか?
パリー食堂をはじめ、古き良きお店は、この先もずっとあり続けてほしいな、と思います。

レトロ・エモ・センチメンタル・郷愁なんて言葉にビビっときちゃうサブカル野郎のあなた、次時間ができたらぜひ秩父へ行ってみてください!

パリー食堂
場所:埼玉県秩父市番場町19-8
アクセス:秩父線御花畑駅から徒歩約3分。西武秩父駅から徒歩約6分。秩父線秩父駅徒歩約6分。 御花畑駅から203m
営業時間:ランチ営業、日曜営業
近藤 ライト / 編集長など
千葉県松戸市出身&在住。下町が好きな「シタマチスト」であり、過酷な地方旅が好きな「旅サイコパス」でもある。
秩父×旅行・観光のプラン
※ 記事の情報は取材時点でのものとなりますので、変わっている可能性があります。