本当に行った 遊びのガイド

チンチン電車に乗って、荒川遊園&銭湯を楽しむ【都電荒川線、ふく扇、エベレスト&富士、梅の湯】

東京唯一の路面電車に乗って荒川遊園に行くプランです。子どもと一緒に行っても、デートで行ってもOKです。都営荒川線は、東京都を走る唯一の路面電車。新宿区の早稲田駅と荒川区の三ノ輪駅の間12.2kmを約53分でつなぎます。荒川遊園は、有料のアミューズメント施設でありながらも、比較的お金をかけずに遊べます。夏場はプールで水遊びもできます。しめは、大衆的な銭湯で汗を流して家路につきましょう。

さん
更新日:
閲覧数
11403
お気に入り
3

荒川遊園地前駅

荒川遊園地前駅
東京都荒川区

都営荒川線の早稲田駅から乗車します。約30分の路面電車(通称チンチン電車)の旅を楽しみ、荒川遊園地前駅で下車します。

ふく扇

ふく扇ふく扇
東京都荒川区西尾久6-29-7

遊園地に行く前に、「ふく扇 (ふくせん)」でちょっと腹ごしらえして行きます。

ここのおすすめは、たこせん(1枚100円)。たこ焼き2つ、マヨネーズ、かつおぶしを、このようにエビせんでサンドして食べます。なんとも斬新な食べ物。

出典:http://www.city.arakawa.tokyo.jp/unet/issue/saihakken/0404/nisiogu01.html

あらかわ遊園

あらかわ遊園
東京都荒川区西尾久6-35-11あらかわ遊園

荒川遊園のチケット売り場まで、徒歩3分くらい。入園料は大人200円、子供100円。乗り物券16枚と入園料のセット券は1300円(500円分お得)。ちなみに、レンガ工場跡地に建てられたので、周囲の壁には昔ながらのレンガが残るところも。

観覧車

高さ32mの『観覧車』からは、晴れていれば富士山も望める。乗り物のチケットは基本、大人2枚、子ども1枚。乗り物によっては、風や雨で運休になることもあるとか。

ファミリーコースター

いも虫型の日本で一番遅いジェットコースター『ファミリーコースター』。時速13km。叫び声が園内にひびきます。お弁当が食べられる『しばふ広場』や、釣りができる『魚つり広場』もあります。 

どうぶつ広場

『どうぶつ広場』には、羊やウサギ、ハムスターなどがいます。ふれあいは無料。えさはチケット1枚、ポニーに乗るのは1枚。お腹が空いてきたら遊びを切り上げましょう。 

エベレスト & 富士

エベレスト & 富士エベレスト & 富士
東京都大田区矢口1-7-13 メゾン遜ビル 101

荒川遊園地前駅へもどる途中に、何やら不思議な店『エベレスト&富士』を発見。

トフカレー680円という謎のメニューを注文。その正体は、キーマカレーの下に豆腐がしかれたもの。マー坊豆腐のような新食感のカレーでした。キッズセット490円もあります。

コミュニティ銭湯 梅の湯

銭湯で汗を流して行きましょう。若い店主が切り盛りする創業60年を超える銭湯。料金400円、営業時間15:30~25:00。

脱衣所の天井画がとても楽しい。万国旗やカルタなんかが描かれます。

のんびりお風呂につかりましょう。毎月季節湯をやっています。サウナもあります。

すぐ隣の梅京という焼き鳥屋さんは系列店。1000円で入浴&ビール1杯&焼き鳥2本のおとくなチケットも。出典:http://www.yutaro.org/osearch/umenoyu/

荒川遊園地前駅

荒川遊園地前駅
東京都荒川区

1日遊んで、荒川遊園前にもどってきました。

チンチン電車に乗って、家路につきます。

このプランのマップ

3